t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 施政の矛盾 

☆このブログで主張したいのは施政の「矛盾回避」と「公平性の確立」です。市民に平等な施政の推進をお願いしたいのです。

---施政の矛盾----------☆---           (*くどいとお叱りもあるかと思いますが再確認!)

1. 例えば「防犯カメラ」設置に「約50万円」を要します。確か今年度は4基 - 200万円。

  仮に、これを基準にすれば、100基設置で「約5千万円」の予算確保が必要です。

  なかなか、財政困窮の折、予算確保は難しい。とのご説明だったと思います。 

 ● しかし商工会に移転補償を「計5千万円」。5年先の新館建築補助「5千万円」を議決!

市民への防犯投資は「200万円」。商工会には5年先の補助予算まで確保議決。

★市は、何を、誰を大切にしているのか一目瞭然ですが、不公平と矛盾を感じています!

2.高小の支払い計画の説明も矛盾していますね。

●議会説明では「PFI のメリットは、支払い平準化出来る!」

●市の支払い計画(契約案)は、H31とH33の二回で合わせて「約38億円」と8割超を予定。

  -市の「均等払い出来る」のメリットは「2割分」を指しているようです。矛盾です!

●更に、市民に「財政効果」や「建設仕様」の説明無しも「矛盾」の施政です。

⇒「高小施設」と言及し説明も「高小学区」に実施ですが、中央公民館の代替施設であり高浜全市民の共有施設なのです。この説明を省き建設強行は「市民無視」の矛盾です!

 - このような進め方が「新庁舎の失敗建設」に繋がったのです。対策改善が必要です!

3.新庁舎の建設も矛盾です!              (*リース20年契約の建設は 15億円が「30億円」に! )

●市は「施設」を作り過ぎた! 財政破たんする。施設は増やさない!  施設寿命は「70年」の長寿命化を図る。と説明し、中公<36年>、旧庁舎<40年>を早期解体は矛盾です!

市は「施設建設方針」は「縮充!」- <規模は縮小、機能は充実の意味>

 - 市役所組織は、いきいき広場に「二分割」は矛盾です!  不便な役所になりましたね。

⇒ 市民は「70年間」も、不便な市役所と おつきあいを強いられることに。失敗です!

4. 高小の施設計画の狭小化

市の施設計画は「規模縮小」を優先し「機能充実」は後回しになっているのでは…? 

● 高小グランドの面積は、三分の一を削減!   100m走は対角線状にギリギリ確保。

工事開始によりグランドは更に狭く、長期の建設現場では、児童が犠牲です。

● 詳細設計図は未公開で確認出来ませんが、体育館の床スペースも狭いとの情報も…。

更衣室のロッカー巾は「17cm」とか?   腕を入れるのがギリギリで何を収納なのか?

● 機能充実と訴求され「体育館にはスポーツジム無し」。計画漏れと矛盾です!

今後「70年施設」の計画を市民無視の独断で「ズサン」な推進は問題です!!

---矛盾の施政に思う---☆---

☆自治政治の目的、使命は「住民の最大幸福の増強実現」にあるのでは!?

『 市民の声を聴き、市民との対話による施政運営』

 という原点に戻ることが肝要と思います。

☆ もう市民無視で施設建設の失敗は許されません!!

 何をすれば良いのか?  

  『 情報公開です!   開かれた市政への変革です! 』

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸