t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり

前回のブログで取り上げたように「駐車場」でさえも「矛盾」と「裏切り」で強行されています…

「公共施設」も同様に強行されていることは「破壊」のまちづくりであり「高浜」の未来は危ない…!

 

・先日、隣街を走っていて「防犯カメラ」の設置数が「1,200台」を超えたと表示されてました

「市民」の安全安心に配慮されている証しと思います。一方「高浜」は非公表 - 推定-12台程度では…?

・「民間分院-60億円補助」を優先の施政は疑問ばかり … 過ちの施政強行は市民が犠牲です 

f:id:t2521:20200813094427j:plain「交差点」や「踏切」に設置のよう

 

--- 「公共施設」の削減 ---☆---

●「公共施設」は、市民生活の快適性向上のため充実があり方 -「高浜」は「縮充」とやらで「施設面積

 を削減強行」されてますが、この財政削減効果は「建設費-倍額」では破綻であり、市民を裏切りです

 

<早期解体は浪費であり、後世の市民の施設利用の権利も剥奪です>

・「市民ホール-築36年-早期解体」- 代替施設は無し -「隣街」の施設を大いに利用を推奨とは無責任 …

・「旧庁舎-築40年-早期解体」-代替施設は「狭小リース庁舎」-契約-20年 - 30億円を早期解体の浪費…

「小学校は縮充」対「市中心施設の「庁舎は分離分割」-「縮充」に反する矛盾は裏切り同然です

 

・「高小-倍額-50億円」-「市民施設-たかぴあ集会室-150㎡」は中央公民館や大山会館等の「面積-3%」

つまり「▲97%」も面積削減したのに「倍額-50億円」を投入は「財政効果」は破綻の施設建設…

 

<公共施設の疑問>

● 「市」は「施設面積」を削減しないと財政破綻すると「縮充強行」ですが「高浜は-削減済み」では…?

東洋大学が2012年に公表された「自治体別人口・公共施設延床面積リスト」から引用しました

 [検索] :  https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/9620.pdf

 

<人口-4.2万人~4.5万人> - 2010年当時

●「高浜」の公共施設は、人口同等の街-19市で、市民一人当り面積 -「2.9㎡/人」は「全国-最下位

これを更に削減が必要とは財政運営の失敗を市民に押付け-民間分院に過剰補助-60億円が原因では…?

 

f:id:t2521:20200813105322p:plain

 

● 上表の下から「2番目」が「高浜」- 施設面積-全国最下位 - これ以上の削減は「市民生活が犠牲です」

恐らく「早期解体」で現時点では「高浜 - 2.5㎡/人」程度かと … 更に「狭小」強行とは破壊では ?

・他市は、なぜ、高浜の数倍の施設面積でも運営できているのでしょう … 見習って頂きたいものです

 

<学校建設の疑問>

●「市」は「公共施設推進プラン」を公表しています -「高取小」を参考までに掲載しました

 

f:id:t2521:20200813120901p:plain

 

疑問は「大規模改修-R4年-11億円」-「僅か9年後-建替-R16年-21億円」- これが財政削減でしょうか?

・これと同様に「港小・吉浜小~高中・南中」も「改修後-極めて短期で建替え」を繰り返す浪費計画…

「総額-264億円」「市債-160億円」という巨額を僅か数十年で投入、借金返済は後世にお任せ…?

 

しかし「市」は施設建設のあり方として「長寿命」と「財政削減」を目標としています…真逆の計画…

・疑問 - 改修費や建替え費を「割高-総務省単価」を流用 - 直近の施設建設費に流用は不適切であり浪費…

⇒「総務省単価」は、実際の建設相場より「2~3割-高額」を流用は浪費の仕掛けかもしれません …?

 

<総務省単価>

・未来-40年先の公共施設の建設費をシミュレーションする仮の単価です。建物構造を問わず、用途だけ

 で分類し「施設面積」に「単価」を掛けるだけ - 僅か「数十秒」で建設費を試算できる目安額です。

この金額を基準に、具体的な「施設建設費」とするとは乱暴な浪費であり、当然、不適切です 

f:id:t2521:20200813140618p:plain

      (*例えば「高取小-施設面積-6,061㎡」×「学校系-大規模改修-17万円」=   10億30百万円 ) 

●「公共施設のあり方」-P.132-には下記のように記述されてました

-「大規模改修の単価は、6割と想定して単価を設定し、建替えに伴う解体、仮移転費用、設計料等については含むものとして想定する」- 公共施設推進プランは「設計費」は別見積となっています-暴政の証し

⇒「公共施設のあり方」は現在、検索不可能な設定となっています - 不利な情報は隠ぺいの施政です

 

--- 「公共施設推進プラン」の疑問 ---☆--- 

「公共施設のあり方(案)」- (現在、検索不能) -P.88~に「施設保全 - 長寿命化」について記述されてます

 

<長寿命化> 

f:id:t2521:20200813155148p:plain

 

この様に「財政削減」のため「施設保全方針」は「長寿命-70年」とされてます。 (*他市は80年…)

・上表では「長寿命」のため「施設保全」は「築18年と53年-中規模修繕」「築35年-大規模改修」「築

 70年を建替え期」とし、定期的、計画的な施設保全をあり方を目標とされています。

・これによれば「小学校群」はちょうど「第2回目-築53年」の「中規模修繕」の時期に当たっていました

 

ところが「高小-建替え早期化」- 基本方針を逸脱の「建替え」により、バランスをとる為でしょうか、

 他校を「財政削減-中規模修繕」ではなく「大規模改修」にて推進とは「矛盾」であり「財政浪費」!

いったい、何のための「公共施設のあり方計画」なのでしょう…?   矛盾と浪費が蔓延しています

 

  高浜小 高取小 港小 吉浜小
竣工年 1961 1965 1975 1969
二次修繕年 2013 2017 2027 2021
施設計画-予定 2017-建替 '22-大規模改修 '26-大規模改修 '22-大規模改修
事業費-億円  50  11  8  11

   (*「翼小」は、当初の計画通り「2036年-大規模改修-18億円」の予定です )

 

・「建替え周期-70年」であれば「高浜小」の「建替えは2031年」-14年も早期化は不公平な教育施設

このような不公平な教育環境を市が主導して構築は不可解 … 憲法の精神にも反する施策では…?

 

・他校は「大規模改修-30億円」- 9年~15年程度で解体-建替えは余りにも血税の浪費であり不適切…

せいぜい15年程度の短期間であれば「必要な所を中規模修繕」では、いけないのでしょうか…?

  

  いずれにせよ「合計-260億円」もの大事業です - もう少し丁寧で誠意ある説明を戴きたいものです

「行政と議会で決める」は余りにも傲慢であり無責任では…

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸