t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「まちづくり」の進め方 Ⅳ (公共施設)

● 「公共施設」は難しい問題です。しかし、何十億円という巨額-血税を投入となる大事業です。

・「あせらず、じっくり」と時間を掛け、市民も納得合意の上、着実に推進するのがあり方と思われます

・「市制50周年」を飾りたいという気持ちも理解出来ない訳ではありませんが「高浜-百年」の問題です

「コロナ-対策」も含めて、もう少し、市民の未来により沿った施政運営を望みたいものです …

 

--- 「説明責任の果たし方」 ---☆---

●「高浜」の計画資料に欠けている点として感ずることは「他市」との比較資料が無い事 …

何事も「市-固有」の問題として計画立案と市民説明は誤謬を生む原因となっています。

・それは「施政の立案計画を強行」という作戦かもしれません …「市民」を井の中の蛙化作戦です

 

・次の作戦 は「説明責任」を「外部講師」に委託です … いくら「反対派」でも客人には遠慮します

 (*ある施設説明 - 講演会では「質問意見-禁止」で開催されたとか聞きました … )

この「遠慮配慮」の意見で「同意合意」を得たと、たった一度の説明で強行は次代の市民も犠牲 …

     

---「ある市の計画資料から」---☆---

●「熊本 - 菊池市」の「公共施設総合管理計画」から引用した資料です

・「全国-人口規模が同等の「5万人-市-約40市」との比較を試みられた資料のようです…丁寧な説明です 

f:id:t2521:20200510134438p:plain

 

●「菊池市」の「公共施設」の「市民一人当りの面積は- 8.6㎡/人」とダントツに充実過ぎたようです…。

市の施設管理は「40年後 - 全国-5万人市の平均 - 4.4㎡/人」を目標に削減-推進の計画です

 

--- 「高浜」の位置付け ---☆---

● 下記の資料で「高浜」の位置をご確認戴きたいと思います - 「人口-49千人」-「施設面積-2.9㎡/人」

「高浜」は公共施設を「全国-平均」でなく「全国-最低」を目標に「破壊-強行」のまちづくりでは…

・「現状-2.9㎡/人」でも「最低」なのに「更に削減-強行」は、まちの「破壊」です … 犠牲は市民 …

 

 f:id:t2521:20200510141344p:plain

-------------------------------

 自治

      (市)

 人口

   (千人)

 市面積

     (k㎡)

 施設面積

     (㎡/人)

 施設面積

 ⁻   (ランク)

 庁舎面積

        (㎡)

富岡 (群馬)

   48.0

 123

  4.5

5万人市-平均

   9,000

小野 (兵庫)

   48.4

   93

  3.7

全国-平均

 10,000

高浜 (愛知)

   49.7

   13

  2.9

5万人市-最低

   3,668

 (*「中央公民館-解体」や「庁舎面積-半減」等により「既に- 2.5㎡/人」に転落と思われます )

 

●「市民」に丁寧な説明もされず「数百億円」も要して「学校」だけのまちづくりは 失敗-濃厚では …

「かわら美術館-90億円」「分院補助-60億円」「リース庁舎-30億円」は 正解成功でしょうか …

   (*「小野市」は「新庁舎 - 10,000㎡」-「50億円」- 更に「人口重心」へ移転 - 無謬の施設建設です )

・「公共施設推進プラン」-「かわら美術館」は、R4年 -「民間譲渡」の計画 …「90億円」をドブに …

 

・「高小-PFI-倍額- 50億円」も、血税を浪費の産物 -  財政効果を「面積-削減」との説明がその証し …

「財政削減」を提唱し「縮充-建設」の効果は「〇〇億円」では無く「面積-削減」が財政効果と説明

・「全国-最低」の施設削減計画は「市民生活」が犠牲 - 市民を犠牲に「施設面積」を削減強行は過ち…   

 

「支払い-均等化」の説明も「3カ年-37億円支払い」と判明 - 出来高払いは均等払いで無く全く矛盾 …

PFI」とは民間資本を活用のはずなのに「高浜-PFI」は建設工事を15年間もの独占でしかないのです

 ・「市民」より「業者-ファースト」の施設政策は過ちであり「大家族」が犠牲の「破壊」のまちづくり

 

   ウソ偽りの説明で建設強行は「市民」を裏切り同然です 

 

・「全国-最低」の公共施設は「大家族」にとって「ちょうどいいまち-ちょっといいまち」でしょうか?

施政も議員さんも責任を取られない無責任な施設計画を強行は「破壊」でしかありません

 

 他市より高額な納税 (介護保険-国民保険) を強いられ「全国-最低」の施設づくりは過ちです 

 高浜市民が「全国-最低」の施設生活を強いられるのが、なぜ、適切なのでしょう …?

   せめて「公共施設」は、全国民と同等の施設環境が平等公平な "まちづくり" のあり方では …

 (*根源的な問題は「分院補助-60億円」が、施政の手枷足枷となり施政運営全般に誤謬が蔓延では…

 

「大家族」宣言され 犠牲を我慢せよ! は 施政のあり方でしょうか …

 「思いやり  支え合い   手と手をつなぐ  大家族たかはま」- 市民への思いやりも欠落です

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸