t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市庁舎 - リース事務所の疑問

● 改めて「リース事務所の建設費」等の財政効果を確認してみました。 

・当初、市は「リース建設効果」説明に下表を掲載は明らかな「虚偽」 - 現在、HPから資料削除

さすがに「ウソー説明」はまずいと思われたのか、竣工後は用済みと「証拠隠滅」は森友同然です…

問題は「虚偽説明」で「30億円-リース-20年」の市民損失は甚大

 

<リース効果-虚偽説明>  *事実は「市が整備-33.2億円」「コスト削減-38万円-0.01%」です

f:id:t2521:20200828103810j:plain

・「疑問」は、この「ウソ-説明」までして強行された理由は何か…いかなるメリットがあったのか… 

 

----------------------------☆---

「情報公開請求等」で入手資料を整理して再計算の結果 -「リース」が「高額」と思われます…

・当初「旧庁舎-大規模改修」は「33.2億円」(含む-光熱水費-2.7億円)とされ、より安価な方法として

  「リース」を検討され、結果「▲38万円」も安いと「33.2億円」で契約。

「床面積-半減」「建設費」や「支払い計画書」を確認の結果 -「リース」は損ばかり - 血税の浪費です

  市民を騙すことも平然と強行の施政は異常です - 高浜-緊急事態です

 

<不可解な支払い計画>

入手資料を基に整理してみました

f:id:t2521:20201023220941p:plain

・金額計算に間違いがあるかもしれませんが、「リース」が高額の可能性が高いようです…

  建設費-億円 仮設移転費 諸経費 維持管理費 運営解体費 合計-億円
旧庁舎 17.5 1.8   - 7.6 3.7 30.57
リース 12.1 4.6 4.0 7.2 2.9 30.83

 

・「旧庁舎-改修」の見積資料も、現在、市HPからは「検索-不可」の設定に変更されています- 隠蔽

・「リース」だけ「諸経費-4億円」も積上げは「大規模改修費」に合わせるべく調整工作の可能性も…

 

<建築着工統計から「建設費」を推計>

毎年、国交省は「県別に建築着工統計」を公表され、構造別・用途別の建設動向が分かります

・「建設物件数」-「建設面積」-「建設費用」が表記され、「建設単価」が計算できます

  建設費-億円 面積-㎡ 単価-万円/㎡ 統計-建設費  差額
旧庁舎 17.5 7,673 改修 18.5 14.2  3.3
リース 11.5 3,668 建替 22.8 8.4  3.1

 

この表から「旧庁舎」の改修費は「市-17.5億円」ですが「統計-14.2億円」と「3億円」水増し

・「リース」は「鉄骨造」-「市-11.5億円」ですが「統計-8.4億円」と、やはり「3億円」水増し

つまり「リース」は「合計-6億円」も水増しの可能性も無きにしも非ず…

リース-財政削減効果」は疑問です- そもそも同額未満で契約は過ち

  庁舎面積-半減による市民生活の被害は甚大です - 執務効率も低下…  

 

<不可解な点>     *「面積-半減」が「財源-削減効果」として現れてないのです

・「経費-保険料」    -「旧庁舎は年8.7万円」-「リースー年130万円」-

・「経費-一般管理費」-「リース -1億7千万円 - 20年」

・「経費-その他-内部金利」- 「リース - 1億7千万円 - 20年」

・「維持-設備保守管理」-旧庁舎は年8.8百万円」-「リースー年10.5百万円」

・「維持-植栽維持管理」-「旧庁舎は年13万円」-「リースー年90万円」

・「維持-清掃業務」-旧庁舎は年9.2百万円」-「リースー年10百万円」- 面積半減ですが…同額?

・「運営-電話交換」-「旧庁舎は年4.4百万円」-「リースー年4.8百万円」- 20年-システム進化無し?

・「運営-宿日直」 -「旧庁舎は年7.2百万円」-「リースー年7.9百万円」- 20年-システム進化無し?

 「リース」- 失敗は明白です - この失敗を市民に押付けは不適切…

・「リース」-「面積-半減」は不具合ばかり - 今後「IT」による運営合理化も採用計画無しは疑問です

 

<「床面積-半減」は「縮充」か?>

・「縮充」を掲げ「公共施設」を「規模は縮小」「機能は充実」と「早期解体と倍額-建替え」を強行…

・「庁舎」も「床面積-半減」しかし「全国-最低数の職員収容」できず、組織を分離分散は「反-縮充」

つまり「庁舎-建替え」は失敗です - 全国でも希な庁舎がリース-事務所-20年で解体に倍額30億円

 

・「機能充実」の「チャレンジ-コーナ」も、民間応募も無く「休憩室」も失敗の証し…

市民5万人に、この失敗建設の事務所を「20年間」も利用強要は不適切というか「いじめ同然」…

・「市役所-窓口」は「ワンストップ」があり方を「20年間」も施政の過ちを市民に背負わせることに

 

「高浜-縮充」施設を強行建設は疑問 - リースは不便で非効率な事務所

「高小-地域交流施設」も面積は「▲95%」- 高齢者の増加に逆行です

  まさに「公共施設」の削減は「破壊」の "まちづくり" となってます 

 

<財源-市債と基金積立>

●「公共施設」の更新計画を立案されながら「基金積立」の施政計画も努力が無いのも乱暴では…

結果「リース」や「PFI」という手法に - しかし「維持管理」を特定業者-独占は倍額の優遇です

 

・ 本来「財政削減」を大目標に開始された公共施設計画 - 結果は特定業者優遇の浪費の施策のようです

「財政削減」の方法は「長寿命」を図り、残すべき施設を選択し建替えを「早期解体-倍額建替え」

 総務省」の基本方針にも逆行の「公共施設管理」のあり様です

 

●「令和2年」-「市債-借金は180億円-増加」「基金は19億円-減少」は財政破綻に向かってます 

<市債-借金> *「借金建設は乱暴です」     <基金→貯金>  *公共施設-建設基金は「6億円」

 

f:id:t2521:20201023234832p:plain f:id:t2521:20201023234849p:plain

 

●「公共施設-ハコモノ」は、慎重な準備と、無謬の間違いの無い判断が必要です。

・「かわら美術館-築25年-100億円」投入で、今、「図書室化」を検討は「失敗」は明白

基金-準備」も無く「リース-30億円」「PFI-50億円」は乱暴 - 無計画な建設は無責任の連続

 

人口重心の一等地を無償-市民負担で手放し「公共施設」を解体強行で「民間分院」に奉仕は異常です

・更に「青少年ホーム-築42年」も「プール会社」のため早期解体 - 公共施設の寿命「70年」に逆行

    (*プール運営社を募集時「運営-20年」を「契約直前-30年」に延長も不可解 - 水泳指導料も5割増 )

 今、矛盾に満ち満ちた「浪費の公共施設-建設」はまちの破壊 - 市民の理解も納得もなきまま強行です

  

  市民は、この過ちの "まちづくり" に気づき、施政に関心を持つことが求められています

  この暴政、失政の異常は緊急事態です - 公共施設を「学校」だけの "まちづくり" も過ちです

  「職員数」も「公共施設-一人当りの面積」も「全国-最低」のまちづくりは市民生活も最低です

 

   後世の市民に、高浜の生活を自信をもって伝承したいものです

  

  (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸