t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - まちの私物化 ! Ⅳ - リース27億円損害  

「高浜」のコロナ感染は拡大の一途 - 実に、感染対策は無策の証しでは…

施政施策が「ワクチン接種-一本槍」の結果です - 残念な施策は市民が犠牲です…

 

<コロナ感染数-3/26> *感染は、統計開始以来。感染増は今年1/4以後~

・「高浜」は「感染率」も「感染増率」も碧海五市トップは感染対策が過ちの証し…?!

 

碧海 人口-千人 感染-3/26 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6   7,477 4.90%   5,760 3.77%
安城 190.1   9,233 4.86%   7,265 3.82%
知立   72.3   3,812 5.27%   2,826 3.91%
碧南   72.8   4,748 6.52%   3,744 5.14%
高浜   49.1   3,211 6.54%   2,595 5.29%
合計 536.9 28,481 5.30% 22,190 4.13%

 

これを「適正適切」「最善を尽くしている」の結果と思われ、言葉だけでは…

・2月中旬 -「感染まん延-最盛期」に、市制50周年行事を強行とは裏切り…!

当時、開催強行と聞いた時は、ただただ呆れるばかり - 案の定、感染激増…

 

----------------------------☆---

このように傲慢施政は市民を犠牲とするばかり - これを「いいまち」と豪語も疑問〜

・今回は傲慢施政の「リース-倍額建設」につき、再確認してみます。

 

<第六次総合計画>   *「高浜」の第六次-総合計画から抜粋しました。

⑴ まちへの想いを育み、いつまでも住み続けたいと思えるまちをつくり

⑵ 将来を見据えた健全な財政運営を行います

市民感覚では、裏切られた思いだけしかありません。実態は残念な凶行施政…。

 

<住み続けたい まちづくり?>

● 碧海5市で「高浜」だけ「ごみ立当番」を町内会加入の市民に強要継続 - 改善無し!

・「町内会-加入率-碧海5市-最低の53%」は、半分の世帯だけが協力の制度を継続 

「町内会-未加入」の市民のほうが快適な市民生活を享受できる仕組みです 

・恐らく「納税額」は同じ - とても公平平等とは思えない制度を継続は凶行です。

  「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」とは施政にとって都合のよいまち…

 市民の「小さな一言」を無視のまちづくりを強行です 

 

・「保育園の待機児童」も劣悪です。 

碧海5市 刈谷 安城 知立 碧南 高浜
職員-人 1,044 1,080   453   455   238
            千人当り   6.8     5.7    6.3    6.2    4.9
町内会-加入率   65.9  78.8  71.9  72.8  53.6%
保育-待機児童    4人       0       0       0    16人
住みよさ- 位     38     97   359     46    310

 

「待機児童」の格差は、後世の市民を犠牲としている証しと考えられます 

・これを「住み続けたい "まちづくり" 」とは傲慢施政の証しでは?

 

<ご参考>・知立市の主要な公共施設面積は「高浜」より「3.3倍」の広さです

公共施設 知立市 高浜  知立/高浜 高浜-施設
本庁舎 8,957㎡ 3,668㎡  2.4 リース事務所

 

 

---新城市」に学ぶ -「庁舎建設基金積立」 --☆---

新城市」の財政運営は、実に、堅実で巧みの極みを発揮されています…

・下記にH4年~H23年の20年間で「庁舎建設基金」を13億円積立とあります

・これが「将来を見据えた健全な財政運営」ではないでしょうか…

「高浜」は、基金積立無く、いきなり「リース事務所」を着工は乱暴な施設計画…!?

 

● 言葉では「支払平準化」と説明は、実態は貯金が無かったようです。借金増だけ

・未だに「庁舎建設基金」の設定無しは、後世にも借金建設を強要の施政では…

この不適切な借金建設は後世に借金返済を丸投げ - 庁舎-20年、高小-15年…

・恐らく「民間分院-補助-10年-30億円」を強行の為、建設資金が枯渇と思われます

 

f:id:t2521:20220327063618p:plain

基金積立を先行 - 庁舎計画にも10年を費やされています- 高浜-1年とは雲泥の差!

 

●「新城市-庁舎建設の財源計画」- 着工前に広報紙にて説明されました。高浜-隠蔽…?

・「新城市庁舎-約9,200㎡」を「実質負担-27億円」程度で計画されたようです。

これが「将来を見据えた健全な財政運営」ではないでしょうか…

f:id:t2521:20220327202458p:plain

 

・「高浜」の職員計画は、20年間-183人固定も疑問の施設計画です…

庁舎   職員  庁舎面積  一人当り   施設寿命  市民負担
新城市 288人~ 約9,200㎡   32㎡/人    80年   27億円
高浜 183人 約3,700㎡   20㎡/人    20年   29億円

 

施政の過ちは、市民生活に直結しています - 無責任計画は市民が犠牲です

・「高浜」施政は、過ちを超えて "悪さ" であり "詐欺同然" です。

「高浜-リース-54万円/㎡」は「2棟分」を投入は、財政の無駄遣いの極み… 

・これを「将来を見据えた健全な財政運営」と豪語は言語道断の極みです…

 

<つくば市-リース分庁舎との比較>

・下記の建設相場単価は「国交省-建築着工統計」から引用しています。

 

  鉄骨造-相場 リース単価 施設面積   施設費
H28年-愛知県 23.3万円/㎡ 53.5万円/㎡  3,668㎡  19.6億円
H30年-茨城県 26.0万円/㎡ 26.2万円/㎡  3,330㎡      8.7億円

 

「旧庁舎-築40年-7,668㎡」を早期解体も大損 -「16億円」もの大損害ですが…

・「リース事務所」も「11億円」もの水増しは大損害のハコモノ-合計27億円損害

・高浜リースは、施設建設に「2棟分」もの過剰な投入を健全適正とは不適切の極み!

 

<高浜-施政の裏切りによる大失敗> 

第6次総合計画は、あってはならない詐欺計画を強行されました!  リース庁舎です!!

・「将来を見据えた健全な財政運営を行います」は 大ウソ!!

 

つくば市」は、リースの維持管理は自治体手配にて対応されているようです。

・「高浜」は、維持運営管理も「リース会社」に丸投げです - 合計-33億円もの大事業

しかし、維持運営管理の実作業は「高浜総合サービス」が担当しているようです

 

・なぜ「直発注」しないのか? - これは明らかな過剰優遇の仕掛けであり私物化の証し…

 果たして「間接発注」に財政削減効果はあるのでしょうか… 20年間-改善計画無し…

 

● これらの疑問から「市」に問い合わせ、下記の回答を受けました・・・

・残念は「定量的回答」は無く、「官能的・定性的回答」では証明出来ないのでは…

「高浜」では これがまかり通っているようです… 実に曖昧な施政施策です 

 

<市への質疑応答-施設事業費>

f:id:t2521:20220327215006p:plain

「金額」が同じなら、施設面積が広くて、長期の利用可能な旧庁舎が有利では…?

 

・下記の旧庁舎は光熱水費-1億4千万円を含みます。 リースは面積半減なのに清掃費

 は同額も疑問しかありません? ⇒ これを「38万円」有利と契約は詐欺同然…!?  

 

庁舎施設 面積-㎡ 施設費 維持管理 解体費 施設寿命
旧庁舎-改修 7,674㎡ 19.2億円 12.6億円 1.4億円 30~40年
高浜-リース 3,668㎡ 21.6億円   9.9億円 0.4億円   20年

 

面積は半減、施設費も維持管理もほぼ同等は財政効果が無い証し - 38万円だけ…

・これで「リース-優位」とは裏切りと詭弁説明では… 市民が大損害のハコモノです

 

「庁舎建設」に対し「高小建設」を理由にするのも疑問です…

・「公共施設」の建設条件は「建設基金」を確保してから着手があり方であり常識では

・「リース」も倍額、「高小も倍額-50億円」は過剰な業者優遇のハコモノ行政では…

結局「80億円」もの大規模事業計画を前にして「建設基金積立」を放棄して着工!

 「高浜」ハコモノ行政は実に無謀 - 後世に借金丸投げで強行は不適切の極み・・・

  財政運営は新城をお手本に適正適切に運営頂きたいもの

 

<つくば市リースとの比較>

f:id:t2521:20220327221852p:plain

「同じリース会社」「同じ役所事務所」「ほぼ同じ建設相場」「ほぼ同じ面積」

・建設場所も「本庁舎」に隣接して建設 - どこが大きく異なるのか詭弁回答では…?

・「11億円」もの差額を「条件が違う」の一言では納得できるものではありません!

 

   鉄骨造 - 相場  リース単価  施設面積   施設費
H28年-愛知県  23.3万円/㎡  53.5万円/㎡   3,668㎡   19.6億円
H30年-茨城県  26.0万円/㎡  26.2万円/㎡   3,330㎡     8.7億円

 

<「縮充」に矛盾する「分離分割-建設の効果」>

f:id:t2521:20220327222932p:plain

旧庁舎」に役所機能を一体化があり方。分離分割は不便なお役所。増員対応も無し

・旧庁舎改修であれば「30年」も利用可能 - これを「20年」と短縮が過ち。

総務省提案の「長寿命化計画」も無視で20年限定 - 早期解体は財政浪費-常識です

・庁舎間の散歩を有効活用とは残念だけ… 傲慢な施政の証しです

 

<ICT・AIシステム対応>

f:id:t2521:20220327223655p:plain

20年間-維持運営管理費が同一は疑問-電話交換や保安管理をシステム化も計画放棄?

・清掃作業も「ロボット化」等で合理化や改善改革意識を「高浜」放棄は疑問です

・確か「高浜」はICT化やAI等の導入を積極的に進めると聞いた気がしますが…

 

   これらが「高浜」を残念な裏切りの証しです。

   自治体運営」を20年間、改革改善無しの継続だけを良しとされているようです。

  典型的なお役所仕事の継続は、市民の生活改善をも放棄されているようです

 

  これでは「高浜」後退です・・・

   「リース会社」に施設の維持運営管理を委託は、コスト削減は停滞します。

   「20年間」- 同じ方法を単純継続が一番、楽な方法となります。

  よって「高浜-役所」は20年間、停滞となるようです- リース-大損です!! 

 

  誰もが納得の 将来を見据えた健全な財政運営があり方

「リース」は 2棟分もの巨額投入の裏切り建設は異常です

  これを公然と黙認強行は「高浜」破壊の施政です

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - まちの私物化 ! Ⅲ - リース27億円損害  

「高浜在住-40年超」- 町内会役員を契機に施政との接触機会が増加の途端、非合理

 で、低劣で、市民無視の施政との認識は深まるばかり…「高浜」を私物化と確信!

「施政」は市民が主体者 - 財政浪費・不平等不公平・適正適切な施政とは思えません

特定の市民、特定の業者を過剰に優遇の偏向的な私物化施政が強行されています…。

 

----------------------------☆---

「中央公民館-早期解体を始めとする公共施設計画」は、特に劣悪です…。

⇒ 遡れば「中央公民館-築36年」は 民間分院の建替地の要請に応え早期解体は論外!

・当時、年間利用者は「延べ7~8万人」- 市民より民間分院の声を優先は私物化! 

民間分院-補助も20年-60億円 - 本院のあるK市市民の倍額を高浜市民は負担です

・この理不尽な補助実態を、施政も、議員も、説明責任を放棄されています…。

 

   思うに「分院-補助」が過大な負担となり、基金積立が枯渇となり庁舎をリースでは…

 - 本末転倒の施政を強行は「高浜」破壊の "まちづくり" となっています・・・

 

● 次に「中央公民館」代替施設として「たかぴあ」含む高浜小は「倍額-50億円建設」

市は「中央公民館-利用-30%以下」は不適と説明 - しかし市は利用促進策も放棄…

 

・「たかぴあ」利用率は「部屋数」を14室から4室に削減したのに利用率-1割未満

結局-「施設利用率-30%」は 早期解体の口実だったようです… 不適切の極み…

    行政が、巧みに "ウソ" をついて公共施設を早期解体は典型的な "悪さ" です

 「高浜」は この「ウソ」説明の施政が多すぎます…

 

----------------------------☆---

「高浜」の施政施策のデタラメぶりは「市庁舎」をリース建替でも証明されました。

・このリース事務所に「30億円」もの巨額投入は「高浜」を破壊行為そのもの…

行政も議会も賛同推進は裏切りであり、「人」としても疑問に思え残念だけ…

 施政の裏切りを 公然と正当化し妥協賛同だけです…

 理不尽な財政の無駄遣いを数の力だけで強行は高浜破壊! 

 

----------------------------☆---

<新城市に学ぶ庁舎のあり方 - 庁舎面積> 

新城市では「庁舎-面積」を下記の三項目から求められました。他の自治体でも同様…

「高浜」は、この面積算定の執務をも放棄。リース会社に丸投げの無責任ぶり…

f:id:t2521:20220323130932p:plain

 

<新城市 - ③庁舎事例に基づく算定例>

f:id:t2521:20220323131150p:plain

● 職員一人当り「最低-26.4㎡」-「最高-49.5㎡」-「平均-35.9㎡」とあります。

「高浜-183人」であれば「平均-6,570㎡」が妥当であろう庁舎面積と算定。

・これは「旧庁舎-7,674㎡」なら十分充足でき数十年間の職員増員にも対応可能…

 

<高浜-施政の裏切りによる大失敗> 

1.「高浜」施政の失敗は「旧庁舎-築40年」を早期解体 

2.「代替-リース」は面積半減し「倍額-30億円」契約!

3. 結果-数十年後-後世に新庁舎建設の借金丸投げの無責任

このように市民が犠牲の残念なハコモノ計画を強行です

 

<「リース」の疑問>

市民を裏切りの「高浜施政」も低劣ですが、「リース会社」の提案力も疑問です。

・「高浜」はリース会社に下記のように庁舎建設の仕様立案を丸投げされたようです

「職員-183名」「議員-16名」を収容運営可能な施設建設の提案を求める。と…

 

・常識ある自治体であれば、庁舎こそ、施設調査・計画立案に傾注されるようです。

ところが「高浜」の丸投げ体質は、施政の悪さの極みであり、無責任の証し…

・これに「30億円」もの巨額投入 - つくば市リース「9億円」の3倍超の契約強行

 

<同じリース会社でこの契約格差は疑問>

リース 施設面積 施設費(税別) 維持管理 リース期間  契約後
つくば市 3,330㎡   8.73億円      -     15年  無償貸与
高浜 3,668㎡ 19.62億円 9.37億円     20年  不明

 

・結果「床面積-3,668㎡」半減を受入れ、建設着工後、狭すぎと気付き…? 分離分割?

「高浜」は、小学生でも算定可能であろう「床面積」も計算出来ないのでしょうか…

・ここに、不適切な大人の事情、不都合な真実が隠されていると思われます…

 

・しかし「リース会社」は、市の提案要請に対し、適正適切な回答が出来なかった証し

「高浜」は要求仕様を充足しない「リース提案」を許諾し、巨額-30億円を契約強行!

  これが「特定の業者」を過剰優遇の結果です。なぜ、ここまで優遇されるのか… 

 

・施政は「市民の声は無視」されるのに、リース会社の提案 - 庁舎分割を容認も疑問…

一体、どのような仕掛け…? か… 高度な交渉力を発揮されたのか…

・顧客の要望を無視して施設面積を半減提案し「倍額」契約とは神業です…

 施政も、建設相場は「10億円未満」を「30億円」契約とは豪胆な財政運営

 「リース契約」はそれほど魅力ある提案だったようです… 実に不可解の極み…

  

・「縮充」に逆行し「庁舎」分離分割は、不便なお役所となりました… 30億円効果無し

これが「20年間」も続くかと思うと、市民の損害はまたまだ拡大しそうです

 

・現施政は「20年」も責任を持てません - 従って無責任な判断を強行採択は市民犠牲

「高浜」リース庁舎 - 30億円契約は無責任の産物のようです

 

・「ごみ立当番制」も、もう20年超継続とか - 高浜市民の忍耐も限界では…

「町内会加入-53%」は碧海5市で「最低」です… これが市民の無言の抵抗の証し 

 

・しかし「最低」を目指される高浜施政には落胆しかありません。

最低施政-「職員数・公共施設-面積」「ごみ立当番」「図書館-閉館-全国3例目」…

 

 思うに、この「全国最低の施政」となっている原因は、

「職員」を全国最低にまで過剰削減の弊害では…

 

  適切施政を立案遂行できない戦力まで人員削減を強行…

  結果 -施策立案レベルが低落、失敗も増え財政浪費が増加

 悪循環のスパイラルに陥ってます - 自治体経営の失敗!

 

「学校エアコン」も劣悪 - 教室毎に札束付きの高額発注!!

 

----------------------------☆---

<高浜-庁舎整備事業-実施方針>より抜粋 - 当初は「庁舎-一体化」の計画と思われます 

f:id:t2521:20220322222531p:plain

 

着工、3ヶ月前、つまり変更対応出来ない時期に「市民説明会」を開催し強行突破! 

・これも私物化の証しであり、リース事務所といきいき広場の散歩機能が複合化なのか

このように「高浜」は私物化され失敗の連続 - 市民には隷属化を求められています

   高浜に「主権在民」「民主主義」は消失しています

  議会は「多数決」が民主主義と数の力で悪さを発揮です 

 

「リース建設」も「捏造資料」を作成し、公然と市HPに掲載は典型的な「悪さ」…

・「リース」は大損害を隠蔽し、公開資料もリース完成後、削除すれば良いのか…!?

「高浜」においても「森友問題」が起こっていたのです… 不適切な市民を裏切り強行

 

<リース完成後、削除された「リース効果の捏造資料」>

・「リース」は「高浜市民」に「27億円」もの大損害施設となったのです

・「市が整備した場合」-「37億円」とは大ウソです- 行政がしてはならない"悪さ"…

・従って「約10%のコスト削減」もウソ - 実態は「0.01% - 38万円」安いと契約…

「高浜」行政や議会は歪んでます - ウソに安易な同調で「リース」賛同されました

 この27億円もの大損害も無視されるのでしょう…

 

f:id:t2521:20220224091340p:plain

 

  全国でも稀有なリース庁舎はウソ-捏造説明で建設強行

     着工3ヶ月前の市民説明会に参加市民は約40名…

    これで「説明責任」を果たしたと強行されたのです 

      市民に正確な情報を適時発信されず隠蔽建設を強行

 

 

---「高浜-暗黒時代」の始まり ---☆---

 「高浜」リースは大損害のハコモノです!!

 「高浜」20年間 - ウソ建設の施設が存続します

   つくば市はリース支払-5千万円 - 高浜は1億5千万円

 「高浜」は これを「支払平準化効果」と説明も大ウソ  

 

  後世に、僅か20年後には新庁舎の建設責務を丸投げ

  つまり借金漬けの施設施政を押付けられたようです…

 未だに「次期-庁舎建設基金」の積立も放置のまま…

 

    施政のあり方は無謬 (むびゅう)- 絶対に間違い無い施政遂行

 実態は「過ちの施政」の連続と「私物化」の財政浪費…

 

 そもそも「コロナまん延防止期間」中に、50周年記念イベント開催が無責任の証し…

 コロナ感染実態が、碧海5市で「感染トップ」も無策の証し…

 

 「早期-解体閉館」「倍額建設」「施設使用料-倍額値上」

 「ごみ立当番継続・図書館-閉館・美術館-陶芸室廃止…」

 「旧市立病院も早期解体」-「高浜」の未来は暗黒です…

  

    現在「私物化」施政に反対議員を「いじめ強行」…

  実に、不適切であり、嘆かわしい事態となっています

 

---「27億円-損害のリース」 ---☆---

 「リース」は市民損害 27億円にも相当する大損害のハコモノです

・旧庁舎-7,674㎡をリース建替は4,000㎡を消失 - これを金額換算すれば「16億円」

・「リース施設」- つくば市リース単価と比較すれば、倍額に水増し損 - 「11億円」

 

リース損害

損害要因

 損害規模

  損害額

試算単価

旧庁舎-面積損

床面積-半減

 4,006

  16億円

総務省単価

リース-水増損

建設単価-倍額

 30.5万円/㎡

  11億円

リース単価差

 

結果 - 市はリースを「38万円-0.01%」も安いと契約ですが「高浜」を私物化です

市民損害 - 27億円もの巨額の大損害 - 高浜の未来は失望しかありません

  

   「行政」として失敗や間違いはありえません… 

    税金の無駄遣いや 私物化では市民は犠牲です!!

   市民を犠牲の行政は最大の過ちであり裏切りです 

 

     (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - まちの私物化 ! Ⅱ - リース27億円損害  

「高浜」の施政施策や医療対策の低劣さは、市民を犠牲の凶行施政の証し!

・「コロナ」激増のなか、市制50周年イベントを強行は感染拡大に拍車を賭けました

現在 - 碧海五市で「高浜」感染増数率は、とうとう、有難くないトップとなりました

  施政の無策ぶり、傲慢な施政は市民が犠牲の証しです

 

<コロナ感染数> *碧海五市 

・「感染数」は累計、「感染増」は 1月4日を基準に試算。

碧海 人口-千人 感染-3/21 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6   7,132 4.67%    5,415 3.55%
安城 190.1   8,960 4.71%    6,992 3.68%
知立   72.3   3,687 5.10%    2,701 3.74%
碧南   72.8   4,598 6.32%    3,624 4.98%
高浜   49.1   3,061 6.24%    2,445 4.98%
合計 536.9 27,438 5.11%  21,177 3.94%

 

「高浜」のコロナ感染爆発の契機は、市主催のイベント行事時期と合致しています…

・市民には自粛生活を押付け、市は市制50周年行事を強行は裏切りの施政の証し

 

 

 

<「リース庁舎」を再検証>

「高浜」は本庁舎をシンボル機能は不要と全国でも稀有なリースに建替えを強行。。

これは正しい、適正適切な選択でしょうか…?   後述しますが27億円もの損害です!

・一方「リース事務所」前に「巨大な鬼瓦」や「陶器」を配置は矛盾でしかありません

f:id:t2521:20220322111425j:plain  f:id:t2521:20220322111519j:plain

 

更に、問題は「リースは狭すぎた」と役所組織を分離分割は執務効率を低落です。

・リース事務所といきいき広場の歩行距離は約500m - 往復-約1kmは約15分の散歩…。

例えば10人が移動は2時間半にも相当 - 20年間では「1万2千時間」を移動に消費…

 なぜ、貴重な執務時間を浪費する「リース」を選ばれたのか…?  無責任の極み…

  「リース-38万円も安い」と契約ですが「市民損害-移動で 21百万円」もの損害です

「高浜」リースは大損害のハコモノです!!

 

---「リース」の疑問 ---☆--- 

1. 財政効果無き「リース事務所」⇒ 旧庁舎を改修があり方をリース選択は大損害!!

庁舎施設

   面積-㎡

 施設費-億円 (税込)

  単価-万円/㎡

旧庁舎-改修

 7,674  

 19.28  

 25.1  

高浜-リース

 3,668  

 21.58  

 58.8  

つくば市-リース

 3,330  

     9.43  

 28.3  

上記比較表を見て「高浜-リース」は優位、または魅力的と選択されますか…

 

(1) 「リース面積-3,668㎡」は過剰な面積狭小化は明白 - このリースに「20億円」投入

・恐らく 国内最高額の低層-鉄骨造の建設単価ではないでしょうか…? 誇れません…

この「リース会社」は 高浜とだけ倍額契約も不可解であり不信しかありません…!

 

  これを「財政削減」とか「負担-平準化」とは言葉だけ…

 実に、不適切なハコモノ建設を強行されたことは裏切り

 

● 次に「縮充(複合)」と言われ「高小」は倍額-50億円建設を強行されたのも不可解…?

「大規模建設」にも係わらず、その財政削減効果が見当たりません - 縮充効果-無し

 

・肝心の庁舎は「縮充」とは真逆の「分離分割」を強行も矛盾であり、市民は大損害の

 失敗建設の負担を負う事に… これでは後世までも犠牲です… 

  納税額は同じなのに、なぜ「高浜」だけリースなのか?

 

---新城市---☆---

(2)新城市」の庁舎面積の検討方法

新城市」は実にお手本のような「基本計画」を作成公表されています - 高浜と真逆

    [検索] :  新庁舎基本計画を策定しました:新城市 (shinshiro.lg.jp)

・「庁舎面積」は、下記のように「三要素」を検討するのが定石のようです。

    ① 総務省-基準   ② 国交省-基準   ③ 他の自治体の建設事例 - 高浜無視は傲慢の証し

f:id:t2521:20220322215730p:plain

 

新城市-職員-288人では「庁舎面積 - 8千㎡~1万㎡」が目安とされてます。
高浜は、このような検討もされず「183人にて3.7千㎡」を選択されました。 

   職員 庁舎面積 一人当り 増員対応
新城市  288人 約9,200㎡  31.9㎡/人  有
高浜  183人 約3,700㎡  20.2㎡/人  無

 

・「高浜」の職員数は、現在「238人」が在籍されているそうです。

「リース」は、計画当初から「組織の分離分割」を前提条件とされていたようです

 

・なぜ「庁舎組織」の一体化・統合をされないのか…  職員の散歩優先のハコモノ計画

将来の職員数の増員対応も条件とされず「高浜-職員-183人」固定も疑問だけ…

 

<高浜の庁舎建設の実施方針>

f:id:t2521:20220322222531p:plain

 

<新城市 - 庁舎面積の目安検討> -「総務省基準」

f:id:t2521:20220322223007p:plain

 

<新城市 - 庁舎面積の目安検討> -「他の自治体事例」

f:id:t2521:20220322223549p:plain

f:id:t2521:20220322223816p:plain

新城市 -「自治体平均-35.9㎡/人」を基準に「現在-288人-10千㎡」-「将来-329人」

「高浜」は、職員数-20年間-183人固定 - スペースパンクは明白です

「結果」-「自治体平均-35.9㎡/人」を無視 - 「リース-20㎡/人」では窮屈な職場環境

  これは「市民」も「職員」も無視 - リース業者を過剰優遇の結果です。高浜を裏切り!!

 

2. 「リース」は市民損害 27億円にも相当する大損害のハコモノです

・旧庁舎-7,674㎡をリース建替は4,000㎡を消失 - これを金額換算すれば「16億円」

・「リース」も、つくば市と比較すれば「11億円」もの巨額の水増し損

 

リース損害

損害要因

 損害規模

  損害額

試算単価

旧庁舎-面積損

床面積-半減

 4,006

  16億円

総務省単価

リース-水増損

建設単価-倍額

 30.5万円/㎡

  11億円

リース単価差

 

結果 - 市はリースを「38万円-0.01%」も安いと契約ですが「高浜」を私物化です

市民損害 - 27億円もの巨額の大損害 - 高浜の未来は失望しかありません

 

   市は近隣市と徴税額は同額と説明されます… 

   同額であれば「公共施設」も同規模があり方では…

 「高浜」だけ、施設狭小化は市民生活が犠牲

 

   「公共施設」の面積は「高浜」は全国最低です 

    更に狭小化は行政の低落としか言いようがありません

  「行政」として失敗はありえません …  残念な高浜行政 

    税金の無駄遣いや 私物化では市民は犠牲です!!

 

   市民の無関心さも施政の悪さの原因と思われます

 一言発することが高浜を明るくするコツと思います 

 

 

   (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - まちの私物化 !

「高浜」の施政施策や医療対策の低劣さは残念であり、市民を犠牲は凶行施政の証し!

・「コロナ感染」激増のなか、議会は「議員いじめ」に熱中は市民犠牲を無視の議員…

コロナ禍蔓延のなか感染状況の詳報発信もなく、感染防止施策は「接種」一辺倒…

・結果 - 碧海五市で「高浜」感染数は、碧南市に次ぐ、高止まりで横ばいとなってます

 

<コロナ感染数> *碧海五市 

・「感染数」は累計、「感染増」は 1月4日を基準に試算。

碧海 人口-千人 感染-3/17 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6   6,959 4.56%   5,242 3.44%
安城 190.1   8,790 4.62%   6,822 3.59%
知立   72.3   3,624 5.01%   2,638 3.65%
碧南   72.8   4,517 6.20%   3,543 4.87%
高浜   49.1   2,982 6.07%   2,366 4.82%
合計 536.9 26,872 5.01% 20,611 3.84%

 

「高浜」のコロナ蔓延爆発の契機は、市主催のイベント行事時期と合致しています…

・市民には自粛生活を押付け、市は市制50周年行事を強行は裏切りの施政の証し

 

 

<最近、話題としている高浜施政の悪さ>

1・「職員数」- 類似団体-約80自治体では、全国最低の職員数です

2・「公共施設面積」- 市民一人当り「2.4㎡/人」も、五万人未満市では全国最低

「高浜」はなぜ、全国最低を目指すのか…?    特定業者には過剰な倍額優遇を強行…

・「高浜」を私物化され「業者メリット」を追求提供だけの施政は不適切の極み…

 

碧海五市 刈谷 安城 知立 碧南 高浜
人口-千人 153   190   72   73   49
職員 1,044 1,080 453 455 238
千人当り 6.8 5.7 6.3 6.2 4.8 - *
施設面積-㎡ 549,927 515,936 157,188 270,279 118,276
一人当り 3.60 2.71 2.17 3.69 2.40 - * 
ごみ立当番制  無  無  無  無  有

町内会加入-%

65.9 78.8 71.9 72.8 53.6 - * 
住みよさ-位    38    97 359    46 310 - *

「高浜」-町内会加入-54%に転落を「コミュニティ形成」と説明も詭弁の極み…

・最近、高齢者世帯を筆頭に「町内会離れ」が急加速しています…

 

 ごみ政策も市民無視は失敗の証し 

 

---「高浜-ハコモノ行政も劣悪」 ---☆---

<主要な公共施設を「知立市」と比較>

・下記の主要施設の面積を比較すれば「知立市」は高浜の3倍超の面積を確保!

「高浜」は、更に、公共施設-面積を狭小化を強行は凶行です!! 

 

公共施設 知立市 高浜  知立/高浜 高浜-施設
本庁舎   8,957 3,668    2.4 リース事務所
中央公民館   3,041    853    3.6 たかぴあ
文化会館 10,857 2,312    4.7 高小体育館
市立図書館   2,477 1,784    1.4 (閉館予定)
市民体育館   6,303    922    6.8 サブアリーナ
合計 31,635 9,539    3.3  

 

  市は近隣市と徴税額は同額と言われます… 

  同額であれば「公共施設」も同規模があり方

「高浜」だけ、施設狭小化は市民生活が犠牲

 

  実態は、例えば「介護保険料」は西三河-最高額とか…

「財政運営」を私物化は施政として過ちであり失敗

 「行政」として失敗はありえません …

  税金の無駄遣いや 私物化も許されません!!

 

 

----------------------------☆---

「高浜」のハコモノ方針は「財政削減」を目的とし「狭小-縮充」とされてます。

・しかし、常識でも、総務省方針も「公共施設」は「長寿命化 - 百年」があり方…

これを「早期解体-築40年」「倍額建設」では 典型的な財政の無駄遣いを強行

・しかも、特定業者と、相場を超越した巨額契約は「高浜」私物化の証し…

 

 「市民」を無視の 施政を私物化で強行されてます

 

典型的な「特定業者」を過剰優遇の事例を取上げてみます…

1・「リース事務所」- 庁舎を面積半減にも係わらず施設事業費は -30億円契約!

  (*ほぼ同規模リースの「つくば市-分庁舎」は約9億円契約 - 高浜-3倍額を強行! )

 

2・「高小-倍額-50億円契約」- 市立学校で「高小」だけ15年間も維持管理まで独占契約

       (*「施設費」に縮充建設の財政削減効果無し。集会室等の利用率も1割以下… ) 

 

・「中央公民館-市民ホール」代替施設として「高小-50億円」を投入されたようです

実態は「高小-体育館」を児童学生が「発表会」に利用の思いを抱いても予約不可能

 

・平日は「高小-授業」、休日は「市民-運動活動」にて予約され抽選方式なのです。

「文化活動」で利用は「予約専行権」を持つ市と学校だけ。あるいは平日夕刻のみ…

 

・つまり「縮充」と言われますが、市民の文化活動は阻害されたまま… もう5年も経過

市は「子どもらに市外の施設を大いに利用しよう」と指示も無責任の極み…

・同じ納税額で、高浜だけ公共施設を利用出来ないのは施政が間違っている証しでは…

 

 「高浜」の文化拠点は施政によって破壊されました…!

 

3・「民間プール会社」とも独占契約 - この整地事業に当初1億円落札が2億円で発注!?

  (*この借地契約も募集時は20年条件。契約直前に30年に延長…!  過剰な業者優遇 )

 

4・「民間分院-20年-60億円補助!」-「K市市民」の倍額の負担提供を強行されてます

  (*「公共施設」を分院からお願いされたと「早期解体」は典型的な市民無視! ) 

 

5・「学校エアコン」も、市外業者 - 一社見積応札の仕掛け。更に高額発注…

  (*通常、一校毎に空調工事を競争見積があり方 - 高浜は全校一括発注を倍額契約…

        例えば-教室当り- 小牧市-210万円、みよし市-150万円~180万円 - 高浜-307万円)

つまり、教室-268室ごとに「札束付」の工事を推進強行されたようです…

・ちなみに、福井市は「電気式-約80万円/室」- なぜ「ガス式」を選定されたのか謎…?

        (*災害時の回復復旧が早い方式は「電気」。ガス式は復旧期間も維持管理も必要 ) 

 

---「議員いじめ」の議会実態 ---☆---

● この異常な財政運営の指摘活動を推進する「K議員」を保守系議員は「いじめ-凶行」

・「市民が選んだ議員」だから 俺の声が市民の声と財政無駄遣いに賛同は無責任の極み

「高浜」の "まちづくり"と "次代の市民" のためにこそ働いて戴きたいものです

 

 高浜施政と議会は「私物化」を強行されてます…

   先日、市内を歩いていたら「高浜 - プーチン」と揶揄する声も聴かれました…

 

 

     今回の「東北地震」で不安は「公共施設 = 避難所」

   これを「狭小強行」は「避難場所」の削減と廃止 

   災害時でも「市民いじめ」を強行施政は凶行です  

 

 

   (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 総合計画 - 事例 - 東海市 Ⅲ

「高浜」- リースはどう考えても、最低でも「27億円」もの巨額の大損害施設です!

後日、リース計画の適正適切さについて、再検討吟味したいと思っています…

 

「高浜」は「ハコモノ」も失敗 - その大元の「総合計画」も疑問。もう半世紀経過…

・「高浜」は過剰な職員削減の結果「総合計画」も不可解な点が多く結果、市民が犠牲

とても「PDCA」を駆使して適正適切な施政を遂行されているとは思えません…

・今回、その一端を取上げ、読者各位と事例検討を進めたいと思います。

 

---「第六次総合計画」---☆---

・「総合計画」では、施策項目として「22項目」を取上げられているようです。

 [検索]  :   第6次高浜市総合計画(基本計画【後期】)の進行管理 - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

 

「高浜-総合計画-評価シート」の一例から -「安全安心」のまちづくり 

 

f:id:t2521:20220316083122p:plain

 

「総合計画」は、10年単位の計画ですが「前期・後期」と二分割も疑問です

その評価も市民アンケートを基としているためか極めて官能的評価の羅列です。

 

・「高浜在住-40年超」 - 一度もアンケート経験無く、果たして実態を捉えているのか

その調査手法も疑問 - 市のご都合に合わせ忖度評価されているのでは…?

 

例えば「犯罪発生数 - 年間5.8件/千人」を良好と評価 - 「◎」を付与。

・これを生活ガイドにて全国確認すれば「年間-290件-6.3件」は全国634位の多発地域

「毎日-1件」は 市内のどこかで発生しているようです - 市の評価はこれを容認…?

 

● このためか市内の防犯カメラ設置数も、極めて少数 - 数年前からようやく着手…!?

・K市に本院のある分院には60億円! - K市の倍額。そのK市防犯カメラ-1200台設置完 

残念ですが、高浜市内に設置された防犯カメラは、まだ50台も無いのでは…

   これが「思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま」でしょうか?

   ちなみに、この「キャッチフレーズ」- 10年経っても市民認知 -43%とか…

 

 

「スポーツ・レクリエーションの機会をつくり、市民交流の場を充実します」

結果は「体育センター-解体」・ 「サブアリーナは面積半減」の矛盾を凶行…!

・行政による凶行は、市民を愚弄する計画ではないでしょうか…

f:id:t2521:20220316093450p:plainf:id:t2521:20220316092854p:plain

 

「言行不一致」の施政を強行は市民が犠牲となっています

 

3●「待機児童」問題も深刻です。何ら、改善の兆しなく放置のままでは…

f:id:t2521:20220316124032p:plain

・ちなみに「東海市-待機児童-0人」-「高浜-23人」とは無策も限度を超えてます…

生活ガイド -「高浜-16人-全国-718位」- ハコモノ倍額の結果 - 後世の市民は放置…

 

   施政私物化は、高浜市民の生活を犠牲としている証し

 

 

---東海市-総合計画の評価シート」---☆---

 [検索] : 令和2年度(2020年度) 指標一覧/東海市 (city.tokai.aichi.jp)

東海市」の総合計画-評価シートは「10年間」の推移を確認出来るようです

・「評価項目」も、全211項目  - 実に、懇切丁寧な執務を遂行されています…

これが「無謬 (むびゅう) 」の施政のあり方のひとつと思われます

f:id:t2521:20220316094407p:plain

 

評価シートの右欄を拡大します

・「担当課」「基準値」「現状値」「5年、10年後の目標値」そして各年実績を掲載

f:id:t2521:20220316095808p:plain

・このような「評価」-「推進方法」や「記録公開」があり方のひとつと思われます

他市は関係無いとせず、参考にすることがより良き施政を推進する糧となるのでは…

 

   職員数-全国最低の補完方法として他市情報は貴重な戦力

   その意味でも「本庁舎」をリースは典型的な凶行です

 

 「リース-本庁舎」は恐らく高浜だけは失敗の証し!

    知れば知るほど、矛盾だけのハコモノ行政は私物化!

   残念ですが「市民のしもべ」精神を喪失されてます  

 

 

<リースの異常な契約例> 

・高浜施政は、これを「支払の平準化効果」と説明… あってはならない裏切り!!

リース   施設面積   契約額-(税別)  リース期間    年-支払額
つくば市    3,330㎡     8億73百万円     15年        58百万円
高  浜    3,668㎡   28億99百万円     20年   1億45百万円

 

 この財政の無駄遣いは取り返しがつきません 

「第六次総合計画」の最大の失政です!! 

高浜市制-50年」の最大の失敗です!! 

 

----------------------------☆---

●「まちづくり」は市民生活に直結し、多様で多岐に渡り複雑な要素を含んでいます。

・これを一つの「キャッチフレーズ」で充足することは到底不可能であることは明白

「キャッチフレーズ」だけの"まちづくり"では失敗です

「総合計画」- 市民本位、未来の高浜づくりがあり方です

  

 

      (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 総合計画 - 事例 - 東海市 Ⅱ

一人の独裁者の身勝手な想いや行いが「世界の平和」を揺るがしています。

・隣国を侵攻し、世界の市民に犠牲を強要は許しがたい暴挙となっています。

 世界は、皆、つながっていることも確信しました  

  f:id:t2521:20220308232556p:plain f:id:t2521:20220309004412p:plain

  この実態を傍観ではなく、なにか手立てはないものでしょうか…?

     国際郵便(はがき)でも出してみてはと… 小さな源流が大河になる日を願って… 

 

 

---「高浜」の失政の実態例 ---☆---

● 市民生活に「リーター」選択は重要課題 -「高浜」も残念な結果はいかがなものか…?   

「リース」は特定業者を過剰優遇の不適切の極み -「27億円」もの巨額の損害です!

 

<リースの異常な契約例> 

・高浜施政は、これを「支払の平準化効果」と説明… あってはならない裏切り!!

リース   施設面積   契約額-(税別)  リース期間    年-支払額
つくば市    3,330㎡     8億73百万円     15年        58百万円
高  浜    3,668㎡   28億99百万円     20年   1億45百万円

 

・「リース契約-20年」で30億円解体 - 血税を無駄遣いは私物化であり市民を裏切り!

「同じリース社」「ほぼ同じ施設面積」-「20億円」もの巨額差も異常の極みです…

 

・「つくば市」は分庁舎をリース - 本庁舎に隣接して建設 ⇒ 高浜はリースが本庁舎! 

更に「つくば市」リースは15年後-無償譲渡 -「高浜」 施政動向を鑑み調整とか…

・「新城市」は「庁舎建設基金」を20年以上積立てられました -「高浜」は後世任せ…

 

「高浜」のハコモノ行政は「デタラメ」の連続であると確信に至りました…。

・「築40年」を老朽化と称し、次々と早期解体は過ちであり、財政を無駄遣いです。

「図書館-閉館」- 民間譲渡を失敗の対案として「美術館」に図書室を作って延命…

・「かわら美術館」の主要機能である「陶芸室」は閉鎖 - 市内の陶芸社に委託も無責任

 「かわら美術館」には 市施設最高額 -90億円も投入

  「失敗」の 説明責任も放棄されてます - 私物化の悪さ… 

 

----------------------------☆---

自治体の運営」は市民生活を左右する重要課題 -「高浜」は他市は関係無いとされて

 ますが「失政」の露見を隠蔽の証し… 比較すれば実に"前時代的な施政"を強行です

・今回、「総合計画」を機に気づいた「都市宣言」を「東海市」にて確認してみます。

この「まちの未来ビジョン」を標榜する「都市宣言」も「高浜」は放棄のまま…

  本気で「高浜」の未来を創生されようとしているのか?

    過剰な業者優遇が高浜の未来に繋がるとも思えません

 過剰な優遇は後世をも借金返済に落とし込む失政です…

 これを強行は私物化であり 市民を裏切りの悪さの証し

 

<東海市>

・「東海市」は良すぎ。の見方もありますが、「高浜」の劣悪は異常であり市民犠牲!

原因は、自治体が適正適切に運営されていない。市民でなく特定業者を過剰優遇…

 

  住みよさ 人口 職員数 千人当り 公共施設 待機児童
東海市   61位   11.5万人    886人  7.73人    392千㎡      0人
高浜    310位     4.9万人    238人  4.85人    118千㎡      16人

 

住民運動5年経過し確信は「高浜」は私物化されてます!

・「高浜」は職員を過剰削減により施政施策が低劣化しています - 類似団体-全国最下位 

・「高浜」は公共施設を過剰に狭小化により市民生活は低落です - 施設面積-全国最下位

・「待機児童」-16人は、後世の人づくりも放棄の証し - 全国-718位 (815市区) 

 (*「待機児童-0人」例 - 名古屋・豊橋・半田・安城知立・碧南等々 - 圧倒的多数)

 

    高浜の全国最低を指向の"まちづくり"は過ちの極みです

 

<東海市-愛知県>

東海市-HP」を確認し感服は「コロナ接種率」を表紙に掲載 -「高浜」は隠蔽です

・このことからも「東海市」は開かれた施政を遂行されている自治体と確認できます

<コロナ-3回接種-28%>  *「高浜」- 非公開-隠蔽 - これがコロナ対策の実態です

f:id:t2521:20220309154647p:plain

 

・「東海市」は「接種推進」と「接種結果」の両施策を公開発信されています 

このような「施政情報」の公開姿勢こそが透明性ある施政のあり方では…

 

・高浜は「まん延防止時期」に市制50周年と称して「イベント開催」を強行されました

その数日後「コロナ感染者-百名弱」にまで急拡大… 以来、感染増のまま横這い…

・市が積極的に「市民」を集め「記念イベント開催」とは落胆と同時に呆れました…

「まん延防止期間」も無視の施政は傲慢の極み…

 

---東海市」の都市宣言 ---☆---

・「東海市」は「都市宣言」を"まちづくり"の基幹方針として位置づけられているよう

   [検索] : 東海市都市宣言/東海市 (city.tokai.aichi.jp)

 

 f:id:t2521:20220309162941p:plain

 

・ここで気づいた事がありました -「東海市」もキャッチフレーズを設定されてました

「ひと  夢  つなぐ  安心未来都市」を目指し"まちづくり"として「都市宣言」を設定

・「都市宣言」は、"まちづくり" のための具体的な方針施策課題のようです。

つまり「都市宣言」無き"まちづくり"はありえないか、"過ち"のいづれかでは…? 

「キャッチフレーズ」だけでは "仏作って魂入れず"

 

----------------------------☆---

<東海市-都市宣言から抜粋>

1.経緯

 本市では、「東海市まちづくり基本条例」及び「第5次東海市総合計画」に基づき、個性豊かで活力に満ちた地域社会を目指し、市民の皆さんと市の協働・共創によるまちづくりを進めています。
 このたび、10年先、20年先を見据えて、市民の皆さんが誇りに思うまちづくりを進めるとともに、次世代へ夢を引き継いでいくため、また、新たな創造をめざしたまちづくりを進めていく決意を表明するため、 平成22年3月4日の東海市議会で全会一致の議決をいただき、「東海市都市宣言」を行いました。

 

2.都市宣言の考え方

 東海市まちづくり基本条例に掲げたまちづくりの5つの理念(安心、快適、いきいき、ふれあい、活力)の実現に向けて、本市が進めている、また、進めようとしている政策の方向性を分かりやすく、端的に「メッセージ」として表現したものです。
 

3.宣言内容

 東海市都市宣言は5つの宣言から成り立っています。

 この都市宣言を市民のみなさんに、そして広く全国に発信することで、まちづくりの方向性を共有し、より一層、協働・共創によるまちづくりを進めていきたいと思います

 各宣言の内容につきましては、下記をご覧ください。

 

つい、最近、新たなる「都市宣言」を追加されました - 時流にも適応されてます

 「ゼロカーボンシティ宣言をしました」

 令和4年3月1日、令和4年第1回東海市議会定例会において、市長が施政方針演説の中で、2050年を目途に温室効果ガス排出量を実質ゼロとするゼロカーボンシティを目指すことを表明しました。 

   世界にも貢献する"まちづくり"を推進されています

 

----------------------------☆---

●「まちづくり」は市民生活に直結し、多様で多岐に渡り複雑な要素を含んでいます。

・これを一つの「キャッチフレーズ」で充足することは到底不可能ではないでしょうか

「高浜」は、この一言による"まちづくり"を半世紀継続の結果、住みよさ-310位…

・市民生活を犠牲に 特定の業者を過剰に優遇の施政のあり方は過ちであり 悪さ…

 

「キャッチフレーズ」だけの"まちづくり"は失敗です

 「総合計画」- 市民本位、未来の高浜づくりの計画であってほしいものです…

  

 

      (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 総合計画 - 市民参画の疑問 ?

「高浜」のハコモノ行政は「デタラメ」の連続であると確信しています…。

・「築40年」を老朽化と称し、次々と早期解体は過ちであり、財政を無駄遣いです。

多くの自治体が「施設寿命-80年」と制定し長寿命化を図っていることも証し…

 その大元となる施政計画が「総合計画」と言われるもの… らしい…

 

● 直近の総合計画は「第六次計画」のようです。期間は「2011年~2021年」とか…

・現在「第七次計画」の構想検討を推進されている模様です。

疑問は「市民参画」と言われ実態は「キャッチフレーズ-考案」だけのよう…??

 

・10年経過でも、ご存知無い市民もみえ愕然としたのも記憶に新しいところです。

 第六次は 「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」とPRされてました

・これを「キャッチフレーズ」と称し未来を描く市民会議」にて立案された模様です

    (*詳細は、異なるかもしれませんがHP資料から推測判断しました ) 

 

<総合計画-キャッチフレーズ>

疑問は「キャッチフレーズ」で高浜のまちづくりが可能なのか…? もう50年も継続… 

・「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ  大家族たかはま」- 結果は裏切られた想いだけ

市民は施政の手玉に乗せられ「言葉づくり」だけで市政参画と誤魔化されているよ

  うな懸念を抱いています。

 f:id:t2521:20220305140630p:plain

 

●「第六次」における主要な事件は「乱暴なハコモノ行政による早期解体の凶行」です

・「中央公民館」を初め「旧庁舎・青少年ホーム・体育センタ」「旧市立病院・大山

 公民館」も… まだまだ利用なハコモノを僅か「築40年」で解体閉館は血税の無駄遣い

・更に、施設更新に「倍額投入」は不適切な業者を過剰に優遇だけ…「リース・高小」

最たる裏切りは「リース事務所」は市民に「27億円」もの大損害を負わせたこと…

 これは「大家族とたかはま」を裏切る暴挙です…!

 

「第七次」の総合計画を策定に当り、次の疑問を感じています。

・近年、市は「P-D-C-A」を駆使して計画推進されると聞きます…

であれば「第七次」の計画策定に当たり「第六次」につき「C (チェック)-評価」が進め方

 

・これを実施することにより、俄か仕立ての参画者であっても「悪さ」が発見可能です

ところが、実態は過去は無視 - キャッチフレーズづくりに邁進の計画のようです

 

<第六次計画の疑問例>

・「第六次総合計画」の基本体系とされる一部を抜粋してみました。

f:id:t2521:20220305143559p:plain

 

1.市民と行政がお互いの考えを理解    ⇒ 「高浜初の住民投票」を無視されました。

「民間分院」要望を受けて公共施設を解体とは前代未聞。更に60億円もの巨額補助!

   (*幾度か言及していますが、この補助額はK市市民の倍額を投入なのです )    

 

2.「将来を見据えた健全な財政運営」⇒ 「市債は増加に逆転」「ハコモノ-倍額建設」 

リース事務所は「27億円」もの大損害。特定業者が、20年間-事業独占の仕掛け

   次世代を借金の犠牲とする仕掛けであり、街の将来をも犠牲の悪辣な財政私物化!!  

 

最近、話題の「図書館-閉館」- 蔵書-20万冊のうち18万冊も書庫に保管とか…

・民間譲渡を失敗した「美術館」に図書室を作って1万冊展示。数年後改修に30億円?!

これを「将来を見据えた健全な財政運営」とは詭弁を弄する限度も超えてます…

 高浜は「総合計画」も「ハコモノ行政」も市民が犠牲の施政を強行となっています

 

<「キャッチフレーズ」づくりの疑問>

この結果検証を避け「キャッチフレーズ」に注力は残念ながら施政成果は疑問だけ…

最近、気付いたことは、高浜は「都市宣言」を何ら設定発信されていないこと…

 

<碧海五市の都市宣言>

・「都市宣言」こそ、まちづくりの「戦略方針・ビジョン」ではないでしょうか…

これが欠落は「戦略方針」も「ビジョン」も無き "まちづくり" を強行の残念な証し

刈谷

・ 緑化推進都市宣言 ・ すこやかな青少年都市宣言

安城

・人にやさしい交通安全推進都市 ・ 地球にやさしい環境都市

・青少年をすこやかにはぐくむ都市

知立

生涯学習都市 ・ 平和都市

碧南

・ 交通安全都市

高浜

  都市宣言-無し?   - (キャッチフレーズだけ) ・住みよさ-310位

野々市

・愛と和の都市 ・平和都市 ・ゆとり創造 ・ 健康都市 ・美しいまちづくり

    (*「野々市市」は、住みよさ-2年連続-全国-1位の自治体 - 石川県-人口-5.3万人 ) 

 

 

<戦略無き施政のハコモノ計画> 

「高浜」の公共施設-一人当り面積は「全国-最下位 - 2.4㎡/人」は削減済みのはず… 

・「国」が問題視しているのは「全国平均 - 3.77㎡/人」を超える自治体ではないか…?

これに便乗して「業者優遇」「倍額建設」は不適切な市民が犠牲のハコモノ行政

  「リース-27億円」もの大損害を行政も議会も揃って強行はいかがなものでしょう…

 

f:id:t2521:20220305151046p:plain

 

・「野々市」の公共施設面積も高浜とほぼ同じ - 但し主要施設は高浜の3.5倍です。

「高浜」- 住みよさ-310位に低迷の一因かもしれません - 施政の過ちの結果です

 

公共施設   野々市市  高 浜    野々市/高浜   高浜-施設
市庁舎   14,174 ㎡    3,668 ㎡     3.9 倍  リース
中央公民館   2,763       853   3.2  たかぴあ
文化会館     5,648    2,312   2.4  高小-体育館
市立図書館     3,652    1,784   2.0  閉館予定
市民体育館     7,355 - 2棟        922   8.0  サブアリーナ
 合 計   33,592 ㎡    9,539 ㎡  3.5 倍!  

 

ハコモノ面積が、これほどの格差を形成は高浜施政の劣悪さであり大失敗の結果

高浜」-百年の展望無き失敗は「総合計画」「公共施設管理計画」も不適切な証し

  高浜は "まち"と市民を犠牲に施政強行は失政の証し…

 

<ごみ立当番の疑問>

●「高浜」だけ、「ごみ立当番」を市民に強要も過ちの施政の証しであり最悪の施策

⇒ 市は「地域交流の場-コミュニティ形成効果として有益」と説明のようです…

町内会  刈谷  安城  知立  碧南  高浜
加入率

    65.9         

78.8      71.9      72.8         53.6     
ごみ立当番  無  無  19年-廃止  22年-廃止  継続

 

<「町内会-加入率」はコミュニティ指標>

・「第六次総合計画」も失敗の証し - 町内会加入率は当初-69%が、現在-54%に低落!

この町内会-低落が「第六次」の目的目標なのでしょうか…?   コミュニティも崩壊…

   f:id:t2521:20220305134246p:plain


● つまり「半数の世帯」でごみ立当番は運営されているのです - この不公平を黙認

これを「コミュニティ形成」と言葉だけで継続は、市民が犠牲の施政であり凶行!!

 

   第六次総合計画 -「大家族」精神を放逸 - 施政本位、自己満足だけの施政の証し… 

 

---総合計画 ---☆---

「第七次-総合計画」も、市民不在、市民無視で強行は次世代も犠牲です。

・この理由は、計画立案後、パブリックコメントを募集されると思われます。が…

市民に与えられた期間は、僅か二週間。ほぼ施政に反映されることなく却下扱い…

・一応、市民評価を受けた。という実績づくりだけの仕掛け…

 

これは、施政にとって仕事が楽な進め方を優先されている証しです。

その前提は「市民 (大家族) の声」は無視。本来のあり方から逸脱です

 

・市民の声を如何に活用するかではなく、否定する言い訳に終止されてます

その裏は「市民しもべ」ではなく「市民しもべ」と実に傲慢な施政の証し…

 

 これを「大家族」と10年も継続なのに、典型的な「高浜」を私物化となっています

 「キャッチフレーズ」ではなく「失政のカモフラージュ」…

 「キャッチフレーズ」は、施政にこそ自覚が必要な言葉ではないでしょうか…

 『思いやり   支え合い    手と手をつなぐ    大家族たかはま』・・・

 

 「総合計画」- 市民本位、未来の高浜づくりの計画であってほしいものです…

 

----------------------------☆---

 それにしても「リース損害-27億円」は高浜にとって甚大なる損害であり詐欺同然!

  「リース」は巨額-33億円を「僅か38万円も安い」と契約は明白な私物化…!  

    まったく「財政-私物化」や「議員いじめ」に注力強行は裏切りの極みです…

 

  高浜に本来の施政を取り戻していただきたいもの…  

 

       (最後まで、 ありがとうございました) 

高浜住民監査 - 疑問のコロナ対策 - 2月総括

「コロナ感染」拡大の勢いは止まる気配はありません。またもや「まん延防止措置」

 を延長とか…。3月1日、高浜の感染者数「86名」とは驚愕です…

・ところが「高浜-コロナ施策」は「ワクチン接種」だけ…?  市民の不安解消は放置…?

  市民を犠牲の感染対策、脆弱な施策と情報不足に困惑…

 

<コロナ感染数-22.03.01-中日新聞>

f:id:t2521:20220303164006p:plain


<感染状況>

コロナ感染につき、2月度の「碧海5市」を比較してみました。 

「高浜」は感染率も高く、今年の感染増加数は平均を大きく超えてます

・第五次感染とは異なる様相 - であればコロナ対策施策も改革が必要を接種一本槍…

<2月3日>

碧海 人口-千人 感染-2/3 感染率 感染増-人 感染増率
高浜   49.1   1,084 2.21%   468 0.95%
合計平均 586.0 11,503 1.96% 4,626 0.79%

 

<2月28日>

・「高浜」は「碧海五市-第2位」は危機的状況と思われます

西三河 人口-千人 感染-2/28 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6   5,565 3.65%   3,848 2.52%
安城 190.1   7,043 3.70%   5,075 2.67%
知立   72.3   2,999 4.15%   2,013 2.78%
碧南   72.8   3,705 5.09%   2,731 3.75%
高浜   49.1   2,275 4.63%   1,659 3.38%
合計平均 536.9 21,587 4.02% 15,326 2.85%

 

<高浜-2月の感染状況は突発的、爆発的な急拡大>

● 市民への緊急周知、緊急警報を発信されたでしょうか…?

HPに掲載すれば、市民5万人に周知できるのでしょうか… 

 

f:id:t2521:20220303215525p:plain

 

<2月-15日に急拡大> 

・つまり12日~13日の土日が感染増加の契機では…?   (*グラフ-筆者作成) 

f:id:t2521:20220303231930p:plain

 

⇒ まさか「まん延防止期間中」の市行事を強行が原因の可能性も疑われます…

・それほど「市制50周年行事」に注力優先は、市民の健康安全は二の次では…?

 

<オミクロン株の潜伏期間 - 平均3日>

f:id:t2521:20220304141220p:plain

 

 

---「高浜」の情報展開の疑問 ---☆--- 

「まん延防止措置等重点措置」と市HPに大きなスペースで大々的にPRされてます

問題は「重点措置」の内容説明無く、市民に生活行動の指針が全く発信されてません

・一方、「県」HPは、行動指針とリンクされてます。これが重要ではないでしょうか

 

f:id:t2521:20220303214124p:plain

 

●「県-まん延防止等重点措置」- 県HPにて同画面をクリックすると感染防止策が検索可 

 [検索] : 「まん延防止策」  381826_1665173_misc.pdf (pref.aichi.jp)

「高浜」は、具体的なコロナ感染防止の行動は「県」HPを確認! と言われるのか…?

 

「高浜 - 広報たかはま」にみるコロナまん延防止措置期間中の情報も疑問…

・広報-3月号の見出しを掲載します。市民感覚では非常事態と思うのですが… 

「高浜」では、どのような生活実態で感染されたのかを知らせる事も肝要では…

 

f:id:t2521:20220303224452p:plain

 

<いつまで市制-50周年記念事業のお祭り騒ぎに注力されるのか…>  *もう52年目…

・市民生活はコロナ対策で、追い詰められた窮屈な生活に耐え忍んでいます…

⇒「リース事務所」は27億円もの大損害を市民に負わせて… 過ちの連続!!

 

f:id:t2521:20220303224539p:plain

 


「高浜」の医療体制や職員体制は脆弱です。コロナ対策の根本が全国下位の実態です 

・市制50年も経過し、根本的な体制・組織づくりが弱体化となっています…

 ⇒「生活ガイド.ocm」にて確認 - 全国815市区の順位 - 高浜は 全国-下位層…  

 

高浜  人員-人  全国-順位
医師数    28        766
職員数     238        762

 

・類似団体では「職員数は全国最下位」- 更に役所組織を分離分割は組織力を弱体化

「リース」は役所組織の分離分割を招き、財政効果は27億円もの大損害に発展

 加えて、医療体制の弱体化は接種率の低落を招いているようです・・・

 業者優遇は市民の健康も犠牲の施政となっています

 

・これでは「コロナ」に勝てません!!  市民が犠牲の施政強行! -「業者優遇」の結末です

「市HP」も、見づらく、使いづらいシステム - 血税の無駄遣いを強行は裏切りです

 

・公共施設1人当り面積-2.4㎡/人も全国最低 - 最低の市民生活を強要も不適切な施政

ハコモノ」は「早期解体」「倍額建設」「業者優遇」

  市民無視、市民が犠牲の施政が強行されています…

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました) 

高浜住民監査 -「リース庁舎」は詐欺同然! -27億円もの大損害! -Ⅱ

「高浜」のハコモノ行政のデタラメ建設は限度を超えた血税を無駄遣いの連続です

・「リース」は「27億円」もの大損害を市民負担としています!! 裏切りの極み!! 

公共施設は「百年の大計」があり方を「リース-20年契約」はハコモノ行政の後退…

・「早期解体」「倍額建設」は血税の無駄遣いであり、あってはならない裏切りです!! 

・同時に「貴重なエネルギー」を浪費は、地球環境の破壊にも繋がる暴政を強行です

 今回は、市HP「本庁舎整備事業に関するQ&A」を一問一答で検討します。

 

---「庁舎建設の説明」 ---☆---

・市HPにて「庁舎」建設の “Q&A" を掲載。実に言葉巧みですが矛盾の説明です。。 

  [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業に関するQ&A - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

リース-完成前は「旧庁舎-改修」は37億円要するとウソ資料を掲示も 詐欺同然!!

・市HP掲載のウソ資料を、リース完成後、用済みとばかりに削除改ざんは犯罪同然!!

 

・市民を騙して「33億円契約」とは、人としての良心も 疑問しかありません…?

10%コスト削減もウソ」~「リース-20年間」を決定の責任も放棄されてます…

 

・お役所の執務のあり方は「無謬 (むびゅう) 」- 絶対に間違いの無い進め方だとか…

その理由は、自治体の運営は、市民の税金を原資としているためだそうです

 血税は字の如く市民の血と汗の結晶 - 私物化は裏切り

 

 

---「本庁舎整備事業に関するQ&A」 ---☆--- 

1 どうして「今」整備が必要なの?

  1. 耐震性能の課題
    現在の庁舎は耐震基準を満たしていません。大地震等災害が発生した場合には、防災拠点としての機能が果たせず、業務の継続が困難となります。⇒ 〇
  2. 劣化状況の課題
    現在の庁舎は竣工後38年が経過し、施設の老朽化が進んでおり、老朽化に対する大規模な改修工事が必要です。⇒ 築38年を老朽とは過ち。寿命は80年超… 

  公共施設も人と同じ-寿命「百年」- 築38年は寿命半ば  

  鉄筋コンクリート-長寿命化技術は商品化されてます。

 

2 どうして耐震改修をしないの?

 耐震改修に方法は、ブレース工法、制震工法、免震工法などがある中で、ブレース工法による耐震改修を実施した場合、建物の変形を抑えるための筋交(すじかい)を建物外部だけでなく内部にも設置する必要があり、それにより現在の執務スペースが分断されてしまいます。⇒ ✖。矛盾は「組織分割で"いきいき広場"に移転」は大分断です!

・この耐震補強の方法も公表されず、行政の独断で、リース決定も業者優遇を強行…。

 さらに、耐震改。修費の費用に市の貯金である公共施設等整備基金や財政調整基金を充ててしまうと、公共施設等整備基金が無くなってしまい、今後の公共施設の更新の為の費用を確保することができなくなります。⇒ ✖。

・公共施設の建設は基金積立から開始があり方。次代の借金を軽減が施政のあり方…

新城市は庁舎建設基金積立を20年以上前から開始 - 建設費の負担を半減されました

「高浜」財政はキリギリス運営 - 借金増大のハコモノ強行

 

3 どんな手法で整備するの?

 新たな庁舎では、建物を民間事業者が建設し、建設された建物を民間事業者から「賃借」します⇒ ✖。市民に、この財政効果の説明があり方。業者優遇を独断は私物化

 賃借することとした理由は、庁舎は地方公共団体の事務所として位置づけられていることもあり、シンボリック的な建物を求めず、その分他の公共施設の更新・大規模改修等の費用に充てるためです⇒ ✖。庁舎は街のシンボル - 市民の誇り、象徴、夢、希望…

・事務所で良しとした判断も過ち。次代に対して説明責任をも放棄。無責任の極み!!

 

4.どうして賃借の期間を20年間としたの?

 本事業では、庁舎の賃借期間を新庁舎での業務開始から20年間としています。⇒ ✖

 この理由の1点目は現在の庁舎の耐用年数を60年とした場合、建築してから残期間がほぼ20年で建替えの時期が到来することに加え、設備についても約20年後に更新する時期がくるためです。⇒ ✖。公共施設総合管理計画では長寿命化 -70年。他市は80年…

・「リース条件」に合わせて20年設定も業者優遇の証し… 20年後、また庁舎更新…!?

 施設長寿命化を図り、市民参画で解体更新を策定が国の 

   指針では…。行政の独断強行、業者優遇は裏切りです 

    2点目はIT化の進展により、今後の行政事務のあり方、行政サービスの提供方法も変化することが想定され、現在のスペースが必ずしも必要とは限らず、ある程度の期間で見直しを図るべきとしたことです⇒ ✖。庁舎を基本として複合機能を盛り込むべき

・旧庁舎を耐震改修し、組織を一体化。また、職員数を全国最低から増員すべき…

・行政が希望的予測で庁舎のあり方を想定し、リース事務所は過ちであり分割は大損!

「リース」は市民を犠牲のハコモノ - 20年間も無責任!

 

5.新庁舎整備の提案を募集する際には、どんな提案条件を民間事業者に求めたの?

施設機能

 市庁舎の機能の他、市民も利用が可能となる多目的活用ゾーンの確保や店舗などの収益機能、他の施設との複合化、いきいき広場との連携も含めた一体的に活用した提案を求めました✖。 多目的ゾーン⇒議事室?  店舗⇒休憩室?  計画と実態が乖離は失敗…

・「いきいき広場」との連携とは何ぞや?  庁舎分割は不便極まりません。これを20年も

・「庁舎」は三分割は財政効果無きハコモノ建設。これを独断強行されたのです…

  (*施設として「本庁舎」「会議棟」「いきいき広場」と三分割は縮充に逆行の矛盾 )

 

面積

床面積で現在の市庁舎約7,800平方メートルを約5,000平方メートルへ縮小することを目標にし、また、執務面積として現在の市庁舎の約3,800平方メートルを約3,500平方メートルへ縮小するとして、現在の施設よりコンパクトな庁舎を求め建設費の縮減を考えた提案を求めました ✖。縮小の根拠が曖昧。一体化があり方を組織分割は矛盾

・「職員数」の将来計画や複合機能計画が欠落した判断は「リース業者」を優遇だけ…

・「リース」の執務面積は「3,500㎡」も無いと思われます。過剰な狭小に倍額投入!

「リース」は面積半減にも係わらず「建設費」は相場の倍額では財政の縮減無し!!

    リースは、市民損害-27億円にも増大しています

 

6.整備費用はいくらかかるの?

 概算の事業費は、建物建設にかかる費用や20年間の庁舎の維持管理・運営費などを含め、総額で33.2億円を予定していました✖。これを当初は「37億円」と表記説明!!

 また、建物を民間から賃借する方法を取り入れることで、費用を20年間のリース料として平準化して支払っていきます。このことにより、財政負担の軽減や整備にかかる費用を可能な限り節減し、その財源を老朽化の進行著しい高浜小学校の建替え整備に充てます⇒ ✖。建設相場は10億円を20億円支払は裏切り。借金増加だけの財政私物化!

・本来は建設基金を積立て、建設着手があり方。つまり財政運営も失敗で借金建設!! 

 「高小-倍額-50億円」も 疑問のハコモノです…

 

 

<施設比較>          

庁舎施設    面積-㎡ 施設費-億円(税込)  単価-万円/㎡
旧庁舎-改修  7,674  19.28  25.1
高浜-リース  3,668  21.58  58.8
つくば市-リース  3,330      9.43  28.3

リース事務所」はウソ説明。財政効果無き、高額施設を建設強行は詐欺同然!!

 「リース」を選択落札は過ちと裏切り - 財政私物化の証し

 

<市民が受ける損害額の試算>

「リース」の市民損害は、なんと「27億円」もの大損害!!

リース損害 損害要因  損害規模   損害額 試算単価
旧庁舎-面積損 床面積-半減  4,006㎡   16億円

総務省単価     -   40万円/㎡

リース-水増損 建設単価-倍額  30.5万円/㎡   11億円 リース単価差

 

27億円」-大損害のリース強行は"高浜"と市民を無視!

「高浜-市制50年」に リースは "汚点" となりました…

  今後、20年間も高浜施政の汚点のシンボルです!!

 

9.どんな庁舎になるの?

 新しい庁舎は地上3階一部地下1階、約4,700平方mの建物規模となります ✖。

・「リース」は旧庁舎の面積半減 - 3,668㎡!   (*ウソ記載で説明は不適切… )

    フロア構成としては、1階に市民総合窓口センター、2階に企画部・総務部・都市政策部の執務スペース、3階に議会スペースを配置します ✖。議事室を解体も大損害

・狭小リース事務所は、未だに仮設施設のイメージが残り、残念な施設に30億円投入??

  「リース-3,668㎡」は狭すぎ。これが庁舎とは残念だけ。来訪者も困惑されてます

 また、いきいき広場には、3階にこども未来部及び教育委員会を配置します。福祉部、高浜市社会福祉協議会などと連携しやすくなることで、学びと福祉のワンストップサービスを行います✖。組織分割され、二拠点化をワンストップとは矛盾の施設…

 言葉は「ワンストップ」- 実態は二分割 - 不便で非効率!

 

 

----------------------------☆---

 「30億円」もの倍額投入し、20年で解体も失敗施設!!

 失敗の証し -「つくば市-分庁舎」は 3,330㎡-9億円-15年契約後は施設無償貸与…

   この負担と失敗施設を次代に丸投げも無責任の証し

 

     施政のあり方 - 無謬を無視は過ちと失敗の連続です

   「全国最低の職員数」「全国最低の施設面積」…

 「高浜」は、なぜ、全国最低を目指すのでしょう…?

 

   「高浜」施政は歪んでいます… 財政を私物化です

    この歪みは、市民と後世を犠牲としています

 

       結果 -「リース」は27億円もの大損害のハコモノ

    市民が犠牲の「高浜」破壊は無責任の極みです

 

 

  (最後まで、ありがとうございました) 

高浜住民監査 -「リース庁舎」は詐欺同然 ! - 27億円もの大損害!

「高浜」のハコモノ行政はデタラメ建設も限度を超えた血税を無駄遣いの連続です

・「リース」を最新情報をもって比較すれば「27億円」もの大損害を被っています!!

高浜市議会も「監視機能」を放棄して、安直な行政賛同は裏切りです!! 

 以下、今回は「リース事務所-庁舎」の裏切り建設実態を検証します。。

 

---「過去の庁舎建設の説明」 ---☆---

・市HPにて「庁舎」建設の “Q&A" を掲載 - リース完成後、Q6.は改ざんされました 

  [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業に関するQ&A - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

リース-完成前は「旧庁舎-改修」は37億円要するとウソ資料を掲示は 詐欺同然!!

 

<当時、Q6に掲載の説明図> * これで市民は騙されました… リースはメリット有り…と 

f:id:t2521:20220224091340p:plain  ⇒ 10%のコスト削減もウソ~

 

残念ながら「市が整備した場合-旧庁舎-改修-37億円」は真っ赤な大ウソです。

・「10%」のコスト削減もウソ。リース完成後、用済みと市HPは改ざん修正…

「ウソ説明」を事後修正すれば問題無いのでしょうか…?  

・これで財政効果が全く無い「リース-33億円」で建替え強行となったのです…

 

<要求水準書>

当時、業者さん向けの「要求水準書」には下記のように記されていました。

「旧庁舎」を耐震改修は「施設費-19億円∔維持管理-13億円」-「計-33億円」

・「市が整備した場合-37億円」とは不適切な捏造であり裏切りを施政が強行…!!

 

f:id:t2521:20220224092340p:plain

 

・「事業費」に「20年間-支払い平準化」を記載は「リースありき」の計画書…

そして、いつの間にか「10% - コストダウン」は頓挫…

・結果 -「リース庁舎」は「38万円 - 0.01%も安い 」と契約も 詐欺同然!!

 

しかし、問題は「金額比較」だけで「施設面積」を除外も不適切の極みです。

結果 -「リース事務所-面積」は、旧庁舎-面積"半減" - 実に4千㎡を失ったのです

・つまり「施設面積-4千㎡」を、僅か「38万円」で消失は大損害なのです…

 

<施設費-比較> 

リース完成後「支払計画書」を入手 - 計画時に公表されないのも裏切りです。

・次に高浜と同じリース社が「つくば市」でも「分庁舎」を建設されていると判明。

これらを比較検討した結果「高浜-リース」は27億円もの損害と判明したのです

 実に巧妙に施政に騙され、自分の無知さに呆れました

 その要因は建設情報の過少です - 私物化による情報隠蔽 

 

<施設比較>          

庁舎施設    面積-㎡ 施設費-億円(税込)  単価-万円/㎡
旧庁舎-改修  7,674  19.28  25.1
高浜-リース  3,668  21.58  58.8
つくば市-リース  3,330      9.43  28.3

 

・単純比較しても「リース-22億円」は最高額で優位性無し - リースは大損です

このように明確な差異を操作 - リース決定は不適切であり、市民を裏切りです。

・リース決定の根拠を、市民に示されることがあり方ではないでしょうか…

 

・建設単価「59万円」は「H30年-東京-鉄骨鉄筋コンクリ造-52.8万円」も超越の高額

想像ですが「当時-H27年、国内-最高単価にも相当する鉄骨造施設」と思われます…

・「リース事務所」を、超高額単価で建設も財政効果を度外視のハコモノ行政の証し… 

 

・「つくば市」と比較 -「面積-338㎡」広いだけで「12億円」を追加も不適切の極み。

 

リース事務所」をウソ説明で、高額施設を選択はありえませんが、更に残念は…

・「旧庁舎」であれば「組織分割」せず、役所組織を一体化出来たであろうこと…

・「施設費」は、高浜-リースは、行政の捏造資料にて 市民を騙して建設されたこと…

・「建設単価 - 59万円」- 鉄骨造の相場は「25万円/㎡」-「倍額建設」は業者優遇

なぜ、市民を騙してまで「倍額建設」「業者優遇」を強行されたのでしょう…?   

    過剰な業者優遇は、どんな効果があるのでしょうか…

 

・「国」は、現有の公共施設の「長寿命化」を提唱指導 - 高浜の施設方針は逆行… 

「高浜」は更新してから長寿命と「国家方針」にも逆行 - 反逆施政はいかがなものか

 

・そもそも「H26年1月 - 新しい地域活動拠点の形成を目指して」と「庁舎」と「高

 浜小の施設方針を行政単独にて作成されたようです。

問題は「市民の参画無く、行政の独断で作成されたこと」- これが私物化の証し 

 [検索] :  高浜市役所本庁舎整備事業 - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

 

・つまり「庁舎-30億円」「高小-50億円」事業を独断強行の施設計画なのです

その狙いは「早期解体」と「倍額建設」の業者優遇の仕掛けが裏に見え隠れ…

 実に高浜市民-5万人を平然と裏切りの施政施策は暴挙!

 

<市民が受ける損害額の試算>

「リース」の市民損害は、なんと「27億円」もの大損害!!

リース損害 損害要因  損害規模   損害額 試算単価
旧庁舎-面積損 床面積-半減  4,006㎡   16億円 総務省単価
リース-水増損 建設単価-倍額  30.5万円/㎡   11億円 リース単価差

 

「リース」は、市民にとってなんらメリットはありません。大損害のハコモノ

・「床面積」- 4千㎡を解体 - 新規建設には「4,000㎡✖40万円/㎡」= 16億円

「リース-3,668㎡」は狭すぎたと組織分割は本末転倒… 執務効率の低下が20年間も

 

・「水増し」- 建設単価-59万円は倍額の水増 -「30.5万円×3,668㎡」= 11億円

 

  合計-27億円もの大損害 - これを20年間も借金返済は市民と後世なのです

27億円」-大損害の施設建設を強行は市民無視の証し!

 

「高浜-市制50年」に汚点を形成のリースとなりました…

  今後、20年間も施政の汚点のシンボルとして残ります

  市民として施政の不正のシンボルとして語り継ぎます

 

 

---------------------------☆---

 「高浜-ハコモノ」は財政無駄遣いの温床と化しています

 「か-美術館」「リース事務所」「高小-倍額-50億円」…

    今後の課題は「早期解体」の過ちを正すべきです

 「倍額建設」は、その財政負担内容の確認が必要です

公共施設の建設基金の準備が無いのに建設は暴挙です

 「費用対効果」を明確に把握すべきです

 

----------------------------☆---

 「高浜」施政は歪んでいます… 財政を私物化です

  この歪みは、市民と後世を被害者としています

 

  「早期解体」「倍額建設」は「高浜-破壊」です!

 「高浜-公共施設」の面積-2.4㎡/人は全国最低です 

    (*人口-五万人未満の自治体にて比較 )  

  疑問は、更なる狭小化をめざすハコモノ計画は凶行

    結果 - 市民の健全で、快適な市民生活も破壊です 

 

  無責任さを発揮され強行しかないのも残念な証し

 これで「大家族たかはま」とは残念な施政です 

 

 

  (最後まで、ありがとうございました) 

高浜住民監査 - 政治倫理審議 - 倉田りな議員の審議は不当!

「高浜」の残念な議会の証しが発信されました。

・「市議会だより-ぴいぷる-No.106号」- 政倫審の審査結果がその残念な証しです。

保守系議員」が圧倒的多数を傘に着て、実にやりたい放題の結果は「高浜」破壊!

 

・「破壊施政」に反対意見を発する議員を邪魔者として数の力で採決は市民を裏切り

 ⇒ 「リース-30億円」然り「高小-50億円」然り、倍額投入し業者優遇に賛同の議会…

   (*「リース契約」は10億円水増し。 20年間も市外業者に独占権を付与は不適切! )

 

施政の過ちを安直な賛同は、市民が犠牲を許容し財政運営は借金 (市債) 増加の一途!

これで「施政」に反対議員は邪魔者と、数の力で排除を強行こそ改めるべきでは…

 「高浜」に民主主義を取り戻していただきたいものです! 

 

 

---「不当な告知」 ---☆---

「フレンド公園」の占拠使用を邪魔されたと掲示された顔写真ポスタ掲示こそ不適切!

次の策として「政治倫理審議会」を逆手に利用し「署名活動」も数を利用の悪さ…

・「高浜」のスポーツマンシップも低落の証しの署名行動となりました。。。

 

 

(*これは「議会」で一般質問後に公園フェンスに掲示されたそう… 異常的暴挙 ) 

f:id:t2521:20220221155345p:plain

 

「市内の公園」を見学時、誰に「身分や目的」を申告するのか…? その必要性も疑問? 

「当該運動部」は、許可申請無く公園を占拠使用とか…? これこそ不適切な私物化…!

 

・公園を散歩中の市民を公園から排除して無断使用 - これを肯定して署名活動とは暴挙!

・更に、学校関係者ではない「外部者」が生徒指導の場合「登録」が必要をこれも無視!

これで「運動活動」を邪魔されたと「政倫審-署名」を開始されたようです・・・

 

・市民目線では「公園」は市民の財産。これを毎週、市民を排除して占拠は私物化。

「逆恨み」を強行より、「遵法精神」の発揮を優先されることを願うばかり…

 

・「人づくり」を根底とする「運動指導」があり方ではないでしょうか…

その視点から、今回の「署名活動」は、市民として残念な想いしかありません

 

---------------------------☆---

 このスポーツマンシップにも反する行為を強行の指導者?

  この指導者に児童生徒を預けることも、教育上、疑問… 

  f:id:t2521:20220221155454p:plain *この写真資料掲示は、犯罪同然の違法行為では…?

 

噂では「政倫審-署名」を非公開は「子ども」や「ペット」も署名されてたとか…?

     この 「署名」も「議長」が受領したから有効と強行も不適切な判断であり茶番劇…

 

・「政倫審-署名」提示は「証拠添付」と規定されていますが「証拠無し」も不適当

数か月後「証拠」が出来たと、捏造された、裏付け無き メモを証拠として提示

  この捏造メモも「議長」が認めたから真実と審議強行も疑問であり不適切の極み…

 

本来の「政倫審-署名」は「証拠」をもって活動開始があり方ではないでしょうか…

結果 - 規則違反は無視。悪意ある捏造証拠を、これが正義と審議されたようです

 

  「高浜」議会は、残念ですが 歪んでます

   保守系議員」は「数」の力で「赤信号」を強行突破!

  ハコモノ然り」「施政施策-然り」「議会運営」も…

 

  保守系会派」は、行政に反対は「退会処分」のよう

  「反対」出来ない仕掛けが構築されているのかも…

       (*数年前、任期中に「2名」の議員が退会されました - 勇気ある決断でした ) 

 

 

     大の大人が一人会派議員をいじめの構図も見苦しい限り

    今回の「政倫審-判定」も 高浜市議会の汚点です! 

 

 疑問は「政倫審」の最終判定は「議会」審議のはず

  その議会審議は、来る 2月28日とか…   議会審議前に、 

 「政倫審」の個別判定を「議会だより」に公表も暴挙!   

 高浜財政も、施政施策すらも私物化されている証しです 

 

 

 「高浜」の適正適切な民主主義の自治は遠い道のりです

 

   

    (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 高浜施政の放漫経営は市民が犠牲 Ⅲ

「高浜」のハコモノ行政は、限度を超えた私物化を強行は「破壊」のまちづくり…

・国も、県も、他市も「公共施設」は百年先を見据え長寿命化 -「高浜」は早期解体!

ハコモノ行政」は丁寧で慎重な計画遂行があり方を「朝令暮改」の連続は裏切り

・ 次々と思いつきで、ハコモノ計画を変更し「倍額投入」は「高浜」破壊です!

 今回も 放漫経営を展開されている実態例を確認します

 

---「リース-庁舎」は裏切り ---☆---

「高浜-リース」は、市民損失-18億円もの巨額の大損害を被るハコモノ行政です。

・その建設経緯は不可解な点や疑問点ばかり… これを議会も賛同は監視機能の放棄です

 

●「新城市」は適正適切なハコモノ行政を推進 -「庁舎建設」に20年余を掛けて建設…

・「基金積立」- H4年から積立開始 - H23年 - 約12億円を積立て。

・「建設計画」- H13年 - 庁舎建設研究事業を開始 - H24年-基本構想を策定。

「高浜」は H26年 - 構想立案、H27年 - 建設着工。「リースは10億円水増し建設」?!

 高浜は、実に、構想から着工まで僅か1年半程度、市民の理解も不十分のまま強行 …

  思い付きや、水増し建設を強行は不適切な裏切りです

 

 

<新城市の庁舎建設の経緯> 

新城市-庁舎建設の準備はH4年から開始されたようです…

f:id:t2521:20220220221120p:plain

 

<新城市-庁舎建設事業の財政計画> 

「高浜」は、下記の財政計画の説明はありません -「倍額強行」だけ… 私物化…

 

・事業費-49億円、自市負担は「26億円」と半額、基金-15億円はその半額に該当

このような財政運営が、市民にも後世にもその財政負担は軽微となる仕掛けを構築

 

・「高浜」は基金積立無いと「リース-20年」は後世も負担の財政運営は情けない限り

リースは、支払い終了時には施設解体 - また新たなる庁舎建設は二重苦を後世が負担

 リースは、無責任施政の証しです

 

f:id:t2521:20220220215643p:plain

 

<高浜の基金積立>

「高浜」は「公共施設計画」をH23年頃に立案されながら「基金積立」は成行き…

・「公共施設整備基金」-「H21- 7億」が「H27年-9億7千万円」と3億円弱の増加…

これで「庁舎-30億円」「高小-50億円」「小中校-改修-60億円」-計140億円は暴走?!

 

f:id:t2521:20220220223333p:plain

 

・結果 - 基金が無いと「庁舎-リース」「高小-PFI」を強行に転化は、放漫経営の証し

・借金建設では「水増し」の余裕は無いはずですが、私物化を強行は後世をも裏切り…

  財政準備を放棄し 建設強行はムリ・矛盾のハコモノ行政

 

<高浜の借金増>

● 疑問は「リース」「PFI」を採用にもかかわらず市債 (借金) 急増となっていること。

・いったい、どのような使途目的なのでしょうか… これを財政改善とは虚偽説明では…

「財政負担の平準化」とは一体、どこにあるのか

 

f:id:t2521:20220221012915p:plain

 

----------------------------☆---

・まだ利用可能な公共施設を早期解体して、どんなメリットがあるのでしょうか…

 

<中央公民館の解体経緯>

庁舎がリースとなった要因は「民間分院-経営移譲」も一因と推測しています。

・「経営移譲」と言われ「運営補助-10年-30億円」更に「建替等-10年-30億円」の優遇

「市民」に厳しく、「業者さん」には妙に優しい施政は放漫経営となっています

 過剰な優遇のメリットは明確な説明があり方では…

 「民間分院に60億円補助」はK市市民の倍額負担!

 

 

「中央公民館-閉館」直前の時期でも施設改修に巨額の血税投入も疑問です

・実は、H20年以降、中央公民館の改修整備に約1億円超もの巨費を投入されたとか…

 

<中央公民館-改修工事費>

公表番号  工事名 工事費-万円
25高財入第96号 中央公民館-ホール天井改修工事   266
25高財入第111号 中央公民館-電源設備改修工事   1,039
26高財入第106号 中央公民館-ホール改修工事      906
26高財入第108号 中央公民館-市民ホールトイレ改修工事         166
合 計 中央公民館-解体発表-H27年11月      2,377

 

・行政にとって「数千万円」もの無駄な血税投入は問題とされないのでしょうか…

僅か、数年のため補修の必要性はあったのでしょうか - もったいない血税の使い方…

 

<中央公民館-解体費>

● 疑問は「地下水対策工事」の入札の痕跡がないこと - 不適切な仕掛けです…

・始めから「地下水」は懸念事項であったのに、後から指名工事は裏切りの無駄遣い

 

公表番号  工事名 工事費-万円
28高財入第78号 中央公民館解体工事    12,480
29-入札経歴無し 中央公民館-地下水対策工事      5,300
合 計 中央公民館-築36年 解体    17,780

 

・この「地下水工事」も工事関係者の間では倍額工事と噂されてました…

⇒「高浜」ハコモノ計画の「あり方検討」も省き、解体は私物化であり不適切の極み

  

 

----------------------------☆---

<本庁舎の解体も後から指名工事>

「本庁舎」の解体時「アスベスト」が見つかったと「約5千万円工事」を指名発注

「高浜」は競争入札を避ける工事が多発傾向は裏切りです…

・「アスベスト発見」は一年前の市民説明会にて参加者から対策指摘があったのです…

 

<アスベスト問題>

・「高浜」は、「アスベスト」が発見されたと後から指名工事を多発されてます。

アスベスト専門工事社」は「2006年以前」の施設はアスベスト採用が多いとか…。

 

・正式発注後に「アスベスト除去工事」を随意(指名)発注で競争なき追加工事は不適切!

特定業者を過剰優遇の仕掛けの可能性も伺われ、お役所のあり方とは思えません。

・結果 - 競争なき特命工事を多発は、過剰な業者優遇を連発 - 財政の無駄遣い 

f:id:t2521:20220220233325p:plain

 

・このように「高浜」のハコモノ行政や工事の適正適切さは疑問しかありません

血税」を私物化としか思えない事象が多すぎます。

 

・本来、市会議員さんが、施設監視すべきを行政応援団と自称の議員さんもいるとか…

「高浜」の施政-監視機能は脆弱であり、これが不適切な私物化を招いています

 

・この施政監視に注力する一人会派議員を、議会では「いじめ」が横行しています

「高浜-議会」は、ありえない「伏魔殿」の様相を呈しています

 

・「高浜」の正義、民主主義は「数」の力で歪められています

 結果 - 市民や後世が犠牲の施政施策が横行しています

 

 市民は施政に関心を寄せることも あり方です 

  後世のため、自身の生活向上のため… 

 「ごみ立当番制」を廃止は市民の意識次第と思われます

 

 「コミュニティ形成」がごみ立当番しかない施政が問題 

 

  「図書館」問題も私物化施政の成せる業・・・

 全国-3例目の「図書館-閉館」を進める根拠はありません

 これも「高浜」私物化の悪さです・・・ 

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 高浜施政の放漫経営は市民が犠牲 Ⅱ

「高浜」のハコモノ行政は、市民を欺き、説明も省き、独断強行は独裁施政の証し…

・「公共施設」計画は、百年先を見据え、慎重で丁寧、絶対に間違いない建設があり方

「実態」は「朝令暮改」の連続 - 次々と思いつきの計画を変更強行は「高浜」破壊!!

 今回は、放漫経営を展開されている実態例を確認します

 

---「高浜-公共施設推進プラン」---☆---

不適切は、各施設毎に進め方が異なる手法や順序をもって建設強行されていること…

・基準もルールもありません - 実に、その場しのぎの思い付きの痕跡が明白です

 

<新城市の公共施設の進め方>

これは「新城市」が庁舎を建替え時の進め方です - 各建築工程毎に市民が参画!

「高浜」は、着工3か月前に市民説明会 - 市民40名で説明完了とされたとか…

・この「市民参画」が公共施設を建設の基本的な重要要件であり、あり方と考えます

「高浜」は、施政の独断強行や、行政にもの言えぬ市民参画が、仕掛けの証し…

f:id:t2521:20220217092147p:plain

 

・「新城市」は、庁舎建替え情報を「広報 -特集号」を発行し説明責任を執行… 

    [検索] : ほのか2013.6特集号_H1 (shinshiro.lg.jp)

「高浜」は全容説明なく建設決定 - 着工3ヶ月前に市民説明は「決定通告」です!

 「リース」は施政 (行政と議会) の独断で強行されました

   市民参画無き、ハコモノ責任は行政と議会が追うべき

 「18億円」もの損害は施政の責任に帰すことがあり方

 

 

<公共施設推進プラン-本庁舎>

計画は、市民無視! - いきなり「庁舎-建替え」、築15年からあり方検討の計画

本来のあり方は「建設前に、施設方針を市民参画で立案すべきことのようです」- 

 - 「旧庁舎-築40年」を寿命と早期解体は暴政の証しであり「高浜」私物化の証し…

結果 -「リース」は、損害-18億円にも増大 - 血税の無駄遣いも限度があります

   これは「放漫経営」の一端です - 実に無責任な強行は「高浜」- 破壊が方針のよう…

 

f:id:t2521:20220217100003p:plain

 

<本庁舎の注釈の疑問>

上記「本庁舎」計画に、築15年後のあり方検討として下記の文言を追記されてます。

f:id:t2521:20220217090050p:plain

 

・疑問は「リース-契約」の前段階で検討すべきを、後世に丸投げの無責任ぶりです!

1.「いきいき広場」と「本庁舎」のあり方を一体的に検討は「リース」前にすべき事!!

2.「リース」の継続、有償・無償も契約時に締結すべき重要課題をも丸投げは無責任!!!

現施設が過ちの決断を「後世」に検討も責任も丸投げ - 正に無責任施政の証し

 

<いきいき広場>

「いきいき広場」に分割移転の計画記載無しも疑問 -「組織分割」は非効率な計画…! 

「庁舎」は一体化があり方を「リース」のため分離分割は本末転倒のハコモノ計画

 

<施設に加え空調設備も倍額設置>

● H28年-「空調改修-1億円」は「面積-2,959㎡」では「3.4万円/㎡」も倍額の可能性

    (*見落としかもしれませんが「入札情報」を見つけられず… ひょっとして隠蔽…? )

 

「学校エアコン-325万円/室」も西三河では最高額に相当 - 絶対、投資回収は不可能

・情報公開を求め確認すれば「過剰な能力を有する大型空調機」を選定されてました。

学校は8月は夏休みで空調利用が無いのに、8月の最大負荷をもって機種選定…

・更に、過剰な室内機を選定、更に更に、室外機も室内機の総和以上の過剰能力を選定

 

「高浜-学校エアコン-8.7億円 (コンサル込み) -268教室-325万円/教室」も業者優遇

「空調工事」の落札相場は「60~70%」-「高浜」-99.4%は異常に高率は不適切!  

 

・同じガスエアコンを導入した「みよし市」は教室当り150万円~180万円にて設置

小牧市-「学校毎に競争入札-210万円/室」「福井市-電気エアコン-75万円/室」

なぜ「費用対効果が無いガスエアコンを選定か? - 近隣市が採用だから…」 とか?

 

●「他市は関係無い」とされながら高額の血税投入は他市を参考とは裏切りの極み…

・電力供給に障害が無いであろう学校空調に「ガスエアコン」選定は不可解…

それも「近隣市-最高額」で導入は、典型的な血税の無駄遣いでしかありません

 

<学校エアコン-入札の疑問>

・通常、1校ごとに工事検討を、高浜は「6校-一括発注」を強行も不適切な業者優遇

結果 -「応札一社」は独占工事を仕掛けられた可能性が見え隠れ… 不正の可能性…?

    血税は、大切に有効に利活用戴くように願いたいもの… 

 

f:id:t2521:20220217215028p:plain

 

・「いきいき広場-面積-2,959㎡」の「空調改修-1億円」は不適切な無駄遣い!!

「電気エアコン」であれば半額以下で設置の可能性も想定されます…

 

 

<図書館-閉館の暴挙>

「いきいき広場」に「図書館」移転とは無謀な計画です - 床面積が足りません

⇒ 推進計画では「H27年~あり方検討」とありますが、その経過報告を非公開も疑問…

 

「かわら美術館」は「R3年 - 民間譲渡」- この失敗対策が急遽「図書室」追加??

・つまり、僅か、1年で計画変更は「あり方検討」も無視 - 思い付きでは凶行では… 

「かわら美術館」も5年間、あり方検討の経過報告や結論も省略して「図書室」化

    実に、乱暴で無計画のハコモノ計画を推進されています 

 

f:id:t2521:20220217224006p:plain

 

・「公共施設」は百年の大計があり方 - 切った張ったで強行は失敗の繰返しだけ…

「高浜」- ハコモノ行政は放漫経営を強行 - 失敗責任を市民に転嫁となってます

    実態は、高浜財政-無駄遣いの連続 - 業者優遇だけ

 典型的な放漫経営を強行展開されています

 

 

<今後のハコモノ課題>

1●「体育センター-26千人利用」は早期解体、「武道館-18千人利用」は存続も矛盾

「武道館」は、H28年~7年間も「あり方検討」とは何ぞや… 公平公正を逸失の施政

「体育センター-築42年」で早期解体も暴政の証し

  f:id:t2521:20220217224911p:plain

 

 公共施設は長寿命化があり方 - 他市は「80年」を目標

「高浜」は70年とされながら、更新してから長寿命とは

  開いた口が塞がりません - 市民を馬鹿にしています     

 

 

2「旧高浜分院-築37年」- 固定資産税は分院負担を肩代わりして約7千万円負担…

・「築40年」の解体時期を虎視眈々と狙い「跡地活用検討-9年」とは結果ありき…

高浜-人口重心に近い一等地を行政財産とすることなく民間譲渡を画策でしょうか…?

 「高浜」- まちづくりも破壊して業者優遇の限度を超えて強行は不適切の極み!!
 

 f:id:t2521:20220217224937p:plain

 

●「中央公民館-築36年-7万人利用」早期解体は ハコモノ行政-最大の過ちであり裏切り

・「旧分院-築37年」-「早期解体」も過ち「跡地活用」と称し民間提供なら高浜破壊!!

「跡地活用検討-H27年」は、もう7年間も、裏工作を画策強行されているようです…

  つまり「市民無視」と「業者優遇」の施政強行の証し 

 

 

----------------------------☆---

 公共施設や市有地は「市民の財産」です。

 業者優遇ではなく市民本位の施政があり方…

 市民の最大幸福の追求と提供という本来の施政を切望 

 

   「ごみ立当番制」の継続は市民が犠牲であり裏切りです

  今後は、施政のあり方の試金石となっています

 もちろん「継続」は、不適切な私物化の証しです  

   また、県下で「悪政」の街と評価される可能性も懸念…

   

      今後も住民の施政監視が必要なのが残念な施政の証し…

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 高浜施政の放漫経営は市民が犠牲

「高浜」のハコモノ行政は市民説明を省き、独断強行は凶行です

・それも「建築相場」を大幅に上回る財政投入は過剰な業者優遇となっています

市民に還元ではなく、市外の業者に莫大な血税を投入は裏切りの施政の証しです

 

・結果 - 施政情報の公開制限、情報隠蔽化を仕掛けられ、閉じられた施政強行は残念…

  これは不適切な作為であり 施政に無関心な市民を醸成

   実に巧妙な仕掛けを構築し浪費は「高浜」を私物化です

 

----------------------------☆---

今回は「建築相場」を確認し、「高浜」のハコモノ建設費の適正度を検証します。

・「相場」は、国土交通省が、毎年、全国の建築実績を県別に集計されている「建築着工統計」より抽出し比較します。

 

<愛知県の建築相場>

令和2年度 鉄筋コンクリート-万円/㎡    鉄骨造-万円/㎡
愛知県   27.4   22.6
公務用建築物   44.1   15.1
教育学習建築   37.0   22.6
事務所   35.7   30.4
 平 均   36.1   22.7

 

 

<かわら美術館>

・驚きは「美術館」- 数十年前の建設で「単価-88万円/㎡」とは極めて突出した高額!

「高浜」は旧来より財政私物化され裏切りのハコモノ建設が脈々と継承されている…?

 

 H7年完成  施設面積-㎡ 施設費-百万円  建設単価-万円/㎡
美術館  4,669  41億10   88.0

・「88万円/㎡」- 5万人市の公共施設では恐らく全国トップクラス - 裏切りの高額です

 

<他の美術館との比較>

美術館   開館年  建設費-概算  床面積-㎡  単価-万円/㎡
かわら美術館   H  7 年 41億円   4,669  88.0
富山県水墨美術館   H 11 年 24億円   3,440  70.6
八戸市新美術館   H 32 年 32億円   4,500  71.1

 

・「かわら美術館」は20年以上経過なのに未だに建築単価トップの座は不適切の極み!

結果 -「美術館」も「リース」同様、10億円弱の業者優遇の痕跡を残しています!?

 

 

<庁舎をリース事務所の財政効果は無し>      (*情報公開を求めた資料による比較)

・建設起案-H26年1月、建設契約-H27年3月、市民説明-H27年7月、着工-H27年11月

起案から着工まで、わずか一年半余 - 実に超特急計画を強行は市民無視の証し

 不適切な財政無駄遣いのハコモノ建設の仕掛けです

 

下表では誰が考えても「旧庁舎-改修」が優位を、施政は「リース」選択は裏切り!

 

    施設面積-㎡   施設費-百万円   建設単価-万円/㎡
庁舎-リース    3,668    19億62 (税別)      53.5
旧庁舎-改修    7,674    19億28 (税込)

     25.1

 

・「消費税」を加えれば「リース-1億96百万円」の負担増 - これも不適切な裏切り…

・「面積-半減」- 床面積が狭すぎたと「組織分割」- 分割先は500m先は執務効率低落!? 

確か施政は、これを「ワンストップ」で市民の利便性向上と訴求は苦笑ものでした

 

・「事務所-鉄骨造」相場は「30万円/㎡」- これがリース「54万円」とはボッタクリ!!

    (*ちなみに「リース契約-H26年度」の鉄骨造-事務所-建設単価は「19万円/㎡」)

施政は 価格交渉調整の結果「38万円」も安いと契約 - これが業者優遇の仕掛けです

・「リース-建設単価-税込「58.9万円」- 財政私物化は血税を湯水の如く無駄遣い! 

 「リース」の建設単価は相場の「3倍」!! 

 これは行政負担ではなく「市民」の負担なのです

 

<「38万円」も安いと契約は裏切り>

・旧庁舎を大規模改修であれば、施設寿命は「30年~40年」に延命可能でした。

不適切は「リース」に合わせ-20年にて事業費を比較 - これが不適切な仕掛け

 「面積半減-16億円」と「リース-2億円高」は「ハコモノ-18億円」もの大損害!

 

・リース-20年後、あるいは30年後、再び「新庁舎-50~60億円」の費用負担が発生…!?

結果 -「後世」に、二重、三重、四重の借金返済を丸投げの施政となっています…

   リースも財政運営の大失敗 市民を裏切りの極み!!

 

 

<「港小-増築」も建設相場-22万円を超越の「34万円」>

・施政は「リース」で成功したと、「港小」でも同じ裏切りを強行のようです

建築相場なら「施設費-82百万円」-「約42百万円も業者優遇」の 無駄遣い…

 

  施設面積-㎡ 施設費-百万円 (税別)   建設単価-万円/㎡
港小-増築   361   1億23.5   34.2

 

愛知県-教育施設-鉄骨造-「22.6万円/㎡」- 港小-増築は5割増しで建設強行です

 

血税」私物化を底無しで限りなく強行は凶行です…

 巨額の施設建設は水増しの連続! -「高浜」の未来を破壊!! 

 

 

 (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 児童に施政説明 - なぜ有権者は無視?

「高浜」では他市と比較し「施政情報」を限定して発信されていると思うこと度々…

・結果-「情報公開」の申請を要すること多く、透明で開かれた施政を切望するばかり

「リース」- 30億円契約も「水増し-10億円」は過剰な業者優遇であり不適切の極み…

 

・「入札」- 「高落札率」の是正改善も無く乱発も市財政を私物化の証しであり不適切

・何より「公共施設」は長寿命化があり方を「早期解体・倍額建設」は血税-無駄遣い

・「民間分院」の補助額 - 60億円は「K市市民の倍額負担」- 財政困窮の街が負担大?

    (「分院補助」-「K市-4億円-15万人」:「高浜-3億円-5万人」= 2.7千円/人 : 6千円 )

これが「高浜」施政のあり方…? とは、いったい 誰の為の行政なのでしょう…?  

     市民ではなく業者ばかりを優遇は不適切な私物化!

 

・「早期解体」-「中央公民館-築36年」「旧庁舎-40年」等々、連続の解体は市民無視

・「リース」も「高小」も倍額で建設され「維持管理」も数十年も独占化は過剰な優遇

 この異常な財政運営では「高浜-財政」の困窮化は当然!

    適正適切な自治体経営のあり方から逸脱です - 放漫経営!

 

 

---中日新聞」記事から ---☆---

22.02.11 - 中日新聞-三河版-「高浜・翼小児童-財政学ぶ」との掲載記事…

- 児童の感想は「思ったよりお金必要」に驚いたようです。

疑問は「成人-有権者」に説明されず、児童への説明に注力されていること?

・写真で見る限り「資料」も配布されず、市財政を一方的に「口頭説明」のようてす

 このような方法は児童を洗脳行為であり疑問に思います

 

f:id:t2521:20220212091352j:plain

 

財政問題」を口頭説明で、正確に把握し十分な理解を得られるものでしょうか…

・ 小学生は、記憶だけで「家族」に正確に伝え、話題提言出来るものでしょうか…。

・「リース - 20年」- 10億円水増し建設は説明されたのでしょうか - 彼らも負担者です-

 

 

<リース事務所>は大損害のハコモノです

市が計画された「20年間」にて、改めて費用比較を試みました - リースは大損害!!

庁舎 施設面積
         -㎡
施設費
 -百万円(税込)
建設単価
   -万円/㎡
維持管理-20年
 -百万円(税込)
事業費合計
   -百万円
旧庁舎-改修  7,674   1,928   25.1    990   2,918
高浜-リース  3,668   2,158   58.8    987   3,145
*つくば市-リース  3,330      943   28.3       -        -

 (* 比較条件 -「除外 - 光熱水費・解体費」) 

 

・現段階では「価格優位」にあるのは「旧庁舎-築40年」を大規模改修のようです。

「リース事務所」は、高浜財政にとってメリット無き大損害のハコモノでは…?

 

・「リース」決定は「金額比較」のみで「床面積」は無視 -「38万円」も安いと契約!

しかし、疑問は「リース-施設費」は支払計画表では「2.3億円」も高額に逆転…!? 

・維持管理は、面積半減のため安価は当然 - しかしその差額は僅か3百万円とは疑問?

  

   リースは疑問 -「費用対効果」も「面積半減」も大損害!

 

●「リース」は施設面積を狭小半減のため組織分割し非常に不便な役所となりました…

・この面積半減の建設費を試算 - 床面積-4,000㎡を建設には「16億円」を要します。 

   (* 建設費の試算 - 「建設単価-40万円/㎡ ✖ 床面積-4,000㎡」-16億円 ) 

 

「リース事務所」は18億円超もの大損害の施設です

「高浜」のハコモノ行政は無駄遣いと失敗の連続です!

  

 

---「未成年」に対する施政説明のあり方 ---☆---

 ・ かつて「中央公民館」の解体問題時にチラシを「高校生」に配布しようとした時

   教師の方から注意指摘を受けました。

  「子ども」らは理解出来ない。 配布しないでほしいと…

   高校生ですら、このような認識が必要なようです。     

      小学生であれば、尚更、慎重で、懇切丁寧な説明があり方が必要なのは当然のはず

これを資料も無しで説明され、行政の都合の良い情報で洗脳とは不適切の極み  

 

 

---「児童の理解内容」 ---☆---

 この新聞記事によると、児童の感想は次のようです…  

・「思ったよりお金がかかっていて驚いた」!?

      … ハコモノやリース事務所」の「倍額建設」の実態を説明されたのか… 

 

・「小さな市だけど、税金は平等なことが分かった」!?

   … 介護保険料」は西三河トップの高額実態を説明されたのでしょうか… 

 

・いったい、どのような説明をされたのでしょう… 

 これを市民は知る事は出来ません。不適切な情報発信では…?

多くの自治体は市HPに公開公表されますが「高浜」は非公開、隠蔽です

 

・市公式HPのカレンダを確認しても「2月」は行事無し - 見づらいHPも改善無く放置…

市HPのほぼ中央に位置する「カレンダー」- 見づらさに拍車を掛けてます 

 

・「ごみ立当番制」も県内「高浜」だけ強行の理由も説明なく継続はあり方からも逸脱 

「町内会-未加入-47%」にも増加が、ごみ立当番を拒否拒絶の証しも無視は凶行…

 

・「図書館」を閉館は、全国三例目となることの目的も意義も費用対効果も説明無し

市民の知の財産を一方的に剥奪は行政サービスの欠落の極み… 次世代も犠牲の悪政…

・「美術館」を民間譲渡を失敗の結果が「図書館-閉館」は、とんでもない裏切り行政

 

・「旧庁舎-築40年」を「リースは18億円の大損害」も無視で強行が重要な理由は…

これだけの大損害を招き「財政削減」と主張し「施設-閉館」を連続は裏切り施政! 

「高浜-財政」を私物化は不適切であり市民が犠牲です 

 

 

「行政」の思惑を重ねた説明で児童を洗脳は不適切の極み

  児童ではなく有権者に説明責任を果たすことが優先課題

  この有権者の理解と納得を得て 児童に説明ががあり方

 

 

「早期解体-倍額建設」強行ではなく「長寿命」があり方

「高浜」は順番を逆転は過ちの施政の証しであり私物化!

 

 実に残念なハコモノ行政を強行は凶行です・・・

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸