t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 情報隠ぺいと不公平な学校建設 Ⅱ 

「高浜」の公共施設-管理計画は残念しかあません。市民参画を無視された施設建設を強行されてます

⇒ その証が「高取小」の大規模改修 - 秘密裡にもう一年半も隠れて推進されてます -予算-水増し-11億円!

 

● 民間分院には「計-60億円」もの巨額補助の財力がありながら「庁舎」は「基金無く-リース建設」

 (*「庁舎建設」を犠牲にしてまで「民間分院」に巨額補助の証し - 市民より分院大事の施政の証し )

・「高浜小」は、なぜか、民間資本による「PFI-建設」は学校建設に倍額-50億円投入は矛盾では ?

実態は「校舎建築」に合わせ「3ヵ年-37億円」支払いは「財政-支払い」の「均等払い効果」も無く

  ただ、契約業者に「学校施設」の維持管理を完成直後から「年-1億円払い-15年-独占化」の不可解 …

    

●「高浜」は、今後、公共施設は「学校」だけの街づくりを強行とは、市民無視の残念な破壊の街づくり

公共施設面積は「一人当り-2.5㎡/人」と人口-5万人未満の街では「全国最下位」の残念な街づくり …

 

 市民に方針も計画も理由も説明されず、強行は市民無視の施政です

 「公共施設計画」は今後-約三百億円を投入の大事業を議会承認したと強行は危険な街の破壊です

 

---「学校建設」の費用比較 ---☆--- 

「高小-倍額-50億円」は水増しの可能性を多分に含んでいます。「高浜-相場」は高額設定です

・先回「総務省-単価」をご紹介しました - 学校施設「建替え-33万円/㎡」、「大規模改修-17万円/㎡」

高浜は、この「総務省-単価」を基準に建設は、「過剰な水増し」で業者優遇の公金支出を強行です

隣街 -「刈谷市」の学校改修費と比較すれば「高浜-1.85倍」と約倍額の血税支出を強行の浪費です

 

  面積計 大規模改修費 改修単価
高取小 6,061㎡ 10.5億円 17.4万円/㎡
小高原小 6,930㎡   6.5億円   9.4万円/㎡
刈谷   87 162 185

 

--- 「建設時期」の確認 ---☆---

血税」を倍額支出の浪費も大問題ですが、「建設時期」も理解しがたく不適切と疑問を抱いています

<学校施設の建設時期> (*「高浜-公共施設あり方計画」から抜粋 )

f:id:t2521:20200712210711p:plain

 

●「市は、築40年を老朽化と早期解体は過ちです。「築40年」は寿命半ば - 大規模改修の時期なのです

税法上の「耐用年数-RC造-築47年」、これを都合のよい拡大解釈を強行されているのでは …

・物理的には「80年~100年超」と言われています - 県庁や名古屋市庁舎はもうすぐ「築90年」のはず …

 

    高浜小 高取小 港小 吉浜小 翼小 合計平均
1 初期建設-年 1961 1965 1975 1969 2002  
2 改修時期-年 2017 2022 2026 2023 2036  
3 改修期間-築-年 56-建替 57ー改修 51 54 34 50
4 建替え計画-年 2017 2034 2043 2039 2071  
5 改修-建替期間-年 - 12-建替 17 16 - 15
6 施設寿命期間 56 69 68 70 69 69

 

3.「改修期間」- 「高小」-「56年」で建替え、他の学校は「施設寿命-70年」として解体計画は …

   「平等公平な教育環境の整備」という視点からも逸脱の残念な施政では …?

⇒ しかも「高小」の「校舎別」の建設時期をみると「南校舎」だけ古く、まだ「20年超」は利用可能 …?

・利用可能な施設を「早期解体」は典型的な血税の浪費です - この負担は後世の市民に押付けです

・「高小」以外の学校は「施設寿命-70年」を適用遵守も疑問です …「最低-80年」があり方です

  高浜小 南校舎 北校舎 中校舎 体育館 合計平均
1 建築年度⁻年 1959 1966 1985 1970 1970
2 築-年 (2017年) 58 51 32 47 47
3 延床面積-㎡ 2,873 2,002 801 1,830 7,506

●「平均-築47年」で建替は「施設寿命-半ば」で早期解体であり浪費 - これを倍額-50億円建設は裏切り

 

「学校」は「耐震強度」も確保されてます - 血税投入の耐震補強工事も早期解体はもったいない

f:id:t2521:20200713231430p:plain

 

5.「改修から建替期間」が「高取小」「港小」「吉小」は「約15年」で短期の建替えも不可解 …

「財政困窮」と言われ「倍額建設」「水増し建設」を強行され「短期建替え」も業者優遇策では …?

 

・ また不適切な「建設計画の隠ぺい」-「一社独占工事」-「高落札率」を継続-繰返しでしょうか …?

・「短期建替え」は「毎年-2億円」を廃棄の浪費です - 「財政削減」とは矛盾の施政を強行されてます

 もう「スクラップ&ビルド」の時代では無いのです - 旧い体質からの脱却が新生高浜の道です 

 

●「平均-15年後」に解体の学校に「30億円投入」は、まったく、理解出来ない浪費の計画です

    高取小 港小 吉浜小 合計・平均
1 改修-建替期間-年 12 17 16 15
2 大規模改修-百万円 1,050 830 1,090 2,970
3 償却廃棄額-百万円 88 49 68 204-廃棄

 

 ⇒ この改修単価 - 全て「17万円/㎡」は、最低-約2割増し -  つまり「計5億円」の水増しは不適切 …

 

・このように「建設費」は水増し、「学校」は不公平と浪費の連続 …

  この施政感覚は常軌や無謬を逸失していることは明らかです

・議会も「行政賛同」だけで「監視機能」を失っています 

 

 今一度、立ち止まって、市民参画の基に計画再検討が必要です 

 残念な施政を更生は「市民力」しかないようです …

 「高浜」を未来に繫ぐため、市民監視を続けたいと思います

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸