t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - リース庁舎 - 建設の疑問 Ⅱ

判明は、財政的には「施設基金-10億円」もあり、「市債も毎年-5~6億円返済」の財力を有すること

⇒ 15年-20年-「長期維持管理」を全面丸投げにより、施設費用が「倍額-独占」となる仕掛けのようです

・この不適切な財政投入のため「リース」「PFI」という特定業者が独占方式を採用は裏切りです

・結果 -「支払い均等化」と説明で、一挙に「倍額-80億円」もの血税投入を強行は暴政の証しです …

  (*「市庁舎-狭小リース-30億円」「高小-PFI-50億円」等々の維持管理-独占-倍額建設は おかしい  )  

 

--- 「市庁舎」の仕掛け ---☆---

市庁舎も「大規模改修」であれば「17億円」投入が「リース」は「30億円-倍額-独占」の仕掛け…

この過ちと裏切りの「公共施設建設」-所謂「ハコモノ」の不適切な実態を後世に残したいと思います

 

**************************

高浜の「リース庁舎 - 倍額30億円」の財政効果は疑問しかありません

・知れば知るほど「狭小-リース方式」を採用の理由や根拠が希薄です。

必要のない、過ちの「倍額-リース庁舎建設」の浪費の経緯をご確認頂ければ幸いです

 

 ---「公共施設のあり方」方針から逸脱 ---☆---

H26年 -「公共施設のあり方」と題して「公共施設の管理方針」を立案構築されました。

「財政削減」のため、公共施設の寿命の長期化を図り、従来-60年を「70年」に延長を制定…

 (*他市は「80年」を多用。高小を早期建替え強行が原因で、他校も早期改修が必要と70年と推測 )

 

・ところが「旧庁舎」を突然「耐震強度が不足」と緊急的改修の必要性を打ち上げられました

・これを契機に、なぜか「従来-施設寿命-60年」を持出してリース比較検討されたのです… (裏切り-1)

   (*解体 -「庁舎-築40年」「中央公民館-築36年」「青少年ホーム-築42年」「大山会館-築34年」「体育c-築43年」と不信の連続)

 

<「庁舎の要求水準」より >

・初めから「リース」の仕掛け… 当時、旧庁舎は築40年。施設寿命を「長寿命-70年」と決めた矢先

「リース」ありきの建設計画を強行のため「寿命-60年」で検討 … 結局-「倍額30億円リース」…

f:id:t2521:20200913143952p:plain

f:id:t2521:20200913144030p:plain

 

●「仕様」に「33億23百万円」以下と明示し、結果「38万円-0.01%」も安価と契約 - (裏切り-2)

高浜は「市民には厳しく、業者さんには優しい施政」と揶揄する所以です。

 

・結果 -「公共施設-庁舎」建設を「血税負担-倍額-一社独占方式」を選択の仕掛けは裏切りです …

庁舎施設 面積 市-見積額 施設利用期間 年当たり 備考
狭小-リース 3,668㎡ 16億円 20年 80百万円/年 組織分割
旧庁舎-改修 7,674㎡ 19億円 30年~40年 63百万円/年 組織一体

・旧庁舎-改修なら「面積-倍」「利用期間-倍」「血税負担-半減」「組織-一体」と良い事だらけを否定

・想像ですが「計画」を見ていると「リース庁舎」を「更に延長」の気配も感じます - 不適切な施政

 

----------------------------☆---

次に「事業費見積 -33億円」は適正適切でしょうか … そもそも「狭小-3,668㎡-半減」も裏切り-3

肝心の「職員-収容面積」が不足となり「組織-分離分割」は、市民生活を犠牲とする失政の証しです

 

<旧庁舎の大規模改修費の水増し> - 総務省-シミュレーション単価を採用

・ 市の見積は「水増し総務省単価」を採用 - この単価に床面積を掛けて建設費を試算し「19億円」

f:id:t2521:20200913150958p:plain

 

<リース建設> - 実相場との比較

・「国土交通省 -建設着工統計」から当時、実際の建設相場を確認し「建設費」を試算してみました

庁舎建設費 面積 実相場 建設費相場 市-見積額 差額
狭小-リース 3,668㎡ 25万円/㎡ 9.2億円 11.0億円 1.8億円増
旧庁舎-改修 7,674㎡ 22万円/㎡ 16.9億円 17.5億円 0.6億円増

 

 ●「実相場」に対し「市-見積額」は、旧庁舎-改修費もリース建築も「水増し」されているようです

 ・「建設費」だけ比較でも「旧庁舎-建設費」は「約60百万円」ほど増額 …

・更に「リース-事務所」も「約1億80百万円」ほど。単純計算では「約2.4億円」の水増しの可能性…

これほど「水増し」の見積なのに、「落札-▲38万円安-落札率-99.99%」は異常 - (裏切り-4)

・市は、これら相場を無視され「要求水準書」を作成し「リース-採用」を決定は浪費と裏切りです

 

● 判明は「旧庁舎-大規模改修」が適正適切であったろうに「狭小-リース」を選択されたことは不適切

・後世の市民に対し「20年後」-「市独自に庁舎建設」の予算 -「30億円規模」の高負担を課すこと

大規模改修であれば「準備期間が30年~40年」の長期となり負担軽減を図れたであろうに…

     (*もう、その準備は必要なくなると言われる方もみえますが、準備の万全化は必要です )

  後世の市民にも厳しい施政は失政であり裏切りです

 

・また、先日掲示したように「全国-最低」の職員数を是正しようにも、狭小-リース庁舎では対応困難

⇒ 高浜施政 - 20年停滞の根源が「リース庁舎」の狭さなのです

まさに「高浜」は負の連鎖に陥っています …  残念な裏切りの施政では市民-5万人が犠牲です 

 

「大家族」宣言され、実態は市民不在の施政を強行の暴政です 

 

----------------------------☆--- 

参考 <旧庁舎-建設見積>

この資料も一時、公開されていましたが、現在は「検索」しても"非表示" 。隠蔽されています

f:id:t2521:20200913161350p:plain

 

参考 <狭小-リース庁舎-建設見積> 

f:id:t2521:20200913161324p:plain

  

 

「市庁舎-リース」はどう考えても納得しかねる浪費の施設です…

  良い街はマネをしないで頂いたほうが賢明です 

 

 (最後まで、ありがとうございました)  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸