t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - コロナ-第三波への対応   

20.11.13 中日新聞-1面-「新型コロナ-第3波-拡大」と大きく取り上げられていました。

・この新聞記事を題材としてスクラップ的に掲載したいと思います。思い返せば、コロナ-第1波から

 10ケ月も経過 - 警戒意識を新たに再認識する意味でも取り上げたいと思いました

 

<国内感染の推移>

「今週に入り、明らかに、一日当りの感染数が、連日、1,600人を上回り最多更新を続けています」

このまま続けば「年末から新年」にかけて感染数はピークとなる可能性と予測されています

・「Go-to-○○」は時期尚早か…見切り発車は拙速の施策の可能性が多分にあります

まだまだ「忍耐生活」を継続があり方だったようです

f:id:t2521:20201115055431p:plain

 

<国内-県別の感染数> *11月13日-現在-中日新聞より

●「愛知県-148人」、名古屋市「88人」-「市立小学校-児童も感染-学校は休校措置」

このような事態が「12月」以降は頻発の可能性が懸念されます

f:id:t2521:20201115055450p:plain

 

<県内の自治別-感染数> *12日現在             <感染防止のポイント> 

●「高浜-16人」             ●「3密」+「換気」と「加湿」を追加 

f:id:t2521:20201115063235p:plain     f:id:t2521:20201115062641p:plain

 

ここまでは「市民」として「生活上の心がけ」に配慮して過ごしたいと思います

「公共施設」においては「マスク着用」や「入場者の体温測定」を徹底されるべきかと…

・また「換気装置」や「加湿装置」「殺菌装置」などの空調設備の配置も必要ではないでしょうか…

・例えば「出入口」に「夏場利用の-ミスト噴霧」なども加湿対策として有効かと思われます

 

 市民の安全安心生活の確保 -「先手先手」の施策展開を望むものです

「市民生活支援、経済支援、教育支援」…「公共施設-対策」…

いよいよ、これからが「コロナ禍」との戦いになるようです

 

  (最後まで、ありがとうございました。お身体大切に、コロナ対策にも尚一層ご配慮されますよう…)

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸