t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高小建設の財政効果は?

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、お一人、おひとりが考える時と思います。

---高小の建設費の経緯---☆---

1. 市は当初、高小の建設費は「縮充効果」により「13施設-37億円」と説明でした。

  ・単独建設すれば「49億円」を要し、高浜財政は「破たん」と説明されたのです。

2. その後、建設施設を「10施設」。当然、建設費は「▲10億円減 - 27億円」のはず。

  ・当初の施設計画から「幼稚園・いちごプラザ・図書館」(約10億円)を除外されました。

f:id:t2521:20160708091225j:plain

3. 何故か 高小建設公募の予定価格を「52億円」として募集?   根拠が不透明では?

4. 結果、一社 (グループ) だけ応募され「45億円」で「財政効果有り」と評価されました。

建設は「PFI方式-15年」を採用。つまり、維持管理費も含めた一括方式です。

 新築初年から維持管理費として毎年「1億円超」を支払うことになるのです…?

 そして15年後は、市の管理に戻り、維持管理はまた別業者に委託となるのでしょう?

5. 一方、市は「PFI方式」採用理由は「均等払いで財政負担を軽減」としていますが、実際は「H31-23億, H32-14億. H33-0.5億 ≒ 計37億円」を支払予定と発表しています。

これで「均等払い」や「縮充効果」のある「施設建設」と言えるのでしようか?? 

市民からすれば、全く不透明な、秘密のベールに覆われた「財政削減効果が疑わしい巨額の施設建設」と捉えています。

---高浜の施設更新方針---☆---

☆多くの都市が、財政低減の一環として「施設更新年限の延長」を表明されています。

 碧海四市や多くの市は「80年」(安城:90年)。なぜか、高浜は「70年」と短期です。

● しかし、この70年短期でも下記資料に「45億円」削減できるとされています。

   それほど削減効果があるのなら、なぜ「80年」に延長されないのか疑問です?

 (*論地・プール運営委託期間は、いとも簡単に「10年延期」されました。つまり、業者さんには甘く、市民の血税負担は重く。という構図とも言えかねません…。施政説明や情報公開をお願いしたいものです) 

● 以前掲載しましたが、岡崎市民会館は築30年の施設をリノベーションされ「施設寿命を50年延長」とされました。このような事例をお手本にして頂きたいのです…。

高浜の「早期解体」による財政効果を説明いただきたいものです。

f:id:t2521:20170811160234j:plain

---議会の指摘--------------☆---  *17年11月 高浜市議会だより

● 議会では、非主流派(高志クラブ)議員さんから、「市債にならない債務負担」の情報公開を求められる指摘を議会でされたようです。

・市の回答は「公開対象でない、新庁舎のリース費用を市債同様に負債と認識し、算定結果を、毎年、監査委員に報告する」と回答されました。

負債情報は、納税者である「市民」にも報告されるべきです。併せて、当然、高浜小の建設負債や、PFI 経費も明示されるべきと思います。

   開かれた市政運営のご実行を切にお願い致します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸