t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 不安な施設計画 Ⅱ 

☆前回は、過去に建設の失敗例を記しました。市は、恐らく、過去の施設計画を推進時は「未来はバラ色」のストーリーを披露し市民を説得されたと思います。あるいは、説明を省き断行されたのかもしれません。

・しかし、結果は「失敗」の色が濃いのでは? 少なくとも「成功」とは言えないのではないでしょうか?  巨額の血税の「もったいない」浪費のように思います。  

● 市は、この感覚で、現状認識されず、または、現状無視して、次の施設建設を推進強行は「いかがなものか?」 途惑いと不安を覚えます。

今回は、市民から見た、施設計画の不安要素につき検討してみます。

---施設の契約終了後の対応---☆---

☆施設建設で不安要素のひとつは「契約終了後」の対応です。市の説明はありません。

 (*例えば「市庁舎-リース20年」終了後、「どうなるのか?」ということです)

   (*建設・数十年後「修理」が多発します。その時、巨額投資では財政負担増加です)

---市庁舎-----------------☆---   [*契約期間 : リース・20年 (~2037年)]

●現在、建設工事が遅延 (約1年超?)。最終竣工時期は今年6月の予定。

  - 理由は「アスベスト調査遅れ」(説明会にて市民指摘事項)と除去工事の難航かと?

 ⇒ 当初の契約期間より遅延責任は、市か、業者さんか? 遅延補償は有るのか? 

● リース20年終了後、庁舎施設は「無償」か?「買取り」か?

 ⇒「買取り」であれば「リース建設」はメリット無し!

  - この措置契約は締結済みでしょうか? 

 ⇒ リース終了後の措置は「後世の市民に託す」では「無責任」です。

 ---高浜小学校------------☆---   [*事業期間: PFI・15年 (~2034年)]

PFI 契約終了後の維持管理の担当社は?

  ⇒ PFI社であれば、管理業務の独占となるのでは? 競争入札による選定が適切では?  

● 施設の保証責任の期限は「15年以上」でしょうか?

  ⇒ 施設保証期間は何年まで? 保証項目や保証期限は契約済なのでしょうか?  

---民間プール------------☆---  [*委託期間・30年 (~2049年)]

高浜は業務を外部委託を多用されているのが特徴です。委託の弊害も顕在化!

● 他の公共施設と比較し「30年」もの長期間の契約の理由と根拠は? 

 ⇒ 特定の委託先との長期契約は不適切な忖度では? あるいは「独占」を許容か?   

● 契約終了後の運営委託の選定方法は?

 ⇒ 一社独占の安易な継続は、教育・サービスの「質」の低下やマンネリを招きます!

● 他校(吉浜・翼)のプール計画はあるのでしょうか?

 ⇒ 長期ビジョン計画を公開頂きたいものです!    

---高浜分院--------------☆---  [*移転・不明年?(~20〇〇年)] 

● 現分院を利用中止時は、市に返還? 施設の維持管理は「市担当」に変更とか?!

 ⇒ 施設は分院に「譲渡」。不要になれば「返還」。「維持管理負担」は不当では?

● 現分院の施設の処置方法は決まっているのでしょうか?

 ⇒ また、例によって「早期解体」なのでしようか?  まさか解体時は「市負担?」

  - 病院施設は存続か、解体か? 解体なら跡地の利用方法を含め、説明頂きたい!

●「新分院」では高浜市民の優遇策はあるのでしようか?

 ⇒「20億円」+「中公解体(10億相当)の代償策は、高浜市民の権利と思います。

  (*以上含めて、高浜分院に、累計「50億円超」を進呈となります) 

☆まだまだ様々な問題や疑問が湧いてきます。市の誠意ある説明か公示を切望します!

---施設寿命(70年) ------☆---

☆施設寿命を「70年」と宣言され、今回の施設建設も当然「70年」先を見据えた未来構想を踏まえた上でのご計画かと思います。

・その未来構想を市民に公開し「安心」させて頂く事も施政運営の一環かと思います。

⇒ 故に「契約終了後の措置対応」につき、市民に明確なご説明を求めます。

☆それにしても、施設の更新寿命「70年」は疑問です。理由の説明はありません! 

何故、近隣市は「80年(安城-90年)が出来て、高浜は短いのか? 不可解な怠慢かと?

 これらの不安を取り除く方法は「情報公開」です!

 市の情報非公開が、市民の不安を掻き立て、疑心暗鬼にさせているのです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸