t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共建築のあり方を考える Ⅱ

● 「公共建築」は「市民」に、丁寧な説明があり方のようです。 思い返せば、もう「4年も前…?」…

・「縮充」建築につき、説明会は「各学区毎」に開催され、参加はそれぞれ「多目に見て百名弱」かと …

・今思うと「重要」な課題につき「連続-約2時間」の過酷な説明会だったと思います。

その短時間で、真に理解し、正確な判断を下すのは、初めて聞く市民には無理なご要求だったのでは…

-------------------------------

f:id:t2521:20200531180810p:plain

多様な重要問題を一挙に説明は乱暴と感じています。ある意味、なし崩し的な「合意形成」の策略 …

・「参加市民」は「総論-賛成」- 問題は「各論」-「施設毎の情報公開や説明が不十分」-「行政と議会」

    だけで決定強行が「財政困窮」を招いている元凶と思われます… 但し議会は「責任」を持ってと表明

 

--- 「人口問題」? ---☆---

・引き続き、基本資料 - 「高浜の公共施設のあり方を考える」等を引用し検討したいと思います 

 [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1767.pdf

 

--- 「市財政の収入」 ---☆---

・市収入源の一つである「市民税」等は「人口」に比例のため「人口問題」は重要課題のようです。

・「公共施設のあり方を考える」資料の第一頁には「全国の人口推移」を取上げられました (*下図)

・そして常識でもある「少子高齢化」により「税収-減」は危機的状況が予測されると説明されたかと…

 

--- 「全国-推移」 ---☆---             ---「人口減と老朽化により財政困窮」---☆---

 

f:id:t2521:20200531151545p:plain  f:id:t2521:20200531153038p:plain

 

疑問は、取組みとして「財政困窮」-「公共施設の更新費用を削減」とされながら「リース-庁舎」「高

 小-倍額-50億円」「分院-移転補助-30億円」と連続投入は矛盾ではないでしょうか - 方針に反してます

「説明会に参加の市民」「不参加の市民の負託」を裏切りではないでしょうか…?

・常識的には「築40年程度」の施設であれば「大規模改修」による「長寿命化」が適切な節約策では…

 

 現に「施設管理方針」では「施設寿命-70年」とされました。 (*但し「他市は80年」を採用 )

    (*これも噂では「建替えてから長寿命化」とは「財政困窮」の改善が不可能なはずです… 市民は犠牲 )

 

--- 「高浜の人口推移」 ---☆---

 ● この説明会の、恐らく数か月後、高浜-独自の人口推移の報告を受けられていたようです。(*下図)

「高浜の人口推移」は全国推移とは全く異なる傾向と判明しました。 (*個人的には約1年後に資料入手)

 f:id:t2521:20200429134107p:plain-・「あしたの高浜」調査作成

 ●「高浜-人口」は「2040年-5万人」をピークに、「2060年」以降も、急激な減少も無く漸減傾向 …

自治体の人口推移」は全国一律で無く「各地域-独自」の推計が必要 … 市-説明は矛盾では? 

 

--- 「高浜の人口構成」の実態 ---☆---

改めて「人口-構成」を調べてみました (*情報源 -「生活ガイド.com」)  

  刈谷 安城 知立 碧南 高浜 小野 (兵庫)
人口  (万人) 15.2 18.9  7.3  7.3  4.9  4.9
人口増減 (%) 103 103 103   99 105   98
  (815市区) 順 位   74   67   63 269   27 372
年少人口率 (%) 14.4 15.1 14.1 14.1 15.6 13.9
  (815市区) 順 位   61   43   76   73   31   99
生産年齢 - (%) 65.6 64.3 66.3 62.7 65.5 58.4
  (815市区) 順 位  32  48  24  89  36 374
高齢 - (%) 19.9 20.6 19.6 23.2 18.9 27.8
  (815市区) 順 位  789  785  795  734  803 541

 

● 「中京経済圏」の 構成自治体である「碧海五市」は、全国でも希に見る「成長圏」のようです

・なかでも驚きは「高浜」は「人口-増」「人口率-年少、生産年齢、高齢人口」共に「全国-上位層」

つまり「活力あふれる若い街」と言えるのでは…。なら「市」が主張される「財政困窮」とは …

 

・今後、数十年先は不透明ですが「全国-傾向」に比べれば、極めて優位な位置と思われます

 (* 但し「基幹産業」である「自動車業界」の経済影響を直接受けることは確かです… )

今にして判明は「施政運営」「財政運営」「ハコモノ建築」にかなり乱暴さが見受けられます 

 

----------------------------☆---

● 今「財政困窮」は「かわら美術館-累計-90億円」「分院補助-60億円」「高小-倍額-50億円」という

ハコモノ」に、人口規模にそぐわない過大な巨額の財政投入が原因と思われます …

⇒「市債返還」や「基金積立」に注力すべきを "市制50年" のため「ハコモノ-転化が過ち」と推測します

・近年の億単位の事業では「倍額-発注」「異常な高落札率の独占発注」など浪費の連発となっています

 

 「財政困窮」と表明、実態は「浪費の連続」…「矛盾」の施政です 

 

--- 「施設管理の取組み方針」案 ---☆---

●「高浜」の公共施設-面積は「12.6万㎡-一人当り-2.6㎡/人」は人口-同規模の自治体では「最下位!

 (*人口-同規模の自治体 - 平均「4.6㎡/人」。全国平均 -「3.8㎡/人」 - 適切な施政運営の成果です )

高浜の施設-削減は「市民生活」を犠牲とする限界です - 失政のツケを市民に課すことは無責任では …

 

   責任ある適正適切な施政運営を求めるものです

 

--- ご参考-施設面積 ---☆---

f:id:t2521:20200531192107p:plain

 

● 21世紀 …「令和」になって、ようやく「学校」のトイレが「洋式」に改修が決まったとか … 

・「教育は百年の計」と言われるそう -「施設面積-全国最下位」の 破壊の "まちづくり" に「魅力」や

 「夢と希望」「市民の誇り」を醸成できるとは、とても思えません … 子供を犠牲は避けたいものです

 

血税「90億円投入」の「かわら美術館」も計画には「民間譲渡」と記載されてます … まだ築25年 …

・「庁舎」は、狭小-レンタル事務所。 今後「高浜」の公共施設は「学校」だけを目指されてます…

 

   これでは「誇り」ではなく「恥」の "まちづくり" と失望です

   迫りくる「防災-避難所」も不足は安全安心を確保されてません 

 

「コロナ」は「新しい生活様式」に相応しい施設を必要としています

  この時代の転換に合せた計画見直しが必要ではないでしょうか?   

  出来れば「市民参画」と「積極的な情報公開と情報発信」にて…

 

「大家族」- 最優先の適切な施政運営 - 方向転換を望みます

   これ「市民」の切なるお願いです

 

   (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸