t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 血税の適正適切な利用 (学校) Ⅴ-教室

●「学校」こそ、施政の最も注力すべき公共施設であり「人」づくりの形成機能の充実が必要と思います

・果たして「高浜の児童生徒」は、近隣市のなかで最高の教育環境となっているのでしょうか …?

・このような視点から「小学校」を再確認してみたいと思います。

「義務教育」の環境は「平等公平」が原理原則と思われます -「高浜」の不公平な教育環境は不適切 

 

f:id:t2521:20200704092640p:plain

 

・「高小」の児童一人当りの床面積は是正され「15㎡/人」レベルに拡大となり市内最高レベルにまで

・「吉小」と「高取小」は「平均以下」は、いかがなものでしょう - 同じ納税をしてこの格差は異常 …

この格差是正は、数十年先に計画の「建替え」を待たねばなりません … 気が遠くなる施策です

 

・「高小」だけ「倍額-50億円」先行建替えは、理解しがたい教育施設と思われ残念な建設です

この高小-建替借金は「異常な巨額 -22億円」を市民全体で負担も納得しがたいものがあります

 

---「市内小学校」の施設 ---☆---

この「学校-施設建設」の実態を確認したいと思います 

  高小 高取小 港小 吉浜小 翼小
竣工 1959-2019年 1965 1975 1969 2002
  築1年 築55年 築45年 築51年 築18年
延床面積 11,779 6,061 4,898 6,390 9,729
児童数 659 521 431 771 688
一人当り 15.2㎡/人 11.6 11.4 8.3 14.1

 

・「高小」-1959年完、「高取小」-6年後の1965年完 - しかし建替は「2034年」と「15年」後は不公平!

・「面積-一人当り」も「高小」-15.2㎡/人と市内最高 - 吉小「8.3㎡/人」は「55%」と半分は不適切 !

これが是正されるであろう「吉小-建替え」は「2039年」と 20年後では不適切の繰返しであり失政

 「施政」は市民-五万人に対して「平等公平」があり方であるはず 

 

この現状の不公平な施政の原因は、施設計画の進め方を「原理原則」から逸脱されたこと

・「高小」だけ「早期建替え」-「市制50周年行事」のため「倍額-50億円建設」を優遇強行 …

・ 他の学校は「大規模改修」を得て「施設寿命」を70年として建替え推進のため「格差拡大」が発生!

 

    施政が、自ら、市民児童を対象に格差付けの施策強行は過ちです

  施政の原理原則 -「無謬」を喪失強行は、まちづくりの破壊です

  つまり、間違い、誤りの「まちづくり」強行は、「財政」は浪費、「市民」を犠牲としています

 

--- 「教室の広さ」 ---☆---

次の疑問は「教室の面積」- 約20年前-「翼小」が建設され「教室面積」を格段に拡大されました

今後「74㎡」が「高浜-標準」と思いきや、高小は「64㎡」に「狭小」は時代に逆行と思われます

 

  高小 高取小 港小 吉浜小 翼小
教室広さ 8m×8m 7.2×9.1 7.5×8.5 7.3×8.5 9.3×8
教室面積 64.0 ㎡ 66.0 64.0 62.0 74.0
面積比 100 103 100 97 116

                                        

・教室面積は法定無しとか - 歴史的には「明治」に「四間×五間」= 7.2m×9m =「 64.8㎡ 」が推奨基準

「高浜 - 高小」の教室は「明治」に逆行は進化発展無し …? 時代遅れの教室を倍額建設は失政です

 

・市立小学校で「翼小」だけ「74㎡」は不公平ですが、「コロナ-対応」では教室を拡大があり方 …だ

偶然かもしれませんが「未来の教室」の広さを実現は「先見の明」だったのかも …

 

  児童の安全安心、血税を有効利活用のためにも狭小-教室は疑問です

   このような事態から「教室面積」は「狭小 - 64㎡」から拡大拡張が未来の教室のあり方のようです 

                                         

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸