t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - リース庁舎 - 建設の疑問追記

高浜は「財政削減」の一環とされ、全国でも稀有な「リース庁舎 - 倍額30億円」を採用されました

・しかし、未だに「狭小-リース方式」は、デメリットを感ずることしかなく疑問です

今回は「資料」を提供し、皆さんに考えて戴く機会にしたいと思います

 

<リース建設>比較

庁舎施設 延べ床面積 建設費 コスト/㎡ 施設寿命 備考
狭小-リース 3,668㎡ 16億円 44万円/㎡ 20年~30年 組織-分割
旧庁舎-改修 7,674㎡ 19億円 25万円/㎡ 30年~40年 組織-一体

「建設費」として「施設分」のみ抽出 - 維持管理費等は除外しています

「公共施設のあり方」として「施設寿命-70年」とされながら「旧庁舎-築40年」で解体は暴政では…

・「リース方式の規定」とはいえ「築後-20年間」- 修理維持を独占 -結果「血税-倍額30億円」を投入

比較表からも「旧庁舎-改修」が優位であることは一目瞭然では…

 

<外観比較>

手前> 「旧庁舎」・奥側> 「リース庁舎」

 

f:id:t2521:20180302003728j:plain

 

<財政検討> 

「公共施設推進プラン」を作成されながら「建設基金」の積立を怠りは施政としていかがなものか…

「公共施設-3百億円事業」を周到に準備とは思えない状況も疑問…

 

・「庁舎-着工-H27年11月」-「公共施設基金」は前年比-1億円増のみ - 庁舎建設は思い付きかも…?

多くの自治体が「公共施設<庁舎>- 建設準備」-「十年程度を要して数十億円相当」を積立のようです

 

・その間「市民参画」を図り、施設への意見要望を把握されますが「高浜」は施政の独断独善で決定…

建設の進め方も強引 - 市民無視で「実施方針を公表 - H26年5月」- 2週間後「業者説明会 - H26年6月」

 

f:id:t2521:20200912124634p:plain

・庁舎の賃貸契約は「27年度」、入居開始は「28年度-H29年1月」- 基金増加も利用されていない… 

 

<市債発行>は漸減傾向

●「市債<借金>」は順調に漸減傾向 - 庁舎改修に「基金」と組合せ利活用出来なかったのか…

「学校建設」では「基金と市債」を組合せ、財源手当てを強行されているようです 

つまり「庁舎」を「リース方式」とする理由根拠が理解出来ません

 

f:id:t2521:20200912131413p:plain

・市債も削減に注力され「リース開始」のようです - しかし「市債-削減」できる財力がある証しです

やはり「リースありき」の庁舎-建替えだったのでは … そこまでして浪費の理由は不明ですが不適切 

 

----------------------------☆---

・「財政削減」のなか「倍額-30億円-狭小リース庁舎」は有効な選択だったのか…不可解です

 「リース方式」とする根拠が希薄です- 必要のない「倍額-リース」…

 

・この視点に立つと「高小-PFI-50億円建設」も疑問に思えてきます…

・「高小」-支払い方法をみると「校舎建設-3年間」で「建設費-37億円」は支払い済みとなります

分割均等払いは「学校-維持管理費-年間約9千万円」を15年間支払い…「財政削減効果」は浪費…

 

・疑問は「新築当初から、毎年、定期的に壊れるものでしょうか…」- しかも、旧高小の倍額 …

     (*例> H28年 -「小学校維持管理事業-約2億円」- 一校当りー約4千万円… ) 

・「15年間-維持改修費の試算根拠は… 」

    (*「庁舎も20年間の維持管理費の適正性の根拠は… 」)

これらを「一社独占」のメリット、費用対効果は … 公共施設のあり方として疑問です…私物化の証し

 

<維持運営費>

● 理解出来ないのは、従来、高浜総合サービス業務も全て「リース会社」に移管のようです 

二重の管理経費となるのでは…リース会社から総合サへ外注? - 維持管理費は「9.4億円 (20年間)」

・驚きは「清掃費-約2億円」-年間9百万円- 床面積-半減なのに、旧庁舎と同額は疑問しかありません

 

f:id:t2521:20200913101038p:plain

 

●「リース庁舎」の「保守管理-1.3億円」+「設備保守管理-2.1億円」=「3.4億円」= 年当り-17百万円

・「高浜小」-面積は「11,778㎡」と庁舎の「約3.2倍」なら-「高小-維持管理費-54百万円」が相場…?

実態は「高小は、更に-約86百万円」と「庁舎の-1.6倍」は、やはり血税の過剰な浪費では …

 

----------------------------☆---

●  なぜ、庁舎を恥ずかしい「リース」とされたのか … 市民の精神的な「誇り」はズタズタです

・市にとって、市民にとって、どのようなメリット、恩恵を得ることが出来ているのか

現状では、他市の市民から笑われ、庁舎が分割され、窓口二カ所 - 訪問も面倒で非効率…

・世の中は「ワンストップ化」の時代に逆行の高浜は進歩的なのでしょうか…

 

・判明は「維持管理」を長期にわたる一社独占は「血税負担-倍額」となる悪習悪癖ということ…

「財政削減」と言われながら「倍額」で市外業者への発注は自治体のあり方からも逸脱では…

  

 自治体が自ら市外業者を指名斡旋は地元還元を避けている証し…

  納税者ファースト、市民ファーストの原理原則をも失念されている施政は残念しかありません 

 

「市庁舎-リース」はどう考えても不可解で不便な施設です、残念… 

 

 (最後まで、ありがとうございました)  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸