t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査- 公共施設-総合管理計画

高浜施政のあり方には疑問疑惑を感じます -「ウソも方便」と公然とウソ強行は不信しかありません…

・市HPにも「事実」と異なる「ウソ情報」にて強行は市民の判断を誤らせ、施設の破壊はまちの危機…

結果 -「市民の血税」を浪費強行は裏切りであり、施政のあり方としていかがなものでしょう…

 

--- 「ウソ説明」の事例 ---☆---

1. <市庁舎>の裏切り説明図 - (*現在-市HP-公共施設マネジメント資料から庁舎竣工後に削除されています- 証拠隠滅 ) 

<リース面積-3,668㎡> 対 <旧庁舎面積-7,673㎡> と「リースは面積半減」なのです  

f:id:t2521:20200828103810j:plain ⇔「市が整備した場合-37億円」も「ウソ」-

 - 事実は「市が整備も-33.2億円」-「35万円 -0.01%」も安いと契約は裏切りの証しでは …

⇒「リース事務所の財政効果は無しと判明」- 現在 [3億円] 規模の血税負担を追加予定で浪費の可能性

 

2. <「高浜小-整備事業」> 

 [検索] :  公共施設マネジメント- 公共施設のあり方検討について - 高浜市ホームページ

 <高小-整備事業の事業スケジュール> を確認すると不可解な点を感じます。

・H26年1月-「庁舎と高小」につき基本方針を策定 - 5月 - これを公表と掲示 -「広報」に掲載無し?

・H28年2月-「高小-建設説明会」を実施 -「保護者-限定」は市民を差別、「財政効果の説明無し」

  (*これで「市民説明」を実施し「市民の理解」を得たと強行は不適切 - 倍額-50億円説明を除外 ) 

 

・H28年4月-「高小-実施方針」を公表 - 疑問は「基本方針-策定後2年経過」-「この空白が不透明」

 ⇒ 結果 - 入札に応札企業は「1社」のみの競合無しの独占 -「空白の2年間」の活動が気になります…?  

・これが「大家族」宣言された「公共施設-倍額建設」の進め方です - 市民参画の形跡はどこに…? 

 

・H28年9月 -「高小-建設費」を「議会-公共施設あり方委員会」で審議 - これまで建設費情報無しか?

「財政効果」を説明もされず「建設-着工」を推進は、極めて強引な進め方では・・・実に不可解

<財政効果の比較>

・この資料は「H28年6月」作成-「同年9月」に審議、つまり「財政効果」説明無きまま市民説明の証し

・更に、この案件は「H28年10月-入札」-「同年12月-落札決定」- まさに出来レースの様相では・・・

f:id:t2521:20201110235349p:plain

「僅少の金額差」で「PFI-決定」は「リース-同様」- 不適切な高率のなれあい価格は血税の浪費

⇒「入札-前」から「リースありき」の証し - 不適切な建設操作は倍額-50億円にまで血税負担が増大…

 

「庁舎-リース-10%はウソ」-「高小-PFI-2.1%」で「財政効果有り」とは疑問と不信しかありません

「2%」では、17年-分割払いの為、消費税-増税 (R1年10月) で、財政効果は消滅となったのでは…

 ・「弁解」を予測すると「リース-0.01%-35万円」「高小-PFI-0.1%-470万円」も安価と説明かも

 「リース」「PFI」は倍額浪費の仕掛けです

 

・更に、支払計画は「出来高払い」- 着工から「3年間で-37億円支払い」- これが財政負担-平準化…?

つまり「一般的な支払方式」と同様であり、「PFI方式」を採用する意義効果が無く疑問です

・この「高小-財政効果」につき議会で説明は「施設面積-削減が財政効果」とか…全く具体性の欠落…

 

--- 「市庁舎」と「高小」建設の実態 ---☆---

「財政削減」を目標とする「市庁舎」と「高小」の「倍額-更新計画」は不可解しかありません…

⇒「リース-32億円」「高小-50億円」-合計「82億円」の財政効果-「2億円負担増」は逆効果…?

 

この二つの施設事業だけに共通は「庁舎-リース-20年」「高小-PFI-17年」は事業費-倍額の仕掛け!

特定の民間企業に、長期の維持管理を独占委託は「血税-財政負担」が倍額に増大は不適切な浪費施政

  市民への説明責任をウソで強行 - 拙速の倍額建設強行は裏切りです

 (*「高小-縮充効果」もウソ -「施設建設は37億円で済む-50億円では財政破綻」と蓋を開けたら50億円)

 

● 振り返れば「民間組織」と長期に渡る運営や維持管理を委託は「巨額の血税負担」の仕掛けです

「かわら美術館-100億円」「分院-20年-60億円」「リース-20年-32億円」「高小-PFI-17年-50億円」…

 

・そして「プール会社-30年契約」は異例の長期契約 - これには驚きと、独占を認可の無責任の証し…

この「プール会社」は市有地の地代も払わず、運営継続を容認は如何なる財政効果があるのか…?

 

「財政困窮」とは不可解 - 市民が犠牲の血税浪費を強行継続なのでは

 

気付きは「公共施設-総合管理計画」策定は「H28年3月」-「30年3月-改定」

・つまり「H26年5月 -「市庁舎」と「高小」の基本方針を公表は、この総合管理計画を無視は私物化

計画策定前に財政負担-倍額」の「リース-32億円」+「PFI-50億円」建設を強行は傲慢の証し

 [検索] :  公共施設総合管理計画 - https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1572.pdf

 ・この「公共施設-総合管理計画」を無視してでも強行の理由は、一体、なにがあるのでしょう…?

 

  このような施政のあり方は、疑問であり、裏切りであり、残念です…

 

・もう一度、再認識戴くために繰返しとなりますがご容赦ください。

--- 「公共施設-建設」の仕掛け ---☆---

「財政削減」と訴えられ、実態は「事業独占化の倍額事業」は裏切り 

 この仕掛けが「維持管理」を特定企業に長期に渡り独占化を図る事

 

  そして「市民サービス」の実態は「施設-使用料」を倍額に値上げ!

  果たして公共施設の早期解体や倍額建設は市民生活の向上でしょうか

 

 公共施設は市民の財産 - これを早期破壊の連続は市民無視の証し

  このままでは「未来の高浜」「後世の市民生活」をも破壊です

 

(最後まで、ありがとうございました。今回のブログは次号につづきます ) 

                                                                                                                                                   つづく

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸