t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

市政のあり方 - 施政方針 (チラシ拝見)

・市長選投票日まで、あと4日。あっと言う間の短期日程のようですが、いよいよ佳境に入り、各候補の施政方針のチラシが各戸に配布されたようです。

---候補者のチラシへの意見---☆---

☆第一印象は、当然とは思いますが「選挙」になると、候補者は一生懸命に市民に施政方針の告知に腐心されます。

★現職候補の市政方針を拝見し、初めて聞いたようなテーマ(?)ばかりかと感じます。

⇒ しかし、どのテーマも、民間病院への巨額補助「数十億円」を転用すれば、全て対応実現が可能なテーマではないでしようか? どちらを重視・選択するかが問題です。

---高浜の最大の問題-----☆---

★今、高浜の最大の問題は、『公共施設「300億円事業」を、丁寧に市民説明され、市民意見を反映し、市民の合意を確認が大切かと? このまま強引に推進では乱暴では?!』

新高小 PFI・集合建設「50億円」は、財政削減効果を説明抜きで推進は不可解です。

 「議会通過した、保護者に説明済みで 市民の合意を得たでは、市民が犠牲です!」

高浜まちづくり30年 50年を占う施策です! この施策の是非を慎重に判断すべきです!

庁舎や中公解体工事に、毎回「5千万円」を臨時追加は「異常」なのに市民説明無し! 

モールシティ高浜市民への情報展開を、イムリーに提供する方式も課題です。

医療施政として、世界的企業をバックにしている民間病院に、巨額補助の継続!

県内 最小規模の街が、市立病院を閉院以来、病院事業に「90億円」にもなろうかという巨額負担を、市民に説明も無く、非公開で継続されていることも 不透明では…?

    (*市として発表されるなら、広報紙・市HP・文書発信・予算資料に掲載配布戴きたい!)

最近、市の行事で「たかはま未来カフェ」が開催されました。市民参加-23名とか?

この行事も市民には非公表で実施 (*一般新聞の報道で判明)。不明瞭な行事です?

 市政の最大課題は「大家族たかはま精神」の復活です!  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸