t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市HPのあり方 Ⅱ 衆愚政治

自治基本条例」は、市民を主体とする施政のあり方を定められた最高規範です。

・最近では、全国-約400件近い自治体が制定されているとか…。

「高浜」の実態は「有名無実」状態 - 建前と本音が相異なる矛盾の施政を強行はただ残念だけです…

 

「条例-見直し」でパブリック-コメントを募集は、施政に市民参画のささやかな好機…是非、ご参画を

自治基本条例」パブリ募集- [検索] : 令和2年度高浜市自治基本条例検証委員会 - 高浜市ホームページ

 

このパブリ募集で気付きは「新-HP」の検索バナーから削除されたと思われる不自然で不適切な仕組み

「旧-HP」の記憶では 検索バナーに「入札・契約」と「条例・規則」がHP表紙に表示されてたはず…

・なぜ、施政の根幹である重要な「バナー」を削除され 市民が検索の手間を要する仕組みとされたのか…

・恐らく、今回のパブリ募集でも「条例」自体を直接確認される誠実賢明な市民は少なくないはず…

     勘ぐれば不適切な「情報隠蔽工作」の一環かもしれません

 

自治基本条例 - 抜粋 - (まちづくりの基本原則)

  第4条 高浜市のまちづくりは、次の基本原則によるものとします。

(1) 参画の原則 議会及び行政は、市民参画の機会を保障し、市民の意思を反映した市政運営を行います。

(2)   協働の原則  市民、議会及び行政は、それぞれの立場や果たすべき役割を自覚し、お互いを尊重・理解し、知恵と力を出し合いながら連携・協力してまちづくりを行います。

(3) 情報共有の原則 市民、議会及び行政は、それぞれが持っているまちづくりに関する情報をお互いに提供し、共有し合います。

  

    果たして「リース」や「高小」基本方針に参画の市民はだれか…?

   経緯経過より市民不在 - 独断で立案強行は原則も無視のまちづくり

 

自治基本条例 - 抜粋 - 総合計画の策定等)

第21条 議会及び行政は、総合的・計画的に市政を運営するため、総合計画を策定します。

2 総合計画は、目指すべき将来像を定める基本構想、これを実現するための事業を定める基本計画、事業の進め方を明らかにするアクションプランで構成します。

3 行政は、成果を重視した市政運営を目指すため、総合計画の進行管理を行い、その状況をわかりやすく公表します。

4 行政は、総合計画に基づいて予算を編成し、計画的で健全な財政運営に努めます。

 

「リース」と「高小」の「基本方針」立案着工の後に「総合計画」を公表は手順逆行 … これも「条例」無視のハコモノ強行であり不適切

 

---「施政」の問題 ---☆---

思い出すのは「衆愚政治」… 衆愚政治」とは、起源は古代ギリシャ・ローマ時代にさかのぼるそう…

・不詳ながら「意図を持った施政の基に、民衆が情報操作され、過ちの施政に納得する仕掛け」と解釈…

 市民が入手する情報量は少なく正確な判断は困難 - 為政者にコントロールされやすい存在のようです

 読んで字の如く「民衆を愚民化」する政治施策のようです…

「高浜」HPは、情報抑制され施政情報の公開性が低いのが証し 

 

・[検索] :  衆愚政治 - Wikipedia

・「抜粋要約を続けます」- 「判断力が不十分な市民が意思決定に参加することで、議論が停滞したり、扇動者の詭弁に誘導されて誤った意思決定を行い、誤った政策執行に至る場合などを指す。

・結果 - 様々な誘引に導かれ意思決定を行うことで、コミュニティ全体が不利益を被る政治状況を指す」

 まさに「高浜」が、これに陥っている、おとしめられている可能性が懸念されます

 

 ---「市の説明」の危険性 (ウソ説明) ---☆---

幾度も掲載している「リース事務所」の財政効果 - これは不適切な「情報操作」であり衆愚政治の証し

・「リース事務所」は「施設面積は半減-役所組織は分離分割」「最近-費用が旧庁舎-改修費を突破とか」

つまり「リース事務所」は大損の施設建設の可能性が疑われます

 

<リース-ウソ説明図> *リース事務所-完成後、市HPから説明図を削除改ざんは「衆愚政治」の証し…

 

f:id:t2521:20200828103810j:plain

真実は「市が整備した場合 - 33.2億円」、「コスト削減効果 - 0.01% 」

 

契約当時 -「35万円 -0.01%も安い」と「20年契約」は「年-1.75万円-コスト削減」で調印

・結果 -「旧庁舎-7674㎡」より「リース-3668㎡」を優位判定は過ちと裏切りの選択です

⇒ 面積差-4000㎡もあるのに「狭小-リース」は「年2万円」も安いと契約は浪費と裏切りです

 この実態を隠蔽も「衆愚政治」であり、未来の高浜を破壊です 

  

●「分院」には巨額補助-毎年3億円を強行 -「リース事務所」や「コロナ禍の消極対策」は市民が犠牲

 「衆愚政治」の仕掛けに陥っています - 愚民化されてます

 

---「まちづくりのあり方」 ---☆---

 自治基本条例」は、まちづくりに市民参画を制定の条例です

 「高浜」に最も欠けているのは「情報公開」であり愚民化強行の証し

 

<自治基本条例> (まちづくりの基本原則 - 4条) 

(3) 情報共有の原則 市民、議会及び行政は、それぞれが持っているまちづくりに関する情報をお互いに提供し、共有し合います。

  

  22世紀の課題は、開かれた "役所づくり" と思われます

    市民は、情報の真贋を見極める眼力が資格要件です  

  

      (最後まで、ありがとうございました )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸