t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 新高小施設-使用料の疑問

・施政の原資は市民の血税です-適正適切な利活用が施政の使命です- 浪費は裏切りです

 

●「市広報」- 20年 8月号に「高小-倍額建設-50億円」の地域交流施設の「使用料」を発表されました

⇒ しかし、またもや例によって「使用料-倍増」や「施設運営」変更の低劣化に戸惑っています

 

・市民有志は「値下げ」や「半面利用」の再検討につき「要望書」を提出しても却下 - 無視されました

民間分院に「お願いされた」と60億円補助 - 市民の「使用料」再検討の切なる願いは無視の施政

  (*この無視が高浜施政の本性 -「大家族」や「ちょっといいまち」はカモフラージュと痛感してます )

「市民生活の最大幸福」が施政のお役目 - これも放棄は過ちです 

   

<使用料>  *広報-20年8月号より

●「地域交流施設-サブアリーナ」の使用料は「倍額」、更に運営は「全面使用」だけ-「半面」廃止

f:id:t2521:20201026103121p:plain

 

・「体育館 (メインアリーナ)」は小学校用 - 市民利用は「土日限」- これが「メイン」呼称も過ち…?

更に「450㎡」でも利用可能と「半面-使用料-設定」は矛盾の施政 - 矛盾は市民が犠牲を放置

 

<現在の使用料>

●「体育センター-築42年」は「半面利用」の設定もあり「複数-団体」が利用可能です - 使用料も安価…

施設名

区分

単位

使用料(円)

高浜市 体育センター

 1.260㎡

半面貸切

1時間

750

全面貸切

1時間

1,490

武道館

個人

1回

60

団体

1時間

520

貸切

1時間

620

 (*「武道館」の使用料は、なぜか細分化された設定です - 料金設定の一貫性、整合性が疑問です )

 

<--料金比較>

  面積-㎡ 全面使用料 半面使用料 使用団体
体育センター 1,260  1,490  750 複数-可
サブアリーナ    672  1,320  設定無し 単独のみ

 

体育Cは、面積広く「複数の競技団体」が利用可能の施設 - これが「一団体-単独利用」に変更…

これが「縮充」とは失敗の証し - この失敗を市民に押付けは傲慢な施政の証しでもあります

   (*夏休みに、高校生が数人でバスケ・バレーや、中学生が一人で新体操の練習も全面料金なのか…? )

 

● 市民は「今後-半世紀」も「施設予約」の争いとなります - 今まで「複数の競技」が同時練習を…、

「サブアリーナ」は「一競技」に削減 - これを「機能-充実」とは虚言 … それも「駐車場」のため解体

 

・来年、1月の施設開放から「予約-獲得」の激戦が予想され、平和な市民生活に争いを導入は不適切…

「老年人口」は激増します -「サブアリーナ-利用者」も当然増加 - これを狭小化は、過ちは明白

 「公共施設計画」- 百年を視点とすれば「高浜」を破壊の計画です

 

・料金も「約2倍」に値上げは、余りにも唐突、一方的な値上げは、市民を犠牲の失政の証しです

・施政は、業者には「倍額-50億円」で発注、市民からは「使用料」を倍額徴収は乱暴な施設建設

再び、施政は「市外の施設を大いに利用せよ」と失敗の責任もとられず無責任発言を強行されるかも…

 

「サブアリーナ」- 機能充実無く「狭小化」は時代ニーズに逆行です

 

●「高小」- 倍額-50億円施設は不便な施設 - 業者に優しく、市民に厳しい過ちの施政の証しです

またもや「大山公民館」同様 -「施設探し」に市民を奔走させる施政は疑問であり劣悪です

 

・高浜は、未だに「公共施設-予約システム」も未整備のまま - 予約方法は施設の窓口受付方式なのです

この旧時代的な方式を良しとする発想が「図書館」を「図書室化-分離分散」となっているようです…

 

<隣市-刈谷市の施設使用料>

◆「刈谷北部生涯学習センター」    *[検索] :  北部生涯学習センター料金表|刈谷市

部屋名

 定員等

  曜日

 3時間

 全日

 
 

体育室

 700平方メートル

 平日

2,050円

7,550円

 

 土曜日・日曜日・祝日

2,450円

9,050円

 

 

<使用料の比較>   

  面積-㎡ 全面使用料 半面使用料 使用団体
刈谷-体育室 700  683円/時間 3分割-可 複数-可
高浜-サブアリーナ 672 1,320 設定無し 単独のみ

 

「高浜」は「民間分院-補助」も「公共施設-使用料」も刈谷市民の倍額負担を市民に強要の施政です 

 

●「縮充」を公言されながら「庁舎」も「図書館」も「サブアリーナ」も「縮充は狭小化」だけの矛盾…

・肝心の「機能-充実」を欠落の施設建設に「倍額-投入」を強行です - 「狭小」=「財政削減-効果無し」

「言行不一致」の施政施策を強引推進は「破壊のまちづくり」となっています

 

・「図書館」移転の検討段階で「いきいき広場-マシンスタジオ」を移転検討は後手後手のまちづくり

適正適切な移転先は「サブアリーナ」は当然です … 絶好の移転機会を喪失は計画力の欠落では…

 

● 気付きは、建設強行を着手より優先事項は「公共施設-計画」の全体像の構築があり方と思われます

・施設の「ライフサイクル」を踏まえ、解体後の跡地も如何様に活用するのか…これが見えないのです

結果 -「かわら美術館-100億円投入」し「図書室」とは … 世界で最も高額かも「図書室」は疑問…

 「破壊」のまちづくりの真骨頂 … 「失政」のシンボルです

 

<刈谷市の体育施設利用の注意事項>

○「体育室 」- 「3分の1面単位で利用可能です」「高浜」は「サブアリーナ-全面利用」のみ…

市民目線では「高浜」は「精細巧緻さ」や「丁寧な執務」が欠落し「大雑把」と感じます

・「市-職員数-全国最低」の影響か「高浜-未来百年」に暗い影を落とすこととなっているようです

 

○「次のいずれかに該当しない人が利用する場合の料金は、上記料金表の額の1.5倍となります」

(1)市内に在住・在勤・在学

(2)碧南市安城市知立市高浜市東浦町に在住このような記述が「高浜」は見当たりません

議会では「市民が大いに外に出ていくのか定住自立圏構想」と言及され、隣市の方の利用拒絶では…?

   

----------------------------☆--- 

◆ 市は「公共施設-稼働率」の低さを問題として、様々な公共施設を早期解体されました。しかし …

・市民目線では「現-予約方式は手間を要する」「施設の空き状況も分らない」「利用促進行事も無い」

このような実態で、使用中の施設を「早期解体」は「もったいない」浪費であり過ちと思われます

 

●  まずは「施設-稼働率」の改善向上を図り、それでも目標-稼働率が得られない施設を選別があり方

市民の理解も納得も無視され、早期解体を強行は、高浜と未来の高浜、後世の市民をも犠牲です

⇒「破壊」は最も簡単な智慧無きまちづくり -「高浜」の未来を創造に挑戦があり方ではないでしょうか

 

● 本来の「高小-縮充」は「体育館」を含め「一体化施設」が「財政削減のあり方建設」と思われます

⇒ 「縮充」は「狭小」では無く「凝縮」-「機能-凝縮」の結果が「狭小」では…

 

・「サブアリーナ」- ここに「ホール」や「マシンスタジオ」を凝縮の施設建設があり方だったのでは…

「メインアリーナ-学校-2,312㎡」-「サブアリーナ-一般-922㎡」-「人口構成」に真逆の施設は疑問 

 

● 今後の人口は「老年人口は激増」-「年少人口は漸減」を考慮すれば「一貫校」も正解のひとつでは…

・他市例では「学校」は聖域とし「小-中学校-一貫教育」を目指している施設計画もあります

 

・「高浜」は「小学校」と「地域交流施設」の一体化 - 「年少」と「老年」の接近を図る計画ですが…、

⇒「施設-面積」は人口構成と真逆の施設は矛盾であり、市民ニーズにも適合できず不満が生まれます

 

・「縮充」の第一歩は「子ども園」との「一貫校づくり」もあり方のひとつだったのかもしれません

 

ちなみに「高小」のお手本となった「埼玉-縮充小学校」の建設費は「23億円」- 半額です 

  「庁舎-リース-30億円」や「高小-倍額-50億円」は「拙速過ぎた浪費」と思われ残念しかありません…

  「公共施設」は「長寿命-百年」が目標のようです - 進め方は「巧遅」があり方かと思います

 

----------------------------☆---

● 真なる「縮充」は、大きな躯体の建物を形成し、あらゆる施設機能を盛り込む-「凝縮」と思われます

今、「高浜」のチャンスは「旧-市立病院」- 休眠施設の復活再生 -「真の縮充」に挑戦可能な施設です

  

 「公共施設は市民の財産です」

 「施設寿命」-目標は「高浜-70年」- 大切にして戴きたいものです 

 

 (最後まで、ありがとうございました。 乱文、お詫びします )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸