t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (入札) Ⅲ-空調

● 「空調工事」の価格は「ピンキリ」で、良心的で、地域で営業が長い会社を選ぶのが正解の道では …

⇒「学校エアコン」の工事屋さんの選定方法も疑問です。これ程の「高額工事」を容認は失政です

 

実は「みよし市」の学校エアコンの「最安値」の工事額は驚きの「教室当り-119万円/室

「高浜」- 学校空調「教室当り-318万円/室」と比較すれば「2百万円/室」もの高額は失敗の証しです

 

・一般的にお役所がらみの価格は高額相場ですが、民間工事並みに安価は交渉の成果かもしれません

そのような「血税-節約」の意識を持って頂きたいものです

みよし-最安値工事 予定価格(千円) 入札価格(千円) 落札率
小学校-空調 57,512 34,600 60.0%
空調仕様-ガスエアコン 運用 - H29年4月 29室 119万円/室

  

● 「大型(5HP) 空調」の「電気エアコン」の価格相場は「半値八掛け」と言われた例もあり流動的です …

・「ガスエアコン」も「室内機-百台」を超える大規模物件であれば「特別価格」が適用されたはず …

よって「300万円/室」を超える高浜-価格は、法外な利益を生み出す構図を形成の疑いが濃厚です

 

●「機種選定」を検討すれば 「室内機-負荷」の総和に対し「室外機-能力」が過剰機器を選定も不可解 …

つまり「要求能力」に対し「高額な大型-室外機」を選定している可能性が懸念されます

 

・例えば「室内機の総和-44HP (馬力)相当」に対し「室外機-30HP×2台」は「負荷-73%」-ガスエアコン

 は、エンジン回転制御により「室外機能力は最大-130%」を発揮 … つまり負荷-56%程度となります

 

・このような機種選定で、高額-工事では「投入費用」の還元回収は絶対不可能であり費用対効果は疑問

   つまり「高い買物」をされたと思われ、採用理由が不透明です

 

一般的に「ガスエアコン」は、「電気式」に比較し、3~4割程度、高額な空調設備工事です 

・燃料に「電気」より安価な「ガス燃料」を利用により、その差額で投資回収できると訴求されてます

・しかし、実際は、日当り-空調が「10~12時間」-「年間-2千時間」を超える場合に有効のようです

「学校」の場合、空調時間は「年間-1千時間」程度であり、投資回収は「50年超」という試算も …

 

・問題は、この「費用対効果」を試算され、高額な「ガス式」を選ばれたのか … 根拠が曖昧では …

    これでは「血税の浪費」も当然です。浪費は裏切りです   

 

---「入札」の不可解 ---☆---

高浜」の「落札率」は極めて高率が多い -「空調工事」を例に、実態を確認したいと思います

・ 今後、改めて戴ける契機となれば幸いです。「高浜」の未来のために …

 番号 名称 予定価格(千円) 入札価格(千円) 落札率
30高財入第154号 高浜幼稚園-空調工事 8,700 8,395 96.49%
30高財入第155号 吉浜幼稚園-空調工事 11,943 11,520 96.46%
30高財入第161号 吉浜公民館-空調工事 11,968 11,549 96.50%

  

奇跡的な偶然と信じたいものです - まさか調整されているとは思いたくありません … 

⇒ ある自治体では「落札率-95%」超は「条例にて再入札」とされているケースもあります

・しかし「幼稚園」施設で空調工事-「1千万円」は余りにも高額 - 後日、検証課題とさせて戴きます

 

・「高浜」も、「入札」の健全化を図るべき時代に移行しているのではないでしょうか ?

⇒「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」の入札システムは「再構築」があり方と思われます

・現在の「入札情報」の様式も旧態然として確認に手間を要しています - せめて県様式並に改善を …

・最たる問題は「予定価格」の算定 - 余りにも高額 - 相場の上限を超えた価格物件も散見されます

「学校エアコン」は市場相場を超越した高額工事を強行されました 

 

--- 「入札」のあり方 ---☆---

この工事は、試験的に「予定価格」を「事前公表」から「入札後-公表」に変更された研究事例

  名称 予定価格(千円) 入札価格(千円) 落札率
30高財入第69号 吉浜小-職員室-空調 (3,422) 3,140 91.8%

 

やはり、効果は「歴然 - 有効です」- 「予定価格」を非公開だけで「約5%」の血税削減効果です

・問題は、試験だけされて、以後の入札方式は従来方法を継続のようです。これが「8億工事」の元凶!

「役所-組織」が改善努力に注力では無く、従来方法を踏襲継続のままでは発展進化はありません

「高浜」の未来のため「ぬるま湯」から「切磋琢磨」する入札システムへの切替え時と思われます

・まさかと思いますが「工事業者さん」の反対を受けて「予定価格」を継続でないことを祈るばかり …

 

まちづくり工事」は、多分に「温床化」の気配濃厚です。

  市制50年は「財政-節約」システムに切り替えるべきです

   市民のため「血税」を有効的に利活用を図ることがあり方です  

 

「学校エアコン-8億円」の浪費強行を反省戴きたいと思います 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸