t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 市庁舎建設の不可解?

☆徐々に事実関係が判明しつつあります。市庁舎も不可解な真実が分かってきました。

新庁舎は「狭小!」。いきいき広場に組織分割は、非効率的な施設建設となりました。

⇒「リース-20年・33億円」の狭小庁舎の建設は、市民に不便となり誤謬の建設では?

---市庁舎の計画の推移---☆---

1.市民は、当然「旧庁舎を耐震補強・改造で、組織一体化」と思ってました。

   [面積-7,700㎡] + [改修費-16.7億円] + [築40年 (*建物寿命残-30年)] 

2.市の当初計画では「 [5,000㎡]規模の庁舎を検討」されてたようです。

   [面積-5,000㎡] + [建設費-19.9億円] + [建替え (*建物寿命-70年)

3.実際の新庁舎は「業者提案により床面積を半減の「狭小化」に方針変更」です。

   [面積-3,700㎡] + [建設費-14.7億円] + [リース-20年 (*21年目-解体?)

⇒ 市は、今後の施設は「縮充」と言われ「複合・一体化」とはまったく正反対の「分割施設」の建設を採用され、結果、「狭小庁舎」となり不便さや効率悪化が増しました! 

(*注: 施設費用-設計費+引越し費用+解体費+維持管理費<約15億円>が別途発生します)

---庁舎・リース建設の不可解---☆---

・なぜ「庁舎分割」という「根本方針を変更」の判断を下されたのかは不明です。

なぜ「業者提案」の「3,700㎡」を採用されたのか?  一体、何があったのでしょう?

一般的に「床面積」は絶対条件では? 市役所の全組織を一体化は「6,000㎡超」必要?

 - 本当に「庁舎縮充」を目指されるなら、いきいき広場含め「1万㎡」相当が必要! 

  (*市民案は「社会福祉協議会や商工会等」も含め一体化すれば、効率向上+財政削減!)

● 市庁舎は「本庁舎+会議棟+いきいき広場+書庫 (保健センタ)」の「四分割」は非効率過ぎ!

・更に判明事項は、いきいき広場(300㎡)の改修も「庁舎建設会社」がご担当で リース?!

⇒「リース建設」は、どのような「優位性」があったのでしょう? 不可解です…。

当然ながら「リース-20年」が契約期間。21年目は「建替え!」また「数十億円」投入?

⇒「財政削減」のため「施設寿命は70年」を提唱しながら「庁舎20年」は浪費の矛盾!?

 「縮充」を提唱が「庁舎-四分割」は矛盾!  言行不一致の施政は浪費建設の連続です! 

---新庁舎の使い勝手・評判---☆---  (*狭小・二分割庁舎の建設効果は、皆様、いかがでしようか?)

「庁舎リース建設」とは「財政的に余裕がない」と表明しているようなもの?

  - 「建設資金を積立準備してから着工が適切では?」

第一印象は「仮設事務所?!」「入口の狭さ、天井の低さ」が安っぽい!

  - しかし「血税-33億円投入」の市中心の巨額施設です。「もったいない!」

●「庁舎を二分割」は「市民に移動負担を強いるような施設は不便過ぎ。ダメです!!」

 - 庁舎新築して「利便性も効率も悪化」という改悪です。「ありえません!」  

●「たかが500m。されど500m」

 -「二分割は移動が大変。面倒。非効率! 市民だけでなく役所全体が効率低下では?」

  (*度々「職員さんらしき方が数人、行ったり来たり。歩くのもお仕事のようです」)

 - 「いきいき広場」も窮屈なお役所に。市民も、職員さんも犠牲のようです。

●「新庁舎」は狭すぎ。入口の受付は「カウンター」も狭く、申請書も書きづらい!

● 未だに「会議棟 (380㎡) 」は未完成。「30年 6月予定」と大幅な工事遅延。

 - 「庁舎+会議棟」は「縮充 (複合)」ではありません。基本方針も「ぶれまくり」  

狭小庁舎-「不便、非効率、改悪」の施設に、市民は納税義務だけで20年辛抱です…

リース終了- 21年目の解体・再建設の財政負担を「後世の市民」に託す無責任さは「いかがなものでしよう」。無謬性の施政をめざして頂きたいものです…。

---今後の施設計画------☆--- (*公共施設総合管理計画より)

新庁舎の施設契約は「20年」-「H49年-解体」が契約条件のようです。[解体-約2億円]

「リース建設による財政効果は『大赤字』です!」

・ 21年目には新庁舎を再建設 [推定-25億円] を負担追加の可能性も有り、残念ながら「財政効果」が、まったく無い、誤謬の施設建設の責任は「市民の負担」です。

  - 再び失敗を繰り返さないよう「庁舎建設基金」を今から準備が課題です。

☆「財政削減」を主張されながら「庁舎リース建設」は、財政負担が最大化の選択!

 ⇒「簡単な計算を間違われた理由は、何があったのでしょうか? 不可解な選択です! 」  

 ★ 新庁舎建設は誤謬の産物であることは明白です!

 ・問題は、建設責任の所在は「市民」となることです。

 行政も議会も責任を取る必要はありません!

   これに甘えた誤謬の施政は市民と将来世代が犠牲です!

市民に出来ることは「市政の監視」です!

市政にご関心を持たれ、市民の「意見発信」が必要な時代になったようです!』

   (*余りにも誤謬の施政に腹立たしく、不適切な表現があればご容赦賜りたく…)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸