t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

総合計画への提言のお薦め

 ☆市のHP閲覧をされる市民の方がたはお気づきかと思います。

高浜市では、今、下記の総合計画(後期)に関する意見を募集しています。 

 ご関心ある方は、是非、一度、ご検討頂きたいと思います。

 [検索] :  第6次高浜市総合計画  ⇒ 今回は「第三章」に関する意見募集とのこと

---不可解に思う事----------------☆---

1. なぜ、施設更新計画を総合計画に盛り込まれないのか?

・市は、総合計画を、『総合計画は、高浜市が行うすべての政策・施策・事業の根拠となる最上位の行政計画、市政運営の根幹となる計画』とされながら、中期計画や今回の後期計画には、庁舎建替えや、中央公民館の解体等々の具体的な施設計画は、一切、触れられていません。

本当に、施設更新計画は、長期的なビジョンの上に実施されたのか疑問が残ります!

  (*庁舎リース20年・30億円は、余りにも、もったいない施設建設では?)

2. なぜ、目標達成の考え方の変更されたのか?

・中期計画の目標の考え方を、振り返ってみました。(後期計画は継承されず)

自主財源を安定的に確保など、財政基盤を強化することが重要です。

財政運営は「みんなが納得のいく経費で、納得のいく効果」を上げること。

後期は、実現困難のため、変更削除されたのかもしれません!

3.   なぜ、旧施設機能を準備されず、施設解体を強行されるのか?  

・後期の目標達成の考え方に「真に必要な公共施設サービスを持続しつ、計画的に公共施設の再編を進めていくことが大切です。」とされています。

市民ホールは年間2万人以上が利用施設を 真に必要な施設で無かったとご判断か?  

 また、数年後、高小体育館に「ホール機能」を持たすとされているが…。必要か…?

   (幼稚園、中・高校生は、隣接市の「真のホール」を利用の方向で進んでいるのでは?)

4. 高浜広報にみる不可解    11.1号 P.7  総合計画重点事業   

市は、財政運営や税金に関する情報をタイムリーに発信するとされ、昨年度予算を掲載されました。そこで、総合計画・重点事業を広報掲載されましたが、その事業費を合計すると「8億円余り」。市全体の支出は「143億円」。わずか「5%」説明です。

これで「市民は理解し、説明責任を果たした」とされる姿勢が問題と思います。

    このように、多々、疑問を感ずる「総合計画」。

市民の皆様もご多用かと思いますが、少し、考えて頂きたいと思っています。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸