t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

アスベスト の人体への健康影響

アスベスト(石綿)は、健康障害を発生する影響が高いことが実証されています。

 慎重な対応が必要であり、旧い建物に多用され、解体工事も確実な除去処理や廃棄処理が規程されているようです。

⇒ 「旧庁舎」や「勤労青少年ホーム」の壁面に「アスベスト含有」が判明しています。 

 本当に、確実な除去処理がなされているか?  工事確認が絶対必要です! 

発注者である高浜市の「業者一任」は無責任です!   

★更に、市民が工事実態を確認のため、議員さん経由で現場視察の要求に対し、視察可否の判断も「業者一任」の丸投げとし、「市民の安心・安全」の確保という基本方針すら放棄のご判断ではないでしようか? 

公共施設の建設工事に関する施政動向は  不可解な事象が多すぎです!!

 (*施設解体は代替施設無し・金付き設計書は非公開・特定団体への巨額補助・随意契約の巨額追加工事…)

---アスベスト情報-------------☆---  [検索] :  独立行政法人環境再生保全機構 > アスベスト引用 

アスベスト(石綿)による健康障害のメカニズム

 アスベスト(石綿)は、ヒトの髪の毛の直径(約40μm※)よりも非常に細く(クリソタイル(白石綿)の直径0.02-0.08μm、クロシドライト(青石綿)0.04-0.15μm、アモサイト(茶石綿)0.06-0.35μm)、肉眼では見ることができない極めて細い繊維からなっています。

 そのため、飛散すると空気中に浮遊しやすく、吸入されてヒトの肺胞に沈着しやすい特徴があります。

 吸い込んだ石綿の一部は異物として痰の中に混ざり体外へ排出されます。しかし、石綿繊維は丈夫で変化しにくい性質のため、肺の組織内に長く滞留することになります。

この体内に滞留した石綿が要因となって、肺の線維化やがんの一種である肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすことがあります!

---施政対応の問題-------------☆---   *市民の素朴な疑問です

★市は、公共施設の解体に際し、市民に「アスベスト」情報を告知されたでしょうか?

アスベスト除去」工事や、随意契約に至った経緯を市民に説明されましたか?

★旧庁舎の「解体工事の工程や日程」を、どのように周知されたでしようか? 

新庁舎の「建設工程」の延期の訂正情報を周知されたでしようか?

新庁舎の「リース契約 -20年」終了後の措置案を告知されたでしようか?

新庁舎建設「30億円」事業を、独断で推進され、市民説明を省略は乱暴では?

 「議会通過すれば、何をやっても構わない」施政は、「大家族」から逸脱では? 

 市民が主体となった自治推進を望みます!!  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸