t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

市政を考える

★市の主張される「大家族たかはま」のまちづくりをずっと信じて暮らしていました。

 しかし、一昨年より、数々の施設問題が噴出!!

・「中公解体」「高浜分院に跡地提供」「解体途中に地下水対策-5千万円追加」

・「市庁舎をリース30年・狭小建設」「解体途中にアスベスト対策-5千万円追加」

・ 高小や、プール建設!  工事会社は「単独一社の提案見積」に発注! 

★早期解体の連続!   効果不明の巨額の施設計画!? 競争見積を避けた随意契約の連続!?   

何より「市民説明が不十分」で、財政効果の説明もされず「議会で決定」だけでは、「大家族たかはま」精神の欠落です。落胆と裏切られた思いが錯綜しています。

 そして「施設寿命を70年と宣言」されながら、解体施設は、40年程度の早期解体!

・もったいない血税の浪費と、市民や後世の市民を犠牲とする強引な施設建設は不可解!

常識的な施設計画は、代替施設を確保の上、旧施設を解体が「市民サービスの維持」という方法なのですが、何故か、解体優先!   市民を犠牲とする施設建設は不適切です!

 ・この住民運動を通じて、高浜の特徴を若干知ることが出来ました。

  「情報公開されず・説明責任も果たされず、施策優先に強引推進」を痛感しました。

  「説明されても、何故か納得しづらい、矛盾だらけ」不合理さを感じています。

  「与党系議員による、結論ありきの議会審議」(国内のよくある形態だそう)

どこに「大家族たかはま」精神があるのでしょうか?

 不可解な施政運営と感じた一年でした! 

   更に、心配なのは、未来展望を示されない事です!

  (*高浜の半世紀先の未来の「まちづくり」を市民に示されて、施設計画を推進頂きたいのです)  

----------------------------☆---

・今年も最終日を迎えました。この一年、会社人間には、自治には無関心、議員さんのお仕事と思い、「任せて安心」なんて考えてた、ど素人でした。

・しかし、少しかじると、一般常識では考えられないことばかりの不可解な連続…。

「ありえない」ことが、まかり通っている世界でした。

・そんなわけで、どこまでお伝えできたか全く自信はありません。書けないことも多々あります。にもかかわらず、下手な文章をお読み頂き、激励やご感想、ご意見を戴き、ありがとうございました。

知りえた一番肝心なことは「施政は市民の関心・関与が大切」と分りました。

 無関心、無気力な施政態度は、結局、市民生活の快適さに優劣をつけて返ってきます!

 後世の市民のため、今、立ち上がり、声を発することが大切と思っています!

 この小さな声を発することは止めれそうにありません。また、よろしくお願いします。

----------------------------☆---

  新たなる年を迎えます。よいお年をお迎えください     

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸