t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜市自治基本条例は 市民生活の聖書です!

☆今回の署名活動を通じて貴重な収穫がありました。それは「自治基本条例」に触れたことです。高浜市まちづくりについて、制定されました。今から5年前です。

まちづくり議会をにらみ制定のようですが、市民生活の道標に値すると思います。

注目すべきは、この条例の所々に見られる市民尊重の精神です。

まちづくり根幹に「市民」を軸、基盤、根本とする精神がちりばめられています。

☆数か月前、初めて読んだときは、感動すら覚えました。

是非、多くの市民の方々の目に触れ、精読頂き、この条例精神の崇高さに触れて、この精神に基づく市民生活を送って戴けたらと切望する次第です。

☆個人的には、小・中学校の「自治学習」の教材にしても良いと思ったほどです。

⇒ 是非、皆様も一度、目を通されることをお勧めします。 

  [検索]・高浜市自治基本条例 

★しかし、現実は問題だらけです。この自治基本条例の崇高な精神はどこへやら?

議員さんをはじめ、行政関係者、まちづくり関係者、そして、市民まで、この条例を「理解」し、「実践」頂ければ、高浜再生、再構築も夢では無いと思います。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸