t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (施設) Ⅳ-学校

● 「学校」という聖域を舞台に、とんでもない浪費が繰り返されていることに「警鐘」を発します

⇒「高小-倍額-50億円」「学校エアコン-札束付-9億円」次に今回のテーマ「大規模改修-77億円計画」

・「財政削減」と虚言を吹聴し、実態は「巨額」の浪費 - 市民には「財政困窮」と行政サービスの欠落

 裏切りの施政運営を強行は「高浜」破壊です

 

この「学校-施設建設」の問題点は、三つ考えられます

1. 「財政基金」の準備もなく「市債 (借金 - 後世の市民負担前提) 」 で、施設計画されていること

2. 「市債」の負担率 - 「施設は後世の市民も利用するから借金当然」と「約6割」を設定 - 逆転では?

3. 「施設建設価格」 - 一般的な適正相場では無く、水増しされた「業者優遇価格」の計画強行です  

 

--- 「学校」-大規模改修の浪費計画 ---☆---

数百億円を投入計画の「公共施設推進プラン」(下記検索) が、市民に説明も無く強行されています 

  [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/15400.pdf

 

・「計画資料」は「施設名」と「日程」だけ -「竣工年・床面積・老朽度等」は記載無く判断不可能 …

⇒ 市民に「判断材料」の情報提供をひたすら避けて強行は裏切り同然と考えられます

・このように「入札情報」と同様、「情報一元化 - 集約化」されていないことも問題です

 

--- 「学校-大規模改修」 ---☆---

●「計画」では「高小だけ-倍額-50億円」で建替、他の小中学校は「大規模改修」し、次に「建替」

・問題は「大規模改修から建替」まで、極めて短期 (平均14年) は浪費であり「財政削減」に矛盾です

 

・例えば「高取小」は「R4~6年」-大規模改修「10億」、わずか9年後「R16~17年」-建替「20億円」

⇒ つまり「毎年-1億円超」を廃棄の改修計画を強行は、いかがなものか …?

「改修すれば数十年」は維持すべき公共施設を、更に「早期解体」は典型的な「業者優遇」の浪費 …

    (*高取小-南校舎-1965年完成-施設寿命を他市並み -「80年」とすれば「2045年」まで維持可能な施設 )

 

f:id:t2521:20200702232953p:plain

 

--- 「学校」の施設管理計画 ---☆---

市内小中学校の改修建替計画 - 投入費用を一覧にしてみました-このような資料を公表されないのも問題

・その理由は「情報隠ぺい」 - 市民に真実の施政情報の提供公表を避けている不透明な証しです  

  高取小 港小 吉浜小 高中 南中 合計平均
大規模改修 10.5億円 8.3 10.9 15.9 12.9  59-77億円
市債 8.1 5.0 6.5 12.5 7.7  33-44億円
維持期間 9年 15 15 15 16  14年
建替額 20.4億円 16.2 21.1 34.1 25.0 117億円
市債 12.5 9.9 12.9 20.9 15.3   72億円

  

市内小中学校の「大規模改修 - 59億円」、これに「翼小-R18年-18億円」を加えれば「77億円」

問題は、僅か「9年~15年」の短期で「59億円」を解体は、毎年「4億円超」を廃棄同然の浪費 …

・市債-116億円を抱え、建替は「更に巨額」-「117億円」を投入は「後世の市民を借金漬け」は明白!

 

--- 「市債負担」の割合 ---☆--- 

次なる問題は、過剰な「市債(借金)」- 他市の例をみると「市債割合」は「約4割」程度が適正では …

「高浜」は、市債を「約6割設定」は借金丸投げの証し - 高中-改修費は約8割も市債は不適切では …

  このような事態は「財政運営 (積立)」の失敗 - キリギリス

  

● 公共施設の寿命を「60年」から「70年 - (他市:80年) 」 - この業者優遇の早期解体を決めたのは現施政

・例えば「高取小-「南校舎-1965年」「北-1975年」「体育館-1972年」- 本来-2045年寿命となる施設

この血税建設の貴重な施設を早期解体と決定し、費用負担は、決定者 (現施政とするのが道理では …   

・これを市債負担を逆転し、財政運営の失敗を後世負担に押し付けは無責任であり、恥辱の施政かと …

  

  市債負担の決定責任をもった負担割合は「市債-4割」が適正適切 - 「6割負担」は無責任の証し 

 

---「業者優遇」の建設見積 ---☆---

疑問は過剰な「業者優遇」 建設額が「相場より高額」で、その借金を市民に押し付けは失政です

・隣街「刈谷市」の小学校の大規模改修の費用と比較してみました

⇒「改修費」を面積単価で比較すれば「高浜」は刈谷市の「倍額 (185%)」は異常です … 過剰な業者優遇

 ・「大家族」宣言は市民ファーストのはずが、これほどの「業者優遇」は不適切であり裏切りです

 

  面積計 改修費 改修単価
高取小 6,061㎡ 10.5億円 17.4万円/㎡
小高原小 6,930㎡   6.5億円   9.4万円/㎡
刈谷 87 162 185

  

・この手法は「高浜」の常套手段で不適切な仕掛けです -「業者優遇」施政を強行は市民犠牲の不適切

  極めて無鉄砲な施設建設を強行は施政として不適切極まります !! 

  

「業者優遇」の証しは「建設単価」に「総務省-単価」を採用であり、更に「水増し」は裏切りの証し

・過去に数回掲載した「総務省-単価」は、「未来-40年」の施設建設費をシミュレーションの試算単価

近々の「施設計画」に「総務省-単価」を採用は水増しです。「総務省-単価」を下記-掲載します

f:id:t2521:20200704053818p:plain

・「大規模修繕」-「学校教育系」-「17万円/㎡」を「高取小-17.4万円」は悪質で限度を超えてます

 

 これらの、どこが「財政削減」「財政負担の平準化」なのでしょう

   これを堂々と施政が強行は、市民を裏切りの証しです

 このような浪費の繰返しでは「高浜」- 破滅です

 

--- 参考-刈谷市の改修資料例 ---☆---

f:id:t2521:20200703000348p:plain

f:id:t2521:20200703000404p:plain

 

  

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸