t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜分院を再考 - 補助額は適切か? Ⅱ

☆T会・高浜分院への補助額の妥当性につき、常々、疑問を感じています。「余りにも、高浜の補助額が過剰ではないか?」という点です。

高浜市はT会の理事ですが、補助金の減額交渉の痕跡が全く見えない事も問題です。

高浜が、分院へ経営移譲以来、今年で8年。中公解体含め「66億円」を負担です!

★市は、刈谷と高浜を比較し「人口」を基準に「刈谷の3割」。これで補助額を決めたと説明されていますが、果たして、適性、適切、妥当でしようか?

刈谷市は、過去8年間で、高浜市の3倍(198億円)も、負担されているのでしようか?  

---T会・病院の診療圏---☆---     ☆診療圏の人口を確認してみましょう。

 診療圏   刈 谷  知 立  高 浜  東 浦

安城

・大府

・豊田

人口 (千人)   149   72   47   50
構成 (%)   47%   23%   15%   16%

高浜市民の「刈総・本院」への「外来・入院患者」 - 10% (H20年当時) 

☆      〃       「救急外来患者」 - 8%     (    〃    ) 

確かに、高浜だけをみれば、刈谷の人口3割ですが、なぜ、高浜だけ負担?

知立・東浦・他の自治体の「T会・病院補助の負担」は「ゼロ」のようです。

  なぜ、最小、弱体な高浜市だけが巨額負担なのか?

---刈谷市の補助事業-------☆---    ☆T会・病院施設整備の補助額を調べてみました。

補助事業    24年度    25年度    26年度    合 計
事業費 (百万円)    265    254    244    7億63
使 途  病棟建築  病棟建築  医療機器  

人口比30%であれば、24年~26年の3年間で「2億30百万円」が妥当かと…。

  実際には、刈谷市を超えた補助を実施しているようです…? これが適切…? 

    高浜だけ、極めて巨額、過剰な負担です!

分院へ経営移譲は 刈谷市を超える補助提供で不適切!!

---協 定----------------☆---   *旧協定内容を確認してみます。

3. 病院を継続するため、高浜市は財政支援する。

 (1) 運営費補助金 

  ① 病院を運営するために必要な経費  ⇒ (赤字分を負担 ⇢ 経営努力が要らない)

  ② 地域医療・救急医療を確保するための経費 (刈谷市×30%) ⇒  (高浜市だけ負担)

 (2) 施設整備費補助金 

  ① 高度医療機器やシステム整備のための経費 (3千万円を限度)⇒(本院の機器分も負担)

赤字負担が、刈谷補助を超える要因となったようです!

---赤字発生の要因-------☆---    *分院の医療スタッフ : 124名 ⇢ 適正、適切?    

医療形態を「療養病床」に転換 ⇒ ベッド104床。約半数が高浜市民? 半数は他市から

高浜分院に経営移譲以来、一般診療は「午前中」に変更削減。

★担当医師の交替も多く、結局、地域医療(患者)に定着せず。

市民の中には「存在」を知らない方。「閉院」と誤解の方もみえるようです。

⇒ 結果、「来院数は横這い」・「赤字は増額」・「経営施策は分院任せ」

赤字発生するも、市補助があり、経営改善されず継続のまま!?

 結局、民間経営の分院の赤字まで、市民が負担!! 更に…、

・旧市民病院は無償提供、分院の整備費も負担、中央公民館は解体、新分院の建設費負担…、市民は、どれだけ病院施設整備事業に、巨額な負担を続ければよいのでしよう?

既に「66億円相当」を負担。あと十年後には「90億円負担」となります!

  この不適切な施政を正すのは市民の役割です!

● この病院施設事業の方針是正は、行政も議会も出来ないのは明白です。  

 後世の市民のために!

●人口47千人・年間予算140億円のコンパクトシティに「病院」や「美術館」は過分な公共施設かもしれません!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸