t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜の残念な「市民説明」Ⅵ (避難所)

● 市が率先して『指定避難所』を解体削減-強行は「市民-生命も軽視の証」です…

未だに、4月以降「大山会館」は「避難所」- 利用可否につき市民説明はありません!

 (*「普通財産」に転換し「行政使途」であろう「避難所」に使用可能でしょうか? )

「早期-説明公表」戴き、市民に「安心安全」を宣言戴きたいものです。

 

● しかし「中公」も「青少年ホーム」も民間企業に進呈で戻りません… 失政の証 !!

   これは「高浜-百年」の防災体制の欠落では … ?!

「分院-20年-60億円」「水泳指導委託-5校-30年-約5億円」を血税で奉仕のようです

・市民には「介護保険」は高額、「国保税」-値上げは、どちらを向いた施政でしょう…

 

● 今回は「小学校-体育館」も「指定避難所」に指定されています。これを検証します

・「大規模災害」発生の場合、「第一次-緊急避難所-お近くの避難所」へ避難待機し、

  被災状況等を確認-近隣住民の安否確認や初期消火、救護活動を実施。

「第二次-指定避難所」- 自宅被災により生活困難や危険性が高い場合、避難します

⇒「指定避難所」は「公民館」や「学校施設-体育館」が指定されています

 

● 「高浜」では、この「指定避難所」の収容数が余りにも過少と懸念しています  

避難所

人口

指定避難所

収容率

碧南

 73,232人

 10,891人

 15%

高浜

 49,167人 (67)

   3,176人 (29)

   7%

 

●「碧南」と比べれば「避難-収容数」は「倍増」が適正なのかもしれません。しかし… 

⇒「指定避難所」の「中公-130人(湯山町)、青少年ホーム-60人(論地町)」は戻りません!

・「大山会館-避難収容-95名」の指定避難所も放棄のようです- 市民の命より金大事…?

 

● この「指定避難所」-「学校-体育館」の「収容数」につき検討してみました。

・「指定避難所」は、長期の避難生活のため、意外に様々な機能が要求されます (下記)

・この資料は「高浜-避難所運営マニュアル」から引用したものです

 

f:id:t2521:20200318100728p:plain

 

●「避難生活」の場所は「体育館-屋内運動場」となります。この避難収容数を再確認…

 (*「避難面積」は一人当り「3㎡/人」として換算 )

小学校

施設-巾

同-奥行

面積 

収容-計算人数

収容-発表人数

高浜(新)

25 (m)

36 (m)

900 (㎡)

300 (人)

(現-410) (人)

高取

22.4

25.3

567

189

180

吉浜

24.5

32

784

261

300

24

28.5

684

228

220

25

32.8

820

273

255

 

1●「現-高小-体育館」は市内最大規模の「指定避難所」だったようです - これも解体? 

本当に「縮充」は必要な「建設仕様」なのでしょうか? -「高小-PFI-倍額50億円??

・建設費は「倍額」-「体育館-面積」は「面積削減が財政効果」と「縮小-狭小化」

結果-指定避難所」の収容数も削減強行は「市民の命より財政効果を優先重視…!?」

  (* 縮充-避難数の削減 -「中公-130+青少年-60+大山-95+高小-110」=「▲395人!」) 

    市民の安心安全に逆行は誤謬です!!

 

2●「吉浜」だけ、計算数より発表数が多いのは「すし詰め!」- 不健康な避難所です 

「収容数」は単純計算したものであり、実際には最低「通路」が必要です。

・例-「吉浜」- 最小限の通路でも「2m×75m」と「150㎡」となり「収容数-210人

「吉浜」-「避難者-90名分」も水増し発表は現場で混乱の可能性があります…

  (*「吉浜」は「避難所」も「教室」も「すし詰め」は「施政」の犠牲です ) 

 

・これは「他校」も共通する問題であり、市民の生命に関する大問題です

「避難収容数」は公表数より「2割-削減」が適正な目安と思われます 

    「生命を護る防災」を市民が混乱する情報公表を施政が強行は不適切です

 

  結果-「指定避難所-収容数」-「約2,500人-5%」が真実の実態のようです…誤謬…

 

3●「要介護者」の避難問題は、更に深刻かと思います。

・市内の「要介護者」は「約1,500人程度」と避難所-収容数の約半数に相当です

「介護保健料」-県下トップ層の高額-「福祉のまち」の避難所計画は不適切では…?

・「ライフライン」も停止の場合、老若男女の弱者を収容出来るでしょうか?

 

  避難計画は市民の安全安心を確保のため「丁寧に精度を上げるべき」です!!

 

---「不平等な学校施設 - 体育館」---☆---

避難所を検討して「気付き」は「体育館」の不平等-不公平な"施設づくり"です

・本来「公共施設」は平等公平で標準化すべきを「バラバラ」の方針無き建設強行!!

 ⇒ この大きな格差 - 差別を強行の「高浜-教育方針」の実態は不適切では…?

まったく「僅少な納税さえ意欲喪失」 - "施政のあり方"を正して戴きたいものです

 

小学校

児童数

体育館 

児童一人当り

ステージ-面積

高浜 (新)

645 (人)

900 (㎡)

1.4 (㎡/人)

250 (㎡)

高取

534

567

1.1

119

吉浜

779

784

1.0

156

440

684

1.6

120

730

820

1.1

180

 

この不公平な施設の直接の犠牲者は「後世の市民」です

施政は「ハコモノ-借金」も「後世」に押し付けです!

  この避難所-解体も強行の「市民無視」の施政は疑問です

  これで「大家族」宣言とは、不信と失望しかありません

 

「大災害」は「十二分な備え」の"まちづくり"が急務です「避難所-早期解体」の逆行は凶行では…?!

  少なくとも 「最適解」でないことは明らかです

  施政に求められる「あり方」は「無謬」ですから… 

 

  結果 -「市民」を大災害の生贄とする施政は誤謬です 

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました。日頃の防災のご準備を… ) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸