t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

予算を知る - マシンスタジオ

★改めて「マシンスタジオ」を調べてみました。 [検索] : 高浜市−マシンスタジオ

 まだ、ご存知無い方、ご関心の無い方のためにも、ご案内させて頂きます。

・「利用料金が格安」なのは、有り難いとは思いますが、まさか「35百万円」も投入の大事業とは知りませんでした。

 (*会員一人当たり1万円と換算すれば、3,500人程度が加入利用でしょうか?) 

---利用促進のあり方---☆---

● どのように市民周知を図り、どのような来場促進や勧誘をされているのか? 

● 許容会員数は「何名」で、現在の会員数や利用状況はどうなのか? 

● どのような設備機能が設置されているのか?

● 会員のご評価やご意見はどうなのか?

● 健康促進効果の測定をどのようにされているのか?

   (*介護予防効果を説明できる資料があれば、公表頂きたい) 

等々の疑問が湧いてきます。

効果・効能を広く市民に知らせて、利用促進されることが「あるべき姿」では?

---立地のあり方---------------☆---

・個人的には、存在は知っていましたが、まだ、一度も利用経験はありません。

 以前からの疑問は「他の自治体では『体育館内に設置が多い』のに、なぜ、庁舎のなかに設置なのか?  前から、違和感を持っていました」

体育館なら、年中行事のなかに、より多くの市民を招いて「健康づくり講習」が出来るのに、なぜ、狭小施設のなかで、ジム運営なのか? 

利用促進のため、より多くの市民利用を狙うなら「体育館内」が適切では? 

●「施設縮充方針」に基づいて、高小・体育館に「マシンスタジオ」を編入されるのか?

 現状施設内であれば、移設されない 理由は何故か? 

血税投入・年間「35百万」といえば、市内全小学校の「放課後児童健全育成事業-利用者 延52千人」に相当する大事業とほぼ同額です。果たして「マシンスタジオ」は?

更なる効果的な利用促進をお願いします! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸