t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「市民の声」を施政に!

● 「大家族」宣言までされた施政であれば「市民が声を発する」前に、その思いを汲取 

 られて施政に反映かと思われますが、実態は「市民の存在は無視」かのような…

つくづく「大家族」宣言は「市民の声-無視」を隠蔽するための言葉としか受け取れ

 ないのは残念しかありません。

「市民の声」を聴かないため 「裁判訴訟」も多発となっている実態が残念な証です

・「町内会館」然り、「公共施設」然り、「情報公開」然り、「防災」然り・・・

 

そうそう「二池町-外渕公園」をご存知でしょうか?  写真添付させて頂きます

・港学区だけ避難収容数は「町民人口の二倍以上」もあり「この広い公園もわざわ

『避難所』に指定もせず、町民独占で利用すれば良い…とのご判断をされたのでは…?

・隣の「二池会館」とセットで町内会-独占の避難所を構築は「典型的な私物化」です

 

f:id:t2521:20200322085406j:plain

 

●「外渕公園」-面積-2,300㎡。避難収容は「約千人弱」を救える広さです

・市内-同規模の他町内の公園は「避難場所」に指定され供用化されています

・この公園に近い「どんぐり公園-論地-1,400㎡-387人」「小中根公園-呉竹-2,400㎡

  -959人」「山田公園-小池-2,400㎡-966人」は「市民の避難所」と公表されてます

 

 避難所の収容数に限度は必要無いと思うのですが…

「避難所」は市民を救う場所として供用化が適切では…  

 

--- 「市民の声」 ---☆---

● 20.3.21-中日新聞-三河版-「碧南スケボーパーク-港南緑地にオープン」 の報道記事。

 

・以前も掲載しましたが、かつて「芳川-緑地公園」の意見交換会が開催され、圧倒的

 な多数意見-約9割を寄せられたのが「スケボーで遊べる場所の設置」だったのです。

結果 - 現在「歩道だけ」の施設形態では、恒例通りの「市民の声-却下」のようです

 

● 施政として「碧南」は市民の想いを汲取られ「スケボー場」を設置されたと推測…

・「面積-2,000㎡-費用-6,500万円」更に、驚きは「24時間-無料開放」とは恐れ入りま

  した - 「市民の声」を反映され、次代のための 西三河で初の施設だそうです

「高浜-施政」は「隣街の施設を大いに利用せよ! 」- これが『定住自立圏構想』と、

  隣街の施設設置を「チャンス!」と待たれていたのでしょうか…?

   (*「衣浦定住圏」は「碧南」や「安城」は含まれず、これも越境して「利用せよ!?」)

 

・「隣街」の施設-建設待ちであれば、施政も「隣街」に移管したほうが効率的では…?

     という不謹慎ですが「残念」な想いが、ふつふつと湧いてきます・・・

 

・「施政」は「大家族」宣言や「ちょうどいいまち-ちょっといいまち」宣言の実現に

  邁進戴きたいものです。言行一致の施政に期待が「市民の声」なのです・・・

 

---「誰の声? ---☆---

・「民間分院」には「高浜-サイフ」の実態は、またまた「残念な施政」の一つです。

⇒「血税」をいとも簡単に巨額補助を決定は「不適切」な施政の証で「裏切り」では…?

 

H28年3月 -「議会-全員協議会」にて「民間分院」の建替補助につき審議されました

真にサイフの骨頂で「補助…『お願いされている』」と、議会通過は驚きと落胆です

・「大家族」には「冷酷冷淡」でも「民間分院」に超厚遇は施政のあり方を逸脱かと…?

  「大家族」でなく誰のための施政なのでしょう…? 

 

---「審議」の実態 ---☆--- (*その審議資料の一部を抜粋)

●「土地も無償、税金も無償」を「お願いされている」の一言で通過は「サイフ」です

-------------------------------

f:id:t2521:20200322112338p:plain

「お願い」の一言で減免なら市民生活は快適で、ありがたい施政ですが…分院だけ…

-------------------------------

●「運営補助-3億円」の経緯 - いとも簡単に「3千万円-10年」を通過は思考停止の議会?

血税」の有効活用、適正利用を本気で審議されているのでしょうか? …疑問の議会?

 

f:id:t2521:20200322112353p:plain

「民間分院」が「お願い」すれば議会通過の摩訶不思議は、ありえない誤謬では…?

この「お願い」だけで、市民の「中央公民館」も早期解体は「破壊のまちづくり!

 

「民間分院」に媚びへつらうが如き施政は歪んでます

  結果 -「市民の中央公民館」を早期解体 - 強行です

  これは「市民生活や次代の人生が犠牲」となっています

   このような実態からも施政が誤謬であることは明白です

  市民は "括目" することを求められています

 

--- 「ぶろぐ」- あとがき ---☆---

●「高浜」における「民間分院」の位置付けの不可解さに疑問を感じています

今だに理解不能は「冷酷な施政」を動かす「お願いの仕方」は如何なる方法なのか ?

・経営移譲以来「60億円」もの巨額補助に、如何なる「費用対効果」を得られたのか…

 (*分院補助により基金喪失-「庁舎-リース」- 庁舎より市民生活に価値がある病院…?)

 

・新分院の「病床は140床」だそうです。しかし、市民希望でも入院出来ない医療運営

 (*「要求 - 一般病床」を提示も「分院-将来的な目標」と回答は実現不可能な証です

   -「高浜-サイフ」は巨額の運営補助だけで「病床-1床」すら設置拒絶の病院では…? )

旧分院は「病床-104床」のうち、半数は市外の患者様。高浜は「福祉と奉仕の街」?

 

 これでは「市民が犠牲だけの "まちづくり"」-真に生贄-

「市民の声」による市民のための施政が市民の願いです

  同時に「施政の無謬」を正確にご説明を願うものです

   ダンマリの施政強行は裏切り同然です

 

  (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸