t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜の残念な「市民説明」 Ⅳ (避難所)

● 市が率先して『指定避難所』の削減強行は、市民の「安全安心と生命」を軽視の証!

施政のあり方を喪失された「ハコモノ-縮充」強行は失策の可能性が高いのでは…

・「高浜-縮充計画」は「市民の生命」より「市-財政」を優先の施策であり誤謬です

 

●「南海トラフ地震」の可能性は下記の様に想定されています

 [検索] :  南海トラフで発生する地震 | 地震本部

             ⇒ 詳しい内容を知りたい方は南海トラフの地震活動の長期評価(第二版)をご覧下さい。 

○将来の地震発生の可能性 
 地震の規模  : M8~M9クラス
 地震発生確率: 30年以内に、70%~80% 

● また、下記の情報 -「次の地震予測」も記載されていました。

リスク管理上-「最悪」の事態に備えることが重要課題であり施政の責務では…!?

f:id:t2521:20200315093941p:plain f:id:t2521:20200315094015p:plain

  

● 「前回地震-昭和地震-1946年」であれば「次は-2034年」で、あと「10年程度」?

「高浜-避難所」を含め「防災体制を今こそ増強すべき!」- 緊急的な対策を要します!!

 

 これに逆行の「高浜-ハコモノ『縮充』強行」は誤謬…!!

  結局、市民が犠牲の施政強行は「結果責任」も取られない無責任な施政では… 

 

---「縮充」の避難所  ---☆---

●「指定避難所」は全17カ所。現在「収容数-3,176人(3㎡/人)」-「被害予測」では不足!

「縮充計画」では「集会施設」-「会館」や「公民館」は削減狭小化が計画されてます

 f:id:t2521:20200315002353p:plain  f:id:t2521:20200315005338p:plain

 

補充として「ボートピア」を追加と言われても「湯山町」から「二池町」まで約3km

例-「要介護」の市民を被災の混乱のなか「徒歩-3km」は過酷な避難行動では…

 

---「最近の縮充効果-影響」---☆---

市は「財政効果」は「面積削減」と、下記-集会施設面積を削減し学校に集約の計画

施設名

所在地

床面積

建築年度

避難収容数

中央公民館

湯山町6

4,091

S55 (’80)-解体

130

勤労青少年ホーム

論地町5

694

S49 (‘74)-解体

60

大山公民館

春日町2

621

S60 (‘85)-閉館

95

吉浜公民館

屋敷町5

1,147

S44 (‘69)

80

高取公民館

向山町1

771

H 7 (‘95)

75

南部公民館

碧海町3

478

S56 (‘81)

65

合計

 

7,802㎡

 

505人

縮充後

 

2,394 (31)

 

220 (▲285人)

    (*上表「建設年度」からも「整合性無き」解体強行を確認出来ると思います ) 

 

●「縮充効果」- 面積は「約7割削減」:「避難所-収容数」は「▲285人」を避難難民に!

これを今後「港小・高取小・吉浜小」へと展開拡大は「避難難民」を増加の施策

・市は「計画-強行」でしょうか - 「市民の安全・生命」無視の施政に納得出来ません

 

これが「大家族」宣言の施政とは 落胆と失望だけです

 

● 現公民館の面積計-「2,396㎡」-「220人」に削減で 安全安心をどのように確保か…?

「縮充-面積-狭小化」は、市民が犠牲の「ハコモノ-防災計画」を強行は誤謬です

・ 余りにも市民無視の不透明な施政を無責任な強行では、先行き不安でなりません。

・「縮充」は「災害対策」に逆行で「避難難民」を増加することだけは確実です。 

 

 「縮充」は過ちのハコモノ建設であることは明白です

 

--- 「ぶろぐ」-あとがき ---☆--- 

●「大山公民館」は、今月一杯で「閉館」を決行されるようです。

「未曽有の大地震」を目前にして「避難所-閉館」は「市民の犠牲を黙認」です

 

●「避難所-収容数」が不足にもかかわらず、次の疑問は「二池会館」の存在です。

・「二池会館」は「二池町の町内会」の活動拠点で「南中」の南側に設置されています

同会館は市内最大の町内会館ですが「避難所-リスト」に掲載無し - 非登録の避難所?

 

・「避難所」に登録の集会施設 (町内会館) -「東海会館・稗田会館・論地町集会場」だけ

「二池会館」は「二階建て」- 北側には「外渕公園」が隣接し理想的な避難場所…

・「避難所-非登録」は「町内会-会員」しか利用できないのか? - 私物化同然の施設です

 

 *実態を撮影してきました。画面をクリックすると大きくなります 

f:id:t2521:20200315105859j:plain ⇒「二池町緊急災害避難所」と看板表記

f:id:t2521:20200315110145j:plain f:id:t2521:20200315105349j:plain

市内最大規模の町内会館は「駐車場」もあり、隣接の公園には「トイレ」も充実…

f:id:t2521:20200315105522j:plain  f:id:t2521:20200315105820j:plain

●「会館」の裏側には「防災倉庫」も二棟。「市内循環バスの停留所」までも設置。

・このような「町内会館」があれば、加入率も向上と思われますが市内にただ一つ…

なぜ非登録? -「町内会-限定」施設でしょうか? - 私物化を証の象徴かと思われます

 

・「町内会-加入率」が漸減傾向にもかかわらず、過半数の町内会は会館すら無い…

「縮充」と言われ、所属する「町内会」は拡充の矛盾施策は "まち"を私物化…

    (*ブログ読者の方はご存知かと思います。二池町は「〇〇」がお住いの町内です… )

 

  高浜の公共施設-管理計画は歪んでます  矛盾の連続です

  矛盾の施設管理計画は「私物化」と「市民が犠牲」の産物となっています

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸