t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共施設使用料-倍額値上げの矛盾

「財政削減」を目的に「高小-倍額-50億円建設」は、建設費も施設使用料も市民に倍額負担を強要です

「財政削減」は掛け声だけで、実態は市民や後世の市民までも、ハコモノの犠牲となっていくようです

 (*「市内小学校」の施設建替えの相場は「約25億円」- 高小だけ「2校分」の血税投入は疑問です )

 

・ちなみに「高小」は建設から維持管理まで「一社独占」で17年間もの長期事業 - 不適切な契約では…? 

「財政削減効果」は「庁舎は0.01%-35万」「高小は0.1%-500万円程度」では誤差の範囲で過少過ぎ

 

・これでは約百年もの長期に渡り、高浜は近隣市と比較し「倍額負担」は不適切な施政の犠牲となります

実際に「体育センター-使用料」は、約半世紀にわたり、近隣市より「5割」高額を我慢してきました 

 

●「財政削減」や「縮充方針」を表明された「施政」の意図は、当然、料金是正されると思っていました

そのための「施設面積-削減」と誤解していました。「集会室」の使用料は、ほぼ同額レベルなのです

・これを「維持管理費」が増加と「サブアリーナ-面積」は3割も削減を「使用料-8割増額」と逆転現象

⇒「体育センタ」-半面-750円が「サブアリーナ」-全面-1,320円/時に値上げは市民生活に支障発生です

・疑問は「公共施設」は「面積-削減」は維持管理費が増額とは一般常識と逆転であり理解不能です

 

<体育館-使用料の比較>  

●「サブアリーナ-使用料」は近隣市と比較し「倍額」に値上げ設定は「財政効果無し」の失敗建設…!

  体育センター サブアリーナ

刈谷-

生涯学習センタ-

碧南-

勤労者体育センタ-

施設面積-㎡  934 -2分割有  672 -全面限  700 -3分割有  720 -3分割有
時間-使用料-円 1,490 1,320  683  790
㎡単価-円  1.60  1.96  0.98    1.10
体育c基準  100  123  61    69

 

今回の使用料の検討を契機に気づきは「体育館-最小公倍数的な面積-450㎡」-この倍数が適正適切

・「体育センター-934㎡」は「バレー・バスケット」を2面確保の広さで、使用料は半面料金で可。

⇒「サブアリーナ-672㎡」は「中途半端」- コート-1面に削減し、面積拡大を理由に値上げは不適切

・「コート-2面」から「1面」に削減を機能充実とは不可解 -「縮充」施設の失敗例では… 

 

 ・「縮充方針」-狭小化が先行し、競技の適切適正な面積検討もされず「面積-削減」強行が失敗要因。

⇒「縮充」の「充」-「機能充実-複合機能」の欠落や施設計画の失敗を「使用料」に反映が問題なのです

 

 施設計画の失敗を、市民に押し付けは不適切極まりません

 市民を「施政の失敗をカバーする金づる扱い」は疑問しかありません

 

 市民をウソで騙してまで「倍額建設」のメリットはなんでしょう…

「縮充」は「面積-縮小」したのに維持管理費は削減効果無く増額です

 結果-施設使用料を「隣市」と比較し倍額設定は裏切りの残念な施政 

 

 施政の失敗をカバーするのが「市民の役割」でしょうか…

 施政は「間違いの無い」「適正適切」な施政運営があり方です

 

 市民は施政の裏切りに気づき、監視活動があり方と思われます

  

 (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸