t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

情報の非公開 - 市庁舎整備事業

現代は「ICT時代」に突入して久しく、幼稚園生でもパソコンに触れる時代です。

当市も、高度情報社会に対応され、システム化や活用に取組まれているはずです。

● しかし、実態はいかがでしようか? 

---高浜市の情報発信------☆---

市庁舎の工事も随分と長期化しています。市民としては、残念ですが、ようやく、解体開始され、その永年の活躍の姿も消滅の日は近いようです。

f:id:t2521:20171113160209j:plain

しかし、市民は、どような手順で、どのような日程で解体され、整備されるのか、そのような工事日程情報も知ることはできません。 

● 市庁舎の解体工事日程すら、非公開で推進されているのが実態です。

市のHPを検索しても「H27年2月」までしか掲示されていないのです!?

    市民は、二年以上も前の庁舎施設情報しか提供されないのが実態なのです。

    [検索] :  高浜市役所本庁舎整備事業について

 ● 新庁舎の建設には、全国的にもめずらしい「リース建設 - 20年・30億円」を採用。

旧庁舎に比較すれば、床面積比は、48%程度の狭小化。このため、市役所組織を二分割し、市民は、とても不便な思いを強いられるようになったと感じています。 

 (*個人的にも、新庁舎に行ったり、別の支所に行ったり、右往左往の日もあり、そして駐車料金まで負担) 

● 更に、旧庁舎の解体工事では、様々な問題が発生していました。 

---旧庁舎解体工事の発生問題---☆--- 

1. 庁舎壁面にアスベスト (発がん物質) 含有が発見され、急きょ単独見積 - 5千万円追加!

ニ年以上前の市民説明会にて、市民から「調査するよう」指摘事項でした!

2. 市民が工事現場脇を通行中、工事資材が風にあおられ、市民が負傷! 工事は続行!?

普通は、工事中断して、処分があるものですが、「おとがめなし」と聞いてます??

3. 建設工事工程は、途方も無く長期の遅延。工事完成時期は未発表です? 

うわさ情報では、工事完成は、来年9月とか?  約1年遅れ?

 たかはま広報に掲載されたでしようか?  なぜ公表されないのか理由は理解不能です?

このように不祥事が連続発生の場合、尚一層、情報発信に配慮し、正確、丁寧な説明に心掛けられるものですが、情報非公開方向に移行は、市民無視なのかもしれません!

「大家族たかはま」精神による「開かれた市政を!」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸