t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

公共施設計画 - 建設費条件無し!

・しばらく休憩と思いきやパソコンも体調不良を起こしていました。さて…、

☆08-17ブログに、高浜小の建設計画につき記載しましたが、再度、復習してみたいと思います。ご理解頂きたいのです。後世の市民のために!

---高浜小の建設費高騰の理由---☆---

・当時は、高小建設費の高騰に驚くだけでしたが、昨日の読者さん情報で原因判明!

★「要求水準書」に建設計画予算を明示されず、業者さんを募集の結果、応募業者さんは「1社」。市の財政破たん限界に近い高額提示をされたようです。なぜ、提示出来たのか疑問に感ずる点でもあります。

⇒ 市は、審議の結果「財政破たん相当額で'承認'」となった模様です! 不可解です?!

---市議会の動向----------------☆--- *新聞報道によりますと…、 

今後の施設計画につき市は、22年度末を目途に決める考え」。

★ある市議会議員は『もっと急ぐべきだ』『新校舎が出来上がってからではなく、今から調整していくべきだ』と推進強行の発言をされているそうです。 

理由は不明です!  それほど高浜にメリットがあるのでしようか、説明はありません?

---高小建替え計画の経緯---☆---       (*ご参考 : 翼小・建設費(校舎)-16億円)

1.市の当初計画の説明 ⇒ 単独建設でなく「縮充(複合)建設」が「財源削減」と説明! 

 施設名  施設数    単独建設    複合建設      市の説明

高小・児童センタ 公民館・工房

憩の家・幼稚園

図書館 他

 13 施設

   4,944

   (百万円)

   3,730

   (百万円)

・単独建設-49億円

市財政破たん

・複合効果-▲12億円削減

財源健全化

 ⇒ これで高浜小の保護者も納得、賛同されたようです。が…、

2.現在の計画 ⇒ 単独建設より、はるかに高額の「集合建設方式」で推進! 

  施設名  施設数  単独建設  集合建設   現在の計画

・高小児童会館

・公民館・工房 ・憩の家 他

 *10施設

 3,910

  (百万円)

 5,000

  (百万円)

・集合建設- 11億円増

⇒・市の説明無し

 ( *「幼稚園・いちごプラザ・図書館「約10億円相当」を建設施設から除外。)  

高小-建設費を比例換算すれば「30億円」が建設費のはず? なぜ20億円も増額か!?

⇒ つまり「財源削減効果」が全く無い「集合建設」で建替え計画を推進中!! 

 市は高小保護者限定で説明。一般市民への説明無し!? 

---財源削減効果の疑問---☆---

「単独建設」より、更に、巨額「10億円」も増額の「集合建設」は不適切では?

⇒ つまり、本来の目的効果を忘れ「建設ありき!」で推進は「不可解な、誤断の市政」です!  

 ⇒  財源削減効果が無い、集合建設を、市民に説明も無く、

急がれる施政は乱暴ではないでしようか!?

★「要求水準書」に建設予算を記載無しは異常事態です!   

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸