t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校の大改修の疑問? 浪費!

☆現在、市は「公共施設計画の見直し案」につき市民に意見提案を募集されています。

 ⇒ この「意見募集」を「市民承認の判定尺度」とされ、計画が強行されます。  

・市民に「財政効果」を説明されず、資料案内だけで意見を問い、疑義無ければ「市民は承認」とご判断の図式は、余りにも粗暴な進め方と不信感を抱くのは当然では?

  これが「大家族」のあり方とは残念です…! 

---学校群の施設計画の概要---☆---

施設建設計画は「財政効果」を提唱され「公共施設の更新計画」を立案されたのですが、果たして「財政効果」や「費用対効果」が有る計画なのか疑問を感じています? 

● 例えば、学校の施設整備計画を再確認のため、下記の表に一覧にしてみました。

 学校

 現校舎

 建設時期

  (西暦)

改修時期

 (西暦)

改修費 

 (億円)

建替時期

 (西暦)

建替費   

 (億円)

 大改修~

 建替時期

  (年間)

高浜小学校 S35 ('60) ?   H29 ('17)     48    (66?)
  高取 S40 (65) H32 ('20)   11 H46 (34)     21    12
  港 S51 (76) H38 (26)    9 H55 (43)     17    15
  吉浜 S44 (69) H34 (22)     11 H51 (39)     21    15
  翼 H14 (02) H48 (36)     18  -  -  -
高浜中学校 S45 (70) H36 (24)     16 H53 ('41)     34    15
  南 S53 (78) H40 (28)     13 H59 (47)     25    17
 合 計       60億     166  平均 15年

1.「大規模改修」の後「建替え」予定ですが、この期間が「平均15年」は短期では?  

・「大規模改修に約60億円」を投入し「約15年後に解体」!?  次に「建替え-166億円!」 

  (*「大規模改修」の中味(改修仕様)や、「財政効果」の説明は無し?)

⇒ 大規模改修は毎年「4億円」を捨てる浪費の計画です!

   (*これが「財政効果」を踏まえた計画なのか? 「血税」を捨てるようなものでは?)

   (*市民感覚では、代替案として「各学校に、毎年5千万円提供」が喜ばれるのでは?)

2.更に改修の原資は「市債発行(借金)で、約60億円(含む高小)」となります…。

 ●市の方針は「施設は後世の市民も使うから、借金も後世の市民が払う」です!?

  後世に「ツケ」を廻す誤謬の施政です!   

● 後世の市民の「承認」をいつ確認されたのでしょうか?  無責任過ぎて 不安です! 

---施設計画の疑問-------☆--- (*施政は間違いないのか? 無謬性なのか?) 

1.市庁舎は、着工数か月前に説明し「不便な狭小・二分割庁舎」を「33億円!」強行!

2.高小は「財政効果」も説明無く「縮充」と言われ「集合施設」を強行建設「50億円!」

3.市初「縮充・PFI方式建設」を、最初に「最大規模施設」に取組みの手順も疑問です?

4.「財政削減計画」と主張され、各学校を「大規模改修 - 計60億円!」-「15年で解体!」

   - 市民に「借金のツケ」を回す「市債(借金)60億円追加」は疑問です!

5. 高浜の財政内容は良好と「建設準備金」も少なく「借金建設」は適切と思えません!

6.「財政削減策は施設を長寿命化-70年?」。他市は殆ど「80年」。安城は「90年!」

7.「施設管理計画」に記載の「K美術館を民間譲渡(H33)」は市民の意向でしょうか?

 この建設例は、到底「適切な施策」 とは思えません。

誤謬の施設建設の強行は市民と将来世代が犠牲です! 

「借金返済の責務を『将来世代』にお任せは不適切!!」

施政のあり方として「大家族」を忘れられた進め方は残念です… 

  「大家族精神」を発露され「市民の声」に耳を傾けられ

   市民本位の市政運営を切望します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸