t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「未来の高浜」の矛盾 (図書館-2)

 ●「高浜」では「公共施設を建設強行」となっています。本日「図書館」の機能移転

 の計画資料をようやく入手出来ました。今回、これをご案内させて頂きます

 

「高浜」の「狭小-リース事務所-庁舎-30億円」「高浜小-倍額-50億円」と浪費の

 ハコモノ建設強行は、裏切りと「高浜-破壊」に続く「不適切な計画」と判明です

とうとう強行計画が「破綻」を露呈となった様相には危機感も強くしています

 

<図書館-機能移転> 

・先回、大略的にご案内しましたが、より精度を上げてご案内したいと思います

疑問は「縮充」に反し「図書館」の分離分散-狭小化は図書館の機能も魅力も消滅…

 

・施設改修は、一般的には魅力向上が「図書館の図書室化」はいかがなものでしょう…

それも「分割配置」- 行く気にもなれません - それが市の狙いかもしれません…

 

「移転先」は-1.「いきいき広場」、2.「かわら美術館」、3.「併用プラン」

  開架面積 面積比 部屋数 書籍数 図書館比
現-図書館 577 ㎡    1   1 室 80,000冊   1
いきいき広場 267 0.46   3   8,660 0.11
かわら美術館 360 0.62   4 14,200 0.18

 

<1. いきいき広場-案>

いきいき広場 書架面積-㎡ 書籍数-冊 階層
ホール *335    210 2F
マシンスタジオ     92 3,550
こども発達B   175 4,900 3F
    267 8,660  

 

・疑問は「書籍数」が十分の一と圧倒的に少数 - これを適正とは詭弁です

・「書籍」に応じて「2F/3F」と移動距離が格段に延長

・「駐車場」「駐輪場」が十分にあるのか不安…これで手間取り事故誘発したり 

・「駐車料金」の発生や、「支払い処理」の煩わしさ…?

「マシンスタジオ」は、やはり「サブアリーナ」へ移転が適正適切でした-後の祭り

 (* 移転先は今後、調整とか… 後手後手 - また犠牲となる施設が出てきそうです)

 

<かわら美術館-案>

かわら美術館 面積-㎡ 排架冊-冊 階層
ロビー   80   2,100 1F
陶芸創作室 280 12,100 2F
講義室 *80 学習室 3F
  280 12,100  

 

● 疑問は「100億円」もの巨額投入の「美術館機能」は、廃止なのでしょうか

・「瓦のまち」の基本的な魅力要素である「陶芸創作室」は廃止のようです

 (*上手く利用すれば「高浜-観光」の目玉要素にもなったと思われ残念…破壊だけ )

その決定経緯は密室で決められたのか … 市民説明は無しで強行のようです- 私物化

 

●「かわら美術館-図書室」も書籍数」が「十分の二」と少数は魅力も無し

・「書籍-書架」は「1F/2F/3F」へ移動を要し非効率的な施設配置

・「駐車場」も少なく、遠くにあるとか?  ・「駐輪場」も十分にあるのか…

 

●「併用案」に至っては論外では…

「いきいき広場」と「美術館」の距離は「直線-約1Km超」- 時間も経費もムダ…

「市民」にとってどんなメリットがあるのでしょうか

 

・「庁舎や高小」は、業者優遇の「倍額建設-80億円」も投入されています。

   (*リース契約-「落札率-99.99%」-「38万円も安いと30億円契約は異常…」)

「市民」には「図書館」すら維持継続されない施政は歪んでいます

・施政方針は「縮充」-「集約」では…「図書室-分散」は、施設方針にも逸脱では…

 

・令和時代の施政のあり方は「私物化」ではありません

  「市民ファースト」こそが施政のあり方です

 説明責任も果たされず強行は「いいまち」にあらず… 

 

 「かわら美術館-100億円」の結果は「失敗」が明白

   行政と議会とで強行されてきた結果です

     失敗の最大要因は「責任」を取らなくてもよい制度

 

   無責任な「縮充-倍額建設」強行は「高浜-破壊」です

   今回の「図書館-移転」も施設集約に矛盾の分離分散

 体育センタに集約すべき「マシンスタジオ」移転も後手

 人口-5万人都市で「公共施設は学校だけ」も魅力無し

 

 公共施設面積-全国最低は、過ちの "まちづくり" 

     高齢化社会の時代に逆行は「高浜」- 破壊です

 

  (最後まで、ありがとうございました)  

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸