t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」

従来の疑問は「公共施設」でした。しばらく「市民生活-全般」にわたり検討を進めたいと思います

高浜の「何を」改善すれば、「ちょっと」から、更に「いいまち」と成るのか?   改善課題の抽出です

 

念のため「施設面積」は、人口規模-同等の「市」では「全国-最下位」- これを更に削減は愚劣です!

なぜ「高浜」は、人並み、世間並み、全国並みの、公共施設環境ではなく「最下位」なのでしょう ?

 

●「民間分院」には「60億円」もの巨額補助の財政力があるのに、市民には財政困窮と説明も不可解 ?

結局 - 「民間分院」に巨額補助のため、市民生活を犠牲の施政運営を強行は裏切り- 施政失政の証し 

・市民の施政-無関心が暴政を許し、高率な徴税方針を強行-「ちょっとどころか、過酷な市民生活」では?

 

f:id:t2521:20200608002812p:plain

 ● 市民一人当り「公共施設面積 - 2.9㎡/人」は全国-最下位。近年-早期解体により「2.5㎡/人」に転落!

 

--- 「統計データ」-「人口」 ---☆---

全国動向は「少子高齢化や人口減少」と言われます。しかし、高浜-人口は健全傾向のようです。

しっかりと「高浜」を把握することが肝要です。 施政に騙されないよう情報収集が必要です

・「公共施設を考える」説明会で「全国版」の人口説明は一杯喰わされました - ウソ説明は詐欺同然!  

  

「高浜」の人口動向

 [検索] : 知立市と高浜市の比較【統計データ】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

● 更に「よいまち」をめざし「上位-300位~400位」を目標とし、劣ると思われる要素を抽出します 

 

----------------------------☆---

● 各年齢層「年少」「生産」「老年」人口の構成比は、全国より「若く」更に「伸び」ているようです 

 

統計 実態 815市区  (備考)
総人口 48,579人 560位  
年少人口 15.6% 31  
生産人口 65.5% 36  
高齢者 18.9% 803 (若い街)
人口増減 8.8人/千人 44  

 

このように「若い街」「人口-増」なのに「財政困窮」とは財政運営の失政を市民に押付けの証しです

 (*予算-150億~170億円の財政で「民間分院-累計-60億円」は刈谷市民の倍額負担で過酷すぎます )

 

● 更に、まだ利用可能な鉄筋コンクリート施設-築40年で「早期解体」も失政、暴政の証しです

・大山公民館も町内移管を前提に「会館」に名称変更。移管は頓挫。しかし、避難所を閉館は暴挙です

 (*民間分院に「3億円」補助を議決- (コロナ支援も市民補助は数百万円) - 公民館運営費-数百万円は放棄 …? )

この「破壊」のまちづくりを強行されたのは暴挙とも言えます。議会はこの責任をどうされるのか?

    

 分院大事の施政は過ちです。市民-ファーストこそあり方であり、本来のお役目なのです …

 

---「財政」---☆---

統計 実態 815市区 (備考)
歳入 368千円/人 645位  (増収策-要)
公共事業 74千円/人 579  
職員数 4.7人/千人 793 (全国最下位)

 

この資料では「歳入」も「公共投資」も少なく、次の問題は「職員数」を過剰なまでに削減は異常 !

・市役所との接触機会が増え感ずることは「執務負荷」が過剰となり「ミスや遅延・ムダ」の増加 …

   (*例えば、昨秋「いきいき号」アンケートを実施されたと思いますが、半年経過しても報告無し… ) 

結局 - 職員数-全国最下位の過剰削減は「執務-精度」の低下を招き「施政損失」の増大を招いています

 

● 市に対し「監査請求」が増加の一途の原因も「執務の粗さ、ルール違反」という基本的なミスが原因

・先日も「契約書-締結日」-「平成31年12月」と架空の期日にて契約にはあきれるばかり … ズサン!

  (*正規は「H30年」を「1年」先の期日を記入され、契約締結はお粗末の証し … 原理原則も欠落 )

   

 職員削減は一番単純な費用削減は愚策 … その弊害は「施政」も「市民」にも及んでいると思われます

一方、職員-補完対策として人材派遣の「総合サービス」が増収増益も、本末転倒の愚策の証し…

総合サの収益は血税です - その収益相当額を職員採用に活用されたほうが市民利益となるのでは …

 

● 次なる課題は、施政の「増収策」として「ふるさと納税」が上げられます。

自治体によっては「数百億円」もの成果例も…。 「幸田」や「碧南」も健闘されているようです

折角の「増収」チャンスを逃しているのではないでしょうか ? 

     (* 確か「高浜」- ふるさと納税は「H30年-約60百万円」と「億」の壁は高いようです )

・これも「職員-削減」による戦力不足の弊害が如実に表れていると思われます。失政の証し …

 

 このような乱暴な施政運営、施政経営では 損失は計りしれません

 施政の鉄則 - 無謬 (むびゅう) なる施政運営を切望するものです 

                                                                    

                                         (つづく)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸