t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

中央公民館の道路亀裂 - 経過報告

17.10.24-新聞報道以来、一週間ほど経過、状況は、更に進行し、深刻な状況に!

市の方針か、業者さんの自主対策か? 亀裂部の道路全体をブルーシートで覆われ、現場を隠され、市民には「見せない」方針のようです。 

台風の影響」と説明出来ない状況だからと思います。

本日確認の結果、亀裂巾は、約15センチ超、亀裂の段差も15センチと更に拡大! 

     側溝部分は、更に、傾斜や、亀裂も大きく、側壁は歪み、脱落部分も発生! 

問題は、工事を中断されず、工事続行は、原因究明の姿勢は無いも同然です。これは、現状保全を図らず、隠ぺい対策のひとつかもしれません?  ずさんな工事か?

    公共施設に関連する工事として不適切な対応では?

---現場の状況--------------------☆---

f:id:t2521:20171102164331j:plain 

 *旧中公の地下室の周辺には鋼矢板が打ち込まれ、長さが「10m」では短いのかも?   

f:id:t2521:20171102164422j:plain 

  *亀裂道路は、全面に、ブルーシートで覆われ、亀裂・段差の確認が出来ません!

f:id:t2521:20171102164509j:plain 

*敷地境界の側溝は傾き、ゆがみ発生! コンクリート壁が曲がってます。 

これは「台風」の影響では無く、地下地盤に変動が発生は確実です。

一応、地下水の汲み上げ排水は停止されていました。 

● この道路改修も、また追加予算で対応でしょうか?   

f:id:t2521:20171102164635j:plain

現状では、まだ、原因追求の痕跡がありません!  迅速に「原因究明」され、安心・安全宣言をお願いします!    

 事情通の間では「不適切」の情報が飛び交っています!     

                                                                                                                                    (≒) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸