t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

施設計画の矛盾 - 情報隠ぺい化

☆最近、市は、施設計画を隠ぺい化し秘密裡な計画遂行であることが解ってきました!

    更に、まちづくり長期ビジョン(構想図)を持たれず、推進も解ってきました。

 都度、業者提案を受け、価格調整し、竣工まで市民には秘密の推進が取られています!

☆今回、旧庁舎のアスベスト (発がん性物質) 除去工事 (随意契約 - 52百万円) が、確実に、

 行われているのか? 疑問もあり、現場見学を打診要請してみました。  

---市民の要望-----------☆---

 ☆旧庁舎の解体は「アスベスト含有(健康影響有り)」のため確実な撤去工事が必要です!

・市民の要望

・市(行政)の回答

 ☆旧庁舎のアスベスト撤去工事現場を

 確認したい! と議員さん経由で打診。

● 工事は委託方式であり、工事業者の

 判断のため、業者から回答する。 

工事発注者である「市」は、「市民」の見学可否の判断を業者に丸投げ!?

数日後、業者さんからの回答

・市民の要望

・業者(解体工事)さんの回答

 ☆現場見学したい!  (建設経験者)

 ●「内規規程」で禁止されている

 ● 工事発注者(市民)に、工事現場を見せない業者さんは今時、いないと思っていました!

    余程、見せられない状況が、現場に残されていると思われます。 

⇒「解体」されたら、証拠はありません?!  これを狙われているのでしょうか?  

「内規」の「工事視察を禁止規定」の部分をコピー要求し、数日後… 

・業者(解体工事)さんの回答

 ●「内規規程」のため、「コピー配布は出来ません!」

これで、「随意契約 - 52百万円」の工事実態は隠ぺい化されました。

「市」も、これで良しとされているようです?! 

   不可解な工事管理の実態です!! 何を隠されているのか?

  疑念は膨らみます!!

 うわさでは「52百万円」は相場の最高額レベルと言われています!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸