t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 国民健康保険税の疑問

6月議会にて「国民健康保険税」が値上げ可決されたとか …。

・制度や仕組み等について全く存じませんが、疑問を感じ、ご参考までにご案内します。

⇒ この改定は、どうも、毎年、見直される制度のようです …  

 

● この制度の税額は「国」ではなく「各市町村」が自主的に、任意に設定できるようです

・「県」は、一応、ガイドライン的な「標準案」を提案提示されています 

   [検索] :  市町村標準保険料率及び都道府県標準保険料率について - 愛知県

 

恐らく「市」は、県の「標準案」も参考とされながら「課税率・額」を改定されたと思われます

       [検索] : 国民健康保険税 - 高浜市ホームページ

⇒ しかし、その根底は過去の踏襲継続であり、変革的な戦略企画の立案は未着手かと思われます

 

国民健康保険税」は「医療分」+「後期高齢者支援分」+「介護分」の三要素を包含

・複雑なのは「各要素」につき「所得割」「均等割」「平等割」と、複層的な加重積算となっていること

希望は「民間分院-60億円補助」もの財政余力を、市民に還元できないのでしょうか …?

・ひょっとして「介護分」は「民間分院-補助」の原資となっていないのか …?   これが値上げの理由 …?

 

--- 国民健康保険税」の疑問 ---☆---

「疑問」は、「所得割-率」は「県-案」より低いのですが「均等割」と「平等割」が高額設定 …?

・詳しい方がみえましたら、ご教示戴きたいと思います

 

国民健康保険税 - 「医療分」

  医療分
所得割 均等割 平等割
県算定標準 5.98% 24,514 17,090
高浜市制定 5.73% 29,300 23,800
県との差異 ▲0.25% 4,786 6,710

 

国民健康保険税 - 「後期高齢者-支援分」

  後期高齢者支援金分
所得割 均等割 平等割
県算定標準 2.15% 8,653 6,032
高浜市制定 1.93% 9,900 7,800
県との差異 ▲0.22% 1,247 1,768

 

国民健康保険税 - 「介護納付金分」

  介護納付金分
所得割 均等割 平等割
県算定標準 1.93%   9,934 5,053
高浜市制定 1.85% 12,400 7,000
県との差異 ▲0.08%   2,466 1,947

 

 ● このような税制度のようですが、「使途」が全く不透明なのも問題です。

どこに、どのように、いくら使われているのか?  情報公開されているのか?  削減努力はされたのか? 

・市が任意に設定されるなら、その妥当性、適正性を説明されるのが「あり方」ではないでしょうか?

 

--- 「碧海五市」 ---☆---

近隣「碧海五市」を比較してみました

国民健康 保険税 医療分 後期高齢者支援金分 介護納付金分
所得割 均等割 平等割 所得割 均等割 平等割 所得割 均等割 平等割
刈谷 5.3% 26,000 20,000 1.9% 4,000 4,000 1.8% 10,800 3,600
安城 4.9% 20,180 14,070 2.4%  9,570 6,670 2.0% 10,150 5,160
知立 5.2% 22,200 15,800 2.4% 10,000 7,100 2.3% 11,700 5,800
碧南 5.6% 24,400 17,500 1.8%  9,300 6,500 1.2%   8,400 4,300
高浜 5.7% 29,300 23,800 1.9%  9,900 7,800 1.9% 12,400 7,000
平均 5.4% 24,416 18,234 2.1%  8,554 6,414 1.8% 10,690 5,172

 

「市」説明では、「高浜」の税金は高くない。近隣市と同じとよく言われます

しかし、実態は、市民感覚」は、このような差異を敏感に感じ取っているようです …

 

「民間分院」や「業者さん」でなく「市民ファースト」の施政と「あり方」の実現を切望するものです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸