t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

忙中閑 - 新聞からの疑問

ブログ記事-難航のため、最近の「中日新聞」記事から気付きや思う事を羅列させて頂きます

 

 ● 「知立のホール-貸出料 割引き」-「最高級のピアノを手軽に」 

・「納税」は同額同率なのに、「高浜」は、このような文化的で粋な、公共施設-利用企画は出来ません

民間分院-大事の施政は「市内唯一のホール」を早期解体-強行 - 全国最下位の公共施設の環境です

・高小-体育館が代替ホールでは、平日、3カ月間もの長帳場、一般開放は出来ない施設に-50億円投入

   

    中央公民館-早期解体は「高浜」の文化の灯火も消えました - 公共施設-最下位は文化不毛の街づくり

 

f:id:t2521:20200717231923p:plain

 

--- 「避難所」問題 ---☆---  

●「避難所-収容しきれず」- 「高浜」は、過去の避難実績から避難所の収容数は十分と判断の模様です

不足時は「学校-教室」も避難所とする方針のようですが、安易過ぎと感じています

・「大災害」が起こってから考えるでは、遅いのは明白です - 市民が犠牲の施政は過ちであり裏切りです

 

・「避難所-収容数」を記します - これで十分とは思えません。特に、吉浜学区は悲惨です

「吉浜」は「学校」も「避難所」も「下水道」も後回し - 不公平な施政を強行の証しです 

 

・「緊急避難所」は公園や校庭、「指定避難所」は体育館や公民館 - 梅雨時、雨天は屋根が必要

現在の避難所では「市民 - 実質-約2千名 -4%」しか夜露をしのげない - 過酷な車中泊は必然か …

 

学区-人 人口 緊急避難所 収容率 指定避難所 収容率 指定避難所-無い町内
高浜 10,422 15,652 150%   525  5.0% 沢渡-高中有り
高取 8,191 13,012 159%   710  8.7%  
吉浜 13,011 14,008 108%   380  2.9% 八幡-小池-呉竹-芳川
7,223 15,095 209%   838 11.6%  
10,288 18,981 184%   723  7.0% 豊田
合計 49,135 76,748 156% 3,176  6.5%  

 

●「収容数」は施設の「床面積」を「避難者-3㎡/人」として単純計算値 … 適当でいい加減の不適切 …

・実際には「共用部」「通路」、今回の「コロナ」では「4㎡/人」とされ、実質-収容数は「半減!

「明日」来るかもしれない「大地震」に対して万全の準備構築とは思えないのが残念と不安です

 

f:id:t2521:20200717231949p:plain

 

「避難所」は生命の安全安心の砦です

     大山公民館の閉館 - 空調機能-停止措置は、この砦を破壊同然

   災害が起こってから「手配する」では市民が犠牲です

  「公共施設-面積最下位」は市民の生命も軽視の危険な街づくり

 

    (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸