t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ウソ説明の「まちづくり」Ⅱ (庁舎)

「高浜」の "まちづくり" の問題は「異常に強引」過ぎることです

その強引建設の裏は「ウソー説明」で強行されているのです 

・典型的な例が「市庁舎」の費用説明もやはり「ウソ」でした。 (*再掲)

・残念ながら、現在、この資料は改ざん隠ぺいされ確認できません

良心の呵責か、更なる陰謀強行か、施政情報の隠ぺいは日常茶飯事

・情報を隠蔽されたことが悪事の証し-施政のあり方も喪失されてます

   (*以前は「まさか?」の思いは、今は「またか?」に … 失望しています )

 

---「市庁舎-改修費用」の虚偽 (ウソ) 説明  ---☆---

狭小-リース庁舎-竣工後、下記-旧庁舎-改修費資料は用済みとばかりに「改ざん・隠ぺい」されました 

 

・「下図」-「市が整備した場合-37億円」は「水増し - ねつ造」- この金額は「下表」の33億円 (税込)

  (*この「33億円」見積の精度、信憑性も疑問です -「水増し - 総務省単価相場を流用の気配濃厚」)

従って「10%コスト削減」もウソ - 実態は「▲0.01% - 33億円  より38万円も安価」と契約です

 

●<当初-「公共施設マネジメント」-「市庁舎」-「Q&A 」- Q.6に掲載資料>を下記に貼付けます

    [検索] :   高浜市役所本庁舎整備事業に関するQ&A - 高浜市ホームページ - Q.6を竣工後に改ざん  

 

f:id:t2521:20200210112035p:plain

 

 

●「旧-庁舎-築40年 - 早期解体」は正解だったのか?  -  疑問と疑惑を感じています

定石で考えれば 「旧庁舎」を大規模改修し、施設寿命を30年超が血税節約。床面積は「2倍!」に -

・「会議室」を削減すれば「市役所-組織」を一体統合できた可能性もあったはず … 非常に残念です

 

--- 「旧庁舎-大規模改修-見積資料」 ---☆--- 

●「旧-市庁舎」の大規模改修費を比較価格とされ「リース」を検討 - 結果「38万円」差で採用強行!? 

 [検索] : 検索不能に設定 - https://www.city.takahama.lg.jp/soshiki/gyosei/sityousyaseibi/bosyuyoko1-2.pdf

     (*「情報 - 隠蔽化」は、不適切で、歪んだ施政運営の証しです )  

 

f:id:t2521:20200210203637p:plain

・「上表 - 庁舎 (築40年) の耐震改修費」の内訳をご確認戴きたいと思います。

●「施設-整備費-19.3億円」- これが「水増し-総務省単価相場」に合致 - 不適切と思われる見積額です

●「20年間」の合計 - 明らかに「リース前提」の条件 - 公共施設-寿命は「70年」に延長、これも無視 

●「市が整備した場合-37億円」は「水増し-ねつ造」のウソ価格 - 施政が強行は詐欺同然 …

「明らかに業者優遇の証し」-「水増し価格」+「高落札率」+「一社独占」- 血税の浪費です

 

●「旧-庁舎」を耐震改修すれば「施設寿命」を「30年以上」長期化出来たはず …

問題は資金繰り - 民間分院に「運営補助-30億円」+「分院建替え補助-30億円」で「庁舎基金-枯渇」 

・分院大事の弊害が「狭小-リース庁舎-市役所組織を分割」と犠牲は深刻です - これが30年もの無責任

    (*リース期間は「20年契約」ですが、この財政状況では、更に「10年延長」の可能性も … 犠牲 … )

 

● このような「浪費-施政」では「財政困窮」は必然 - キリギリス施政の限界症状です

その失政を市民に押付け -「公共施設 - 早期解体」を強行は失政の上塗り … 犠牲は市民 - 5万人 …

 

  施設建設を「強行」の裏は「血税-浪費」も強行です

⇒  なぜ、そこまでして「分院」や「業者」を限りなく優遇されるのか?

「ウソ説明」「資料改ざん」「情報隠ぺい」という一線を超えた施政

「公共施設計画」を舞台にコンパクトシティ-高浜は崩壊にまっしぐら

 

  倍額-建設のまちづくり強行は「市民を裏切り」施政です

   結果 - その借金返済は「後世の市民任せ」の無責任となっています

   

 あるべき施政 - 施政のあり方を取り戻すことは不可能かも・・・

 これでは「高浜」アブナイ… 施政放任は破滅です

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸