t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜小 - プール問題(読者の声)

読者様から「プール問題」につき、下記のような声を寄せられました!

---読者の声-------------------☆---

青少年ホームの跡地プール利用は、200万円でも高いと思うのは私だけでしょうか。

---水泳授業-------------------☆---

年間1学年あたり10時限で、2時限/回ということですから、6学年で30回。

ということですから、1小学校で年間10日間、民間のプールを貸切るのに200万円の委託料を支払うのは安いと言えるのでしょうか(*1日当たり授業6時間と想定 )

(夜は収益を上げることができるので貸切といえない?)

---プール代替案------------☆---

★小学校にプールを造って、200万円の維持管理費を払って有料で一般開放して収益を上げて維持管理費に充てたほうがで安いのではないでしょうか?

⇒ 800万円も支払うのであれば、なおのことです。検証をしてほしいものです。

---ブログ担当-------------☆---

本当に、水泳授業の民間委託はメリットがあるのか? 若干疑問を感じています。

★巨額の血税の使途や使用方法を、市民に説明頂きたいものです。市政クラブ議員さんの今年の施策は「徹底的に説明する」であったはず?ご宣言の実行をお願いします!

★例えば説明方法の一例は「現在のプール維持費は「百万円」を要している。」 

★民間委託すれば「800万円/年」で済み、学校運営より「百万円」も安価となる。

⇒だから「青少年ホームを短期解体は「〇〇百万円」で済み、プール建設は安い

と簡単に説明頂きたいのですが、なかなか、説明されない事に疑問を感じています。

---市への追加質問--------☆---

プール(論地)と高小の距離は約1km離れています。(高小校区外に建設です) 

1.1学年 - 約百人の児童を、安全に運ぶ方法 - 「いきいきバス」も時々事故発生!

2. 最近、児童を狙った軽犯罪が増加しています。民間委託のプールの防犯体制は?

3.夏季休暇時の児童のプールまでの移動方法は? その安全確保の方法は?

4.高小以外の他校の児童のプール利用ルールは?

このような疑問を市民に説明されることが、お仕事のあり方と思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸