t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「まちづくり」の進め方

● 今年は「コロナ-禍」で始まった年ですが、高浜にとって記念すべき「市制50周年」でもあります。

・「施政」は、これに間に合わせるべく「狭小-リース庁舎-30億円」や「高小-PFI-50億円」そして

 「分院建設-運営補助-60億円」を施政成果として喧伝されるかもしれません…

⇒ しかし費用は、なんと「140億円」強行投入!! - 借金は「後世の市民が負担するから大丈夫」とか…

 

●「市制50年」前に「市民ホール - 中央公民館-築36年」は解体。次に「青少年ホーム-築42年」も解体

・「青少年ホーム」の解体に伴う土砂処理問題が発生-当初の市の見積額より倍額「2億超」で特命発注!

 

・今年は「大山公民館-築33年」を閉館強行。今後は「図書館」は移転 (予定) 、世界に一つ「かわら美

 術館-90億円-築25年」は民間譲渡 、「武道館-築35年」は解体と続く計画です…真に破壊のまちづくり!

「大山公民館」も、市は「町内会に管理移管」を強要 -「町内会」は拒否 - これを未確認のまま「廃止

  条例」を先行議決 … 「閉館」措置強行は、市民無視の誤謬です- 同会館は「市民の命を護る避難所」

 

・更に、今後の公共施設は「学校-施設」と「借金返済」しかない「まちづくり」を強行で「市民生活」

 は、果たして 「豊か」で「適」な "まち" となるのでしょうか…? 

「高浜」に無い施設は「隣街」の施設を大いに使おう」が施政方針のようです- 定住自立圏の考えとか?

 

● 「碧海五市」で「唯一-ホール」が無い街、「庁舎」は要件に応じて「本庁」か「いきいき広場」か、

    前確認を要する街、「学校に併設の公民館」は「ダンス・軽運動・カラオケ」は禁止で「会議」しか

 使えない街、更に「分院」は病床があっても「高齢者 (半分は市外の方)」しか入院出来ない街づくり …

「市民一人当りの公共施設面積」は「国内-最下位 - 2㎡/人」を目指されているようです  (現在-2.5㎡/) 

・「分院-60億円補助」- 高浜の"まちづくり"に甚大なる影響を受けていると思われ残念しかありません 

  

   これが「大家族」のための "まちづくり" とは失望の極みです

 

---「まちづくり」のあり方 ---☆---

●「まちづくり」に際し、その進め方-手順は、何事も共通するのは「ビジョンや構想づくり」に始まり、

 次に「長期計画」、「中期」「短期」と進められるのが定石と思われます。

 

・「高浜」の公共施設計画で気付きは、最初の「ビジョン」や構想に基づく「長期計画」が無いのでは…

  (*「公共施設推進プラン」も、現状施設を「今後-30年余」- 維持管理だけの計画ではないでしょうか )

「市制50周年」を迎え「過去」を追想で「未来-半世紀」や「百年の大計」の構想づくりが欠落では…

 

  「市制50年」- 一過性のお祭り騒ぎで終わりたくないものです 

 

--- 「未来のたかはま」づくり ---☆---

● しかし、一時、感心、安心したのは「未来のたかはま」-「シティーズ・スカイライン」計画でした。

・「コロナ-戦争」で延期となったようですが、「まちづくり」の視覚化として極めて有効と思われます

残念なのは、この「シミュレーション事業」を、公共施設計画を立案前に実施されなかったこと…

 

・この結果を「叩き台」として「市民の意見要望」を募り「構想-反映」が無謬の計画立案のあり方では

ビジョン構築前に「中央公民館-解体」「庁舎-リース」「高小-倍額建設」は施政の誤謬と思われます

 

  「進め方」を逆行に、如何なる意義・効果が得られるのでしょう

 

・「分院」優先で「中公-解体」- その代替施設「高小-体育館」は竣工-4年後は市民が犠牲の施設計画

その4年間もの長期に渡り、子らに「市外の施設を利用せよ」とは何たる傲慢な施政なのでしょう…

 

「施設計画」の進め方-手順を逆行で建設強行は "破壊のまちづくり" 

 

f:id:t2521:20200426092138j:plain

 

---「未来のたかはま」- 遷都 (移転) ---☆---

 高浜市民であれば、多くの方が、同じ思いであろうと推測されます -「庁舎」の移転です

・個人的には「そう-20年」以上も前から、役所を見上げるたびに思っていたことです

市も「縮充-構想」を打ち上げられたなら「中央公民館」と「庁舎」の合体複合化 - これが市民の夢… 

・これを「中央公民館」 は解体、施設計画の進め方も逆行は「大家族」も無視 … 独裁と揶揄の所以です

 

●「公共施設」の位置、特に庁舎は「大正8年(1919年)」- 高浜町-役場の位置と推測 - ちょうど百年経過…

百年も経過すれば "まち" も変容しています - つまり百年に一度の「庁舎移転」に絶好の機会を逸失…!  

・夢は「公民館」+「庁舎」+「図書館」の複合化-縮充だったのですが … 実際は分離分散の矛盾の庁舎

 

--- 「新生-たかはま」の中心 ---☆---

●「庁舎」は、市域の中心に位置するのが道理であり、平等公平な施政のあり方の大原則では・・・

「高浜」の中心を求めるべく「人口-重心」を調べてみました

  [検索] :  統計局ホームページ/統計トピックスNo.61/我が国の人口重心

 

●「高浜-人口重心」⇒「高浜市湯山町」- 中央公民館は "まち" の重心で一等地 - これを分院に貸与は過ち

・下記-地図の「印」- ちょうど「高浜中学校」の南西位置が人口重心と試算です  (*H22年時-更に南東移行) 

・せめて「旧分院-施設や用地」は市勢発展のため、有益な利活用を図って戴きたいものです…

 

f:id:t2521:20200426092443p:plain

 

・「解説-原文」- 人口重心とは,人口の1人1人が同じ重さを持つと仮定して,その地域内の人口が,全体として平衡を保つことのできる点をいいます。

・公共施設の適切な配置などの行政施策や,民間事業者による合理的な出店計画などに活用されてます

 

● 現在、推進中の「施設建設」は、長期的な「まちづくり」ビジョン無きまま強行は百年の損失かも…

・施政は「無謬」が求められるお役目を放棄かと思われ「情報開示」や「説明責任」も消極的は残念

・更に「財政削減」と言われながら、実態は業者さん優遇の「入札-1社」-「高い落札率」は不適切!!

・例えば「市庁舎」の説明でも「旧庁舎-改修「33億円」を「37億円」と水増し説明は詐欺行為-同然!

 

f:id:t2521:20200210112035p:plain

 ⇒ 財政削減効果は「約10%のコスト削減」ではなく、実際は「0.01% - 38万円」も安いと契約です

  (*上記の図は「庁舎」竣工後、削除されました - 文書改ざんです。証拠隠滅を図られた証です  )

 

「大家族」と叫ばれ、実態は、市民を裏切りの連続です

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸