t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 情報隠ぺいと不公平な学校建設 Ⅳ (縮充) 

「高浜」の公共施設 - 管理計画は疑問と不信しかないのは、市民として残念しかありません。

・適正適切な血税の行使が行われ「財政削減」されているとも、とても思えません…?

⇒ 「財政削減」と言われながら、実態は「財政浪費」が繰り返されているのです

・今までのブログをまとめてみたいと思います 

 

---「公共施設」の実態 ---☆--- 

「中央公民館」を民間分院からお願いされたと「築36年」で解体 - 「壊したほうが安い」と説明

一方「財政削減」のためとし「施設管理計画」では「施設寿命-70年」に延長 (*他市-「80年」を多用)

・ところが、実態は「建替えてから長寿命」とは「浪費の繰返し」であり詭弁です

 

● 「旧庁舎-築40年」は耐震性が低い -「耐震補強」は補強壁が職員の移動が困難と「狭小-リース-20年」

結果 - 職員収容できず組織分割 - 4百m先の「いきいき広場」に移転は、更に、非効率を強行の矛盾

  更に「30億円-落札率-99.99%」の疑問 - 「20年-独占管理」は、30年に延長の可能性が濃厚も不可解

 

● 「高小-倍額-水増し-50億円」は裏切りです。「縮充」と称し「市民施設」の面積を約7割-削減

結果 -「集会施設」は「20室」から「3室-150㎡」-「カラオケ.ダンス.軽運動」禁止は機能も削減

・市立小学校 - 高小だけ建替え - 他校は改修を経て建替えとは公立学校の「公平平等」は崩壊

 

更に、現工事の見積に「総務省-単価」を流用は不適切な「水増し見積」-「約2割」も増額の浪費

 (*「高小-水増し-50億円」であれば「巨額-10億円」もの無駄遣い - 更に一社独占工事の仕掛け )

⇒現在-「施設面積-全国最下位」-これを更に狭小化しないと財政破綻とは財政運営の失敗を市民に押付け

 

「青少年ホーム-築42年」で解体 - 「民間プール会社」に残土処理をいつの間にか「倍額-2億円発注」

実態 - 事前に「産廃会社が約9千万円」で落札 - なぜ、再入札が基本なのに別途契約で倍額 …?

 

●「学校エアコン」も碧海五市- 最後に設置決定 - その発注額「3百万円超/教室」は「碧海五市-最高額!」

他市と比較し「百万円」の札束付で発注は「財政浪費」- ガス式選定の根拠も希薄 - 投資回収も疑問

 

●「こども園」建設では「残土処理」まで、工事資格のない「幼稚園-運営社」と契約発注は疑問です

 

国内唯一の「かわら美術館-築25年」- 建設から運営まで「90億円投入」- 近々-民間譲渡は失敗の証し!

 

 このように不可解な工事発注、施設管理の失敗が次々と湧いてくる「高浜施政」は残念しかありません

 表面は「財政削減」、裏側は「財政浪費」の財政運営は裏切りです

 

--- 「施政-監視」の経験から ---☆---

●「中央公民館-早期解体」問題の署名活動を通じて「施政」の情報収集の機会を持つこととなりました

・「情報公開請求」に始まり「監査請求」「住民訴訟」「議会傍聴」等に参画し、率直に感じたことは …

「施政に無関心」な市民が多いためか、実に強引 - 「高浜を私物化」と感ずること多々あり …

 

●「議会構成」も問題です - 「保守系」議員が過半数を占め「監視機能」が欠落で行政方針に賛同だけ …

 (*先年「保守系クラブ」退会の議員-2名 ⇒「行政方針」に反対は「退会」- イエスマン議員だけ在籍 ) 

 

  次回から「住民運動」を通じて感じた疑問点を取上げたいと思います

 

   総じて「信頼信用を裏切られた感覚」を持つに至っています

    施政実態は常軌や無謬を逸失していることは明らかです

  

  市民は、後世の高浜のため施政への関心や意識を高める必要性を

  強くしています 

 

高浜市民」として「後世」に悔いを残すことは避けたいものです

 

   (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸