t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 縮充計画の矛盾 Ⅱ (学校)

高浜では、様々な「公共施設計画」がありますが、事前に「建設計画図」等を知る事はできません。

・建設契約等の決定後しか図面公表されない施政は「市民不在、市民無視」の施政方針を強行されてます

他市では「計画図」を事前公表され、計画図段階で「市民意見-募集」という案内事例を見る事も度々

・残念な「高浜」では「決まりました、決めました」しかないのです… 市民参画-無視…

 

今回「高浜小学校」も「縮充-倍額-50億円建設」を強行されています - この事前説明会は保護者限定…

施設機能に「地域交流機能」という全市民対象施設も含まれているのに「説明-限定」は不適切では…

 

・「建設費-倍額-50億円」は、市民全員の負担であるのに「説明対象を限定」は私物化の証しです

「保護者対象」の説明会は、建替えの直接の受益者であり、当然、反対意見を排除する仕掛けの様です

・きっと報告書には「保護者も児童も歓声を上げて大喜び」で賛意を得たと表記されたのでしょう…

 

---「市内-小学校」の施設概要 ---☆---

市内の学校は「市立」であり「義務教育」であり、平等公平な機会環境の提供があり方と思われます

・また「学校施設-建設」の周期は「70~80年」であり、建替えは、未来提案の建設とすべきです 

少なくとも「半世紀先」の教育環境の形成構築を目指すことが教育施政の役割と思います

 

H14年 -「高浜市立-翼小学校」が完成しました。

・見学会が開催され、「他校区の保護者」から羨望の的になったと聞きました。数十年後の「市立小学校」の建替えを夢に描いていたものです。そして「H31年4月」…

・「高浜小-倍額-50億円」施設を見学し、この「夢」が破れ落胆です。「懐かしい校舎形態」に失望 …

高浜の未来の教育環境のあり方の提示提案無く、昭和の教育環境を踏襲だけの施設建設と感じたのです

・「高小」は、昭和期の学校形態に逆戻りの施設建設となったようです- これでは倍額-50億円をドブに…

 

それは、学校施設の平面図をみても一目瞭然かと思います。下記に掲載します

 

<「高浜小」-倍額-50億円施設 >   -*昔の学校形態を踏襲です  

f:id:t2521:20200918125024p:plain

● 教室を並べただけの平凡な配置例 - 倍額-50億円もなぜ要したのか、疑問と疑惑しか浮かびません。

・高小-見学者からも 「"わが校" も 高小」にと言う声すら聞くことはできませんでした

 

<「翼-小学校」> *しかし高浜の先進的校舎は「翼小」に実現されていたのです - 見学者の羨望多数 

f:id:t2521:20200918125341p:plain

 

●「エレベータ」も設置され「人に優しい学校づくり」のようです 

 

 <「翼小-体育館周辺」>

f:id:t2521:20200918125528p:plain

 

実に「体育館」と「中庭」、そして「ホール」へと連続的に結合されている施設は感動すら覚えます

 

なぜ「翼小」という経験実績がありながら「高小」に反映されず時代に逆行施設を倍額建設されたのか

市民の期待を裏切ってまで「業者優遇の一社独占-50億円建設」を強行は裏切りの施政です

 

● やはり「職員数-全国最低」の弊害が施設計画のみならず「教育施策」まで及んでいるのでは…

目先の「人件費-削減」に目がくらみ「高浜-百年」の構築が手つかずで施設計画を強行は失政です

 

「公共施設事業-300億円」の浪費は「高浜-破壊」の施政では…

 

●「翼小-建設費」は確かな資料は有りませんが「推定-25億円」程度で建設と思われます

「高小-倍額-50億円」は、法外に高い買い物 -「浪費」の証しのシンボルです

 

  <施設比較概要> *高小-建替え前 - 建替え後-床面積は14㎡/人に拡大は高小だけ優遇の不公平

●「学校-格差」も一目瞭然 - 平等公平は当然の権利 - 不公平-格差を増長は過ちの施政では…

 

f:id:t2521:20200918133726p:plain

・他の小学校の建替え時期は15~16年先の話しの様です。現校舎の竣工時期は4~8年の差…

「高浜小」だけ、なぜ、早期建替えを強行されたのでしょう … 不公平な学校施設の管理計画です

 

---「教育のあり方」 ---☆---

●「高浜」の未来-百年を見据えた「施設計画」と合わせて「教育計画」が必要です

「児童」の鮨詰め教育を改め「少人数-教育」を実現は時代の要求でありコロナ禍の必然的な流れ…

・創造性と活力ある人材育成を - このため「大学-進学率」の向上を … 施政は教育助成制度の実現を …

 

<高浜の教育実態> 

●「教室」は鮨詰め/「大学進学率」は最低 - これが高浜の「人づくり」- 全国-最下層の教育施政

 

  刈谷 安城 知立 碧南 高浜 瑞浪
児童数/教室-人 28.0 27.3 25.6 27.0 28.2 21.1
全国順位   (全815)      62      88     156     102      57     437
大学進学率-% 62.4 55.6 67.6 31.4 24.9 62.5
全国順位   (全815)     144     264      84     673    712     142

 

市は「教育も注力されず」-「公共施設の借金は後世の市民が返すから大丈夫」と強行は子どもが犠牲

・名将「武田信玄公」の「人は石垣、人は城」は名言です - 職員も含め「人材」こそ「街の宝」です

「高浜」は学校しかない街だけど「教育は格別優等」と言われる街づくりに転化頂きたいものです

 

「子ども」や「市民」中心の "まちづくり" が あり方です

 

    (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸