t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり - 百年の大計 Ⅳ (虚構)

●「公共施設」は「百年の大計」をもって検討すべき時代になったと思われます - 公共施設寿命-百年時代

・土木技術や建築技術・材料技術の進化により施設等の長寿命化が可能になっているからです

よって「高浜」の築40年程度の早期解体は施設寿命の半ばであり、市民の財産を早期破壊は暴政です

 

最近、特に、気になる施設は「かわら美術館」の今後です

・「市」は市民には説明もされず「行政と議会で決める」と暴政強行を隠蔽推進のようです

<公共施設推進プラン>

f:id:t2521:20200831093744p:plain

・計画では「H28年~あり方検討」となっているようですが全く検討情報を非公開で隠ぺいされてます

・同施設は「H7年 (1995年) 完成 - 築25年」で「機能変更・民間譲渡」は暴政失政の証し…

・漸く借金返済終了の直後に「民間譲渡」で、後世の市民の施設利用の権利は確保されるのでしょうか

 

<かわら美術館-投入予算> *大略的な投入推測額

●「かわら美術館」は、血税-総額-90億円もの市内最高額の巨額投入の施設。

・年間来場 - 約3万人弱  (*旧中央公民館-8万人の半分以下)

  建設費 運営維持費 美術品-購入  合計
かわら美術館 約40億円 約40億円 約5億円  約85億円~

 

「かわら文化や産業促進」に如何なる貢献効果があったのか … 余り説明も聞いたことがありません

この施設の「財政効果」や「貢献効果」につき説明責任を果たされることも責務と思われます

 

 このまま済し崩し的に「巨額-90億円」施設を説明もされず「民間譲渡」を強行は暴政失政の証しでは?

 

----------------------------☆---

● 市民五万人の未来-百年を預かる使命の重大さに気づかれていないような施政運営には失望ばかり …

・「無謬 (むびゅう) 」という道は厳しいものです - 今の施設計画が過ちは明白 -「高浜-百年」の損失

これを一時の利害損得だけで判断こそが過ちの始まりでした … どうされるおつもりでしょう

・後世の市民に任せたでは余りにも無責任 - 施設計画のずさんな実態は残念しかありません…

・新施設の使用料も「倍額設定」は、市民サービスの欠落であり裏切りです

 

----------------------------☆---

先回は「情報操作」「情報非公開」を駆使され市民の無知化を図る施政運営の危険性を指摘しました

・今回は、市民に対するものではなく「施政内部」の構造的な仕組みにつき不安要素を検討します

「施政は行政と議会で決める」とされてますが、実態は議会は行政に右倣え … つまり行政が問題 …

 

最近の大問題は「公共施設を早期解体-倍額建設-強行」-「財政削減」と言われ「倍額建設」は裏切り

・市は「人口推移」につき、公然と「ウソ-説明」を強行し「早期解体-倍額建替え」は業者支援策では…?

⇒「公共施設あり方計画」の「長寿命」から「縮充建替」の順序を早期解体を先行は管理方針から逸脱 

 

「公共施設」-「早期解体-倍額建設」は「市民と高浜」を犠牲とする裏切りの施政のようです…!

「虚構」の説明で強行は、とても「高浜-百年」を目指された "まちづくり" とも思えません

 

--- 「公共施設のあり方」の逸脱 ---☆---

1・「高浜」は、国内でも稀有な若い街のようです。人口推移も「大きな減少は無く緩やかな漸減傾向」

「生活ガイド」-「将来推計人口指数 (2045年)」-「高浜 - 112.3 - 全国-14位 (815市区) 」の街

 

このように人口増が予測されている街が破産とは「財政運営」が劣悪では … 確かに浪費三昧の施政

近年、施政は、この負担を市民に強要が間違っているように思います … 失政のツケを市民に転化 …!!

 

2・「公共施設面積」は同格の自治体では「全国最低」の我慢を、市民に数十年も強要されてきました

・近年、「早期解体」「狭小化」の負担を強いられるのは、更に重ねて失政のツケを市民に廻されてます

    (*とても民間分院に「巨額-60億円」もの財政補助が出来る状況ではないはず - 背伸びしすぎでは …)

 

<公共施設の一人当り面積>   *2011年-東洋大-調査資料

f:id:t2521:20200813105322p:plain

 

● 上表-人口-42.5~45千人-19市 -「高浜-2.9㎡/人」は最低!! - 近年、早期解体で「2.5㎡/人」と推測

もう「施設-狭小化」は「文化的、快適な市民生活」を破壊してます

・それほど財政的に困窮であれば「ふるさと納税」等に更なる注力が施政のお役目ではないでしょうか …

 

<公共施設-一人当りの面積> *2011年-東洋大-調査資料

「高浜」の施設面積は、なぜ「全国-最下位、最小値」に転落しなければならないのでしょうか …

f:id:t2521:20200901100507p:plainf:id:t2521:20200901100537p:plain

 

 民間分院は巨額補助-60億円、施設建築は倍額-80億円、ふるさと納税-8千万円 - 財政困窮は当然です

 この責任は「市民」でなく「行政と議会で決める」の施政にあるのでは … 市民に責任転化は無責任!!

 

--- 瑞浪市」にみる公共施設の実態 ---☆---

・「高浜」の姉妹都市瑞浪市」をご存知の方も多いと思います。

・「瑞浪市」-人口 - 3.73万人、「将来人口推計指数-68.9」対「高浜-112.3」

瑞浪市-公共施設-一人当り面積-4.81㎡/人」-「全国平均-3.6㎡/人」対「高浜-2.5㎡/人」

 

「高浜」は更に削減が必要 -「財政運営」の失政を市民に押し付け…

 

<公共施設を観光資源に>

   [検索] : 観光・文化|瑞浪市公式ホームページ

●「瑞浪市」は公共施設を観光資源とされています

  -「化石博物館・美術館・陶磁資料館・地球回廊」そして観光案内には「総合文化センー」も含め掲載

       告知されています。

・ 観光資源は地域環境もありますが「断然-瑞浪市が優位で魅力的」です。観光収益も大きいのでは …

高浜は「中央公民館」も破壊され、公共施設は「学校だけ」にする方針だそうです…

 

「学校」を観光資源に出来るでしょうか…?   「学校だけ」の街 - 不可解で魅力の無いまちづくり

「狭小化」で「市民交流館」も「体育館」も予約競争だけのまちづくり - 過ちと破壊のまちづくり…

 

 不可解な倍額-建設の「破壊」のまちづくりは今日も強行されてます

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)             つづく

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸