t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜の残念な「市民説明」Ⅶ (避難所)

憲法でも、国民は「自由・平等」な権利を与えられているはずです。にもかかわらず

「高浜」では、これが歪められているかの危惧を多分に覚えます。

「避難所」設定も、この一例で「特定の町内だけが優遇の実態」は私物化の証では…

 

● この不平等な『避難所』設定を市が率先して解体は「市民を犠牲」と「私物化」の証!

・その「避難所」の実態を先回に引続き確認したいと思います

 

---「避難所」の格差  ---☆---

●  避難所は「一次避難-緊急避難所」と「二次避難-指定避難所」が設定されています

・「市民の生命」にも影響するものであり、確実・平等な設定運用が要求されます

実態は、余りにも大きな「格差の設定」は「市民を差別」の証であり不平等です

・「緊急避難所」は「一人当り面積-2㎡/人」にて「単純計算」」の結果であり、この

  収容率は「約120%」程度が最低限度を維持できる現実的な収容率です…

・ なぜなら「体育館を通路無し」の収容では、運用面・健康面からも不適切は明白…!

 

---「高浜-避難所」の収容率 ---☆---

収容率の「バラツキ」が、不適切な証と思われます

学区 人口 (人) 緊急-避難 収容率 指定-避難 収容率  指定避難所-無-の町
高浜 10,422 15,652 150 (%) 525 (人)  5.0 (%) 沢渡
高取 8,191 13,012 159 710  8.7  
吉浜 13,011 14,008 108 380  2.9 八幡(新田)・小池・呉竹・芳川
7,223 15,095 209 838 11.6  
10,288 18,981 184 723  7.0 豊田
合計 49,135 76,748 156 3,176  6.5  

 

● 最も「劣悪-学区」は「吉浜」-「収容率-108%」では「市民-1,600人」の避難を阻害!

「吉浜-5町-13千人」と最多なのに「指定避難所-屋敷町だけ」の不公平…「2.9%

 

● 最も「優遇-学区」は「港」-「収容率-209%」は避難スペースも「2倍!」は憲法違反?

・「指定避難所-838人-12%」も、市内最高の収容規模 - 更に「別枠」に「会館-有り」

・次に、学区内 - 全町に「指定避難所」が設置され充実の避難体制となっています。

 

  これで「高浜-大家族」宣言は 余りにも自己本位では…?

 施政のあり方」を喪失が歴然では落胆と失望です

 

● 次は「指定避難所」の「収容率-上位の町」を確認したいと思います

・「高浜」では、この「指定避難所」の収容数が余りにも過少と懸念しています  

  -「隣街-碧南」と同等とすべく「避難-収容数」は「倍増」が適正適切と思われます

⇒「指定避難所」-「収容数-3,176人-6%」⇒「6,500人程度-13%」- (*「碧南-15%」-

   *「要介護者-1,500人-3%」も確実に避難戴くための収容数の確保が必要です )

 

---「指定避難所」の町別収容率 ---☆--- 

・「指定避難所」の収容率-「上位-5町」を確認します

町-学区 人口 (人) 指定避難所 収容率 主な指定避難所
本郷町-高取 1,353 535 (人) 39.5% 高校と小学校-体育館
碧海町-港 1,212 285 23.5% 小学校-体育館
屋敷町-吉浜 2,058 380 18.5% 小学校-体育館
二池町-港 2,598 478 18.4% 中学校-体育館
青木町-高浜 3,008 410 13.6% 小学校-体育館

 

●「港学区-二池町」は「478人-収容率-18%超」- 実は、先回ブログに記載の通り、表札

 「緊急避難所」と記載されてますが「市最大の町内会館」や、これに隣接の「公

 園」も、何故か市-避難所リスト」には非登録 … 他学区の町内会館は登録の矛盾 …

つまり「二池町」独占専用の「避難施設」のようです … 明らかな「私物化」の施設

 『我が「町内」だけ避難施設を独占充実』は、その裏は「市民の犠牲」と「涙」です…   

f:id:t2521:20200315105859j:plain f:id:t2521:20200315110145j:plain 

  

この不公平な防災計画の犠牲者は「弱者の市民」です

  避難所-連続解体を強行は「市民の生命」と引き換えです

「市民の生命」より「財政効果」優先の施政は誤謬です

 結果 - 施政の誤謬は「市民の生命」が犠牲です

 これで「大家族」宣言とは、不信と失望しかありません

 

  実は「避難所」然り、「公共施設」然り、不適切な私物化の痕跡が散見されます

「施政」は歪んでいます … 市民の不公平と犠牲をものともせず … 

 

「避難所一覧表」も、このような実態が把握困難となるよう「学区別」にまとめられず

「収容数」も記載されないケースもあり「合計」も示されず … 裏切りのランダム羅列…

「生命を護る-避難所」- 「一目瞭然」があり方です

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸