t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

庁舎建設を確認してみます

これから、このブログは、市の発表資料等を基に事実に限定してご案内の予定です。

⇒ 市民の皆様にて、本当にこれで良いのか? お考え頂きたいと思います。

---庁舎建設----------------------☆---

★分っているようで分からない「公共施設建設」、「庁舎」を再確認してみます。

● 市の説明資料により、庁舎「リース建設」を確認してみましょう。

f:id:t2521:20161123202623j:plain

市の説明では「リース20年建設は『約10%』の削減」と説明でした。

---施設の建替え周期 ------☆---

市の「公共施設総合管理計画」では今後の施設建替え周期は「70年」としています。

国から各自治体に、財政健全化のため「公共施設の更新周期を長期化」の指示提案!

---建設方式による整備費---☆---

■ ・庁舎を市が整備した場合、「37億円」+「維持管理・運営費」⇒「70年」

 ・庁舎を民間事業者の提案、「33億円」は、「20年」で使い切る訳です。

「21年」後の処置は、今、現在、市は発表されていないようです。

     (*注- リース建設費の決定額は、現在28億円。⇒ 21年後、「買取り」か「建替え」のようです。) 

---素朴な疑問-------------------☆---

♣  公共施設「70年」の長期スパンで検討すると「リース20年・30億円」は、お得?

市は「新しい地域活動拠点の形成…」のなかで、また、矛盾の説明をされてます!

  [検索] 行政グループ / 新しい地域活動拠点の形成 P.3  2.市役所庁舎について 

 ②改修内容とコスト試算
・ 現用地での建替えの場合約25 億円、耐震補強と劣化・老朽化対応等の改修を行う場合でも約14億円の費用がかかるものと試算されます。市の昨今の財政状況には極めて大きな負担となります。

リース建設33億円(実勢30億円)は「最も巨額なのですが?」どんな計算か不明です?

乱暴な説明で施設建設は、もうゴメンです!」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸