t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 無謬 - 適正適切なまちづくり Ⅱ(議会)

● このブログや市民運動の契機は、高浜唯一の市民ホールを有する「中央公民館」の解体問題でした。

・同公民館は「昭和55(1980)年」竣工。築36年の施設を老朽化とされ、突然、解体問題が浮上 …。

・年間利用「8万人弱」という市内最大の公民館を解体は、幼稚園児から高齢者に至るまで市民生活に根

 付いた市民の財産を解体強行は、今でも納得出来ません …

市初の「住民投票」にまで発展しましたが「投票率-50%」に足らず、市民意見は無視されました。

 

● 市は「公共施設-中央公民館」の解体理由は「民間分院」の建替え用地と言う理不尽な事態を強行

「旧分院」は当該地から僅か数百メートル先。建替えの院内調整が大変という理由で公共施設を解体 …

・とても合理性ある適正適切な判断とは思えません・・・。

・施政が民間分院にこれほどまでに過剰な肩入れを市民を犠牲にしてまで強行は無謬を逸失されてます 

 

「大家族」宣言は市民を裏切りをカモフラージュの言葉です

 

--- 「施設-概要」 ---☆--- 

・「中央公民館」-「S55(1980)年-竣工~H28(2016)年-閉館解体」- 4,091㎡ - 代替施設-4年後-178㎡-4室

  ⇒「代替ホール」-「高小-体育館」- 1F-1,910㎡ -「移動観覧席-300席 (旧中公-604席) 」- 利用-土日限 

  (*教育施設は平等公平であるべき - なぜ、高小だけ建替え先行し、倍額-50億円は誤謬の証しです )

 

・「旧分院」-「S60(1985)年-竣工~H31(2019)年-閉院」- 8,640㎡ - 建替え等-約23億円超を補助

当初「高浜市立病院」として急性期医療。H21年-経営移譲-以来-療養型に転換。60億円を補助予定

 (*新分院とほぼ同規模と思われる刈谷本院の病棟建設補助に、K市は「約8億円弱」- 高浜 - 23億円? ) 

 

 「大家族」を犠牲に分院大事の施政は無謬を逸失

 

--- 「議会-会議録」 ---☆---  

 ●「中央公民館」を早期解体時にどのような審議をたどったのか … 議事録を紐解いてみました

市議会-会議録-H28年3月- [検索] : -https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/14707.pdf

 

公共施設あり方検討特別委員長-発言から抜粋     (*会議録 - P.191~ )

●「それから、先ほど言った分院を早く建てかえることによって、今の分院にかかるさまざまな諸費用が

 削減できるなら、4年間の前倒しということはあり得るのかなとの問いに …

 「市長より、我々の中央公民の廃止は小学校への機能移転時にと御提案をしましたが、そのときに、

    3年後に実は更地になってしいます」… (*いつ、どこで検討され決められたのか…不可解… )

「鉄筋コンクリート施設」を僅か、30年余りで解体は「もったいない」「血税-浪費」の証し

 

 「我々は何もつくる予定はありませんので分譲してしまうのか、しばらく置いておくのかというよう

     なことになりかねません。」…  (*「我々」って誰 … 私物化の証し … 公共施設や市有地は市民の財産では … )  

 

「中公-跡地」は高浜-人口重心のど真ん中 - これを早期解体し、活用計画が無いとは計画性が無い証し

また「分譲」という発想は施政を担われている発言としては残念しかありません … 市民が決めるべき

 

 「3年後に、その時点で病院をどうだという議論をすればいいのか、その間に中央公民館にはお金がか

 かってきます。病院にも実はお金がかかっているんです。だから、前倒しは別の意味で費用発生を防ぐ

 んだろうとの答弁。」

 

●「民間分院」-「旧分院-30億円」+「新分院-30億円」と、「中央公民館」-維持管理費とでは雲泥の差

「公共施設」- 市民の財産を解体破壊の前倒しは、市民生活をも破壊の血税負担となっています

 

・公共施設の維持に費用発生は当然 - この金額を審議が必要なのに一律に「お金」がかかるでは短絡的…

⇒「結果」-民間分院に「60億円補助」- 高浜歳入-半額もの巨額補助 - 庁舎-リースの原因です - 本末転倒

 いったい誰の為の「高浜」、何のための施政なのでしょう

 

「中公-解体」をはじめ施設早期解体は無謬を欠落の施政を強行の証し

  この無謀な施設計画を強行は「高浜-崩壊」に突き進んでいます

 

 ----------------------------☆---

● このように会議録を紐解くと「まちづくり」の長期ビジョンが無いことや、私物化感覚が判明

まさか「旧分院」の跡地活用計画も無いのでは … 解体・売却しかお智慧はないのでしょうか

「まちづくり」に戦略的方針を必要としています- 根本方針が欠落

 

● 市民の土地も民間病院に無償貸与。旧分院も経営移譲の条件は「土地-無償貸与」「施設-無償譲渡

新分院-建替え時には、また、旧分院の施設管理を「市 (市民) 負担」に戻されたとか …

 

・旧分院の「固定資産税」を立替となり「1,192万円/年」を6年間負担して「施設-解体」の予定とか

「財政-困窮」と言われ、実態は「血税」を湯水のごとく捨てられています … 業者さんには優しい … 

・また、万が一「旧分院」を解体となれば「市負担」は濃厚です … どこまで餌食にされるのか …

 

● 市民には「介護保険」「国保税」「水道料金」等も高額設定され搾取強行が実態です

 

  これが「大家族」宣言の実態であり市民の存在はありません

 「施政」は行政と議会で決めると明言され、「施設-借金」も後世の市民が返すから大丈夫とか…

 - これが「ちょっといいまち」なのでしょうか…

 

  残念な "まちづくり" が今日も強行されているようです…

 

  (最後まで、ご精読 戴きありがとうございました。余りにも醜悪すぎて過激な表現をお詫びします) 

 

 僅か「36年」- 施設寿命半ばで解体された「中央公民館」- もう「高浜」ではホール無しの生活かも…

f:id:t2521:20190721085311j:plain


 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸