t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

公共施設のあり方 - 愛知県体育館の移転新築 2026年

☆藤井四段、最多29連勝!! すごい人が出てきましたね。中学生とは思えない達人です。

---愛知県体育館----------☆---

☆6月22日(木)、中日新聞に『愛知県体育館 移転新築』の見出しが1面にありました。

 同体育館は「大相撲名古屋場所の会場としても知られています。もっと、時代を遡ると「中国との国交改善の転換点となった、1971年『ピンポン外交』と言われた中国との卓球交流が行われた会場」でもありました。

---施設情報----------------☆---

施設規模: 地上3階、地下1階、客席:7,404席、*竣工 : S39(1964年)9月。築53年。

⇒これを、2026年までに完成目標は、築60年超となり、極めて納得できる新築です。

☆このように県の体育館建替え計画は、施設仕様もレベルアップして建替えを計画されるでしょう。施設規模は、県内最大の国際的な体育館建設になるでしょう。

席数は、日本ガイシホールが1万席。これを超える規模の体育館と推測します。

---高浜施設建替え周期---☆---

高浜の施設計画の最大の問題は「短期解体」です。県でさえ、築60年超の建替え計画なのに、高浜は、50年を超えず、築36年(中公)~築47年(高小体育館)で解体建替えは「血税の浪費」です。「もったいない」施設計画を推進です!

市は自ら作成の「公共施設総合管理計画」では施設更新周期「70年!」と矛盾です!

---高小・建替え仕様------☆---

更に、建替え施設の仕様がレベルダウンです。解体施設のほうが立派なんです!

⇒ 建設費は小学校施設として*国内最高レベル。施設仕様は、従来相当は問題です!

 (*翼小・施設-16億。埼玉・複合小-23億から類推)

高浜は、小学校の体育館を市のホール兼用化!(*近隣5市で高浜だけ「ホール無し!」)

・解体ホールは、席数600席を、体育館ホール-300席に半減。あとは組立椅子とか?

・音響効果は、普通の体育館相当。放送設備でこれを補充するとか?

⇒ これでは「50億円施設」の建替え効果は疑問です。果たして、国内最高額レベルの小学校施設として誇れる施設でしようか?

この不適切な施設計画は「情報公開されず推進です!」

これが、なぜ「議会通過なの?」疑問は日々膨らみます?

公明正大なる開かれた市政を切望します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸