t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 -「豊田会」との協定 Ⅲ

高浜分院の移転建設につき、再考したいと思います。

---民間病院の建設理由---☆---

病院施設が「築33年を経過し老朽化」した。

  (*公共施設なら「70年」の長期寿命化が基準です!)

・建設工事の都合上、現在地に建替えでなく移転したい。

    (*建設技術の進歩により「医療継続」と「建設工事」は同時進行出来る時代です!)

・移転先は、公共施設「中央公民館」を解体し跡地に建てたい。

 (*高浜市民であれば「絶対浮かばない」発想です。市民の意志を無視!)

・建設補助は「20億円」。医療補助は「3億円」を提供する。

・土地は、5年間は無償。税金も減税、免除を考慮する。

このような理不尽な要求を求められ、行政が応じた事は今でも信じられません?!

・高浜分院の医療形態は「療養」と「健康診断」。「救急医療」はありません。

・市の「ど真ん中」に移設の効果も疑問です。 

 (*現在地より「数百メートル」北東に移転の効果は疑問です)

多くの病院が「郊外」に移転傾向にあるのではないでしようか?

 (*「高浜だけ『市民ホール』も無い街」に落ちた犠牲が大きいと思います)

---移転後の医療----------☆---

・「外来」は「内科・外科・整形外科・眼科」は従来通り。午前診療のみ。

・「透析」は「病院経営の収益改善策」として採用とうわさで聞きました?

・「入院」は「回復期病床」で「救急(急性期)入院」は出来ないのです。(病床-142床)

・「災害時」は「医療救護所」の後方支援とされ「災害医療協定」は無いようです。

「民間病院」の移転はコンパクトシティ「高浜」にとって多大な犠牲を払うこととなりますが、この代償の還元効果は、なにが期待できるのでしようか? 

---施政のあり方-----------☆---

民間病院への補助「23億円」が有効活用されるよう、経営参画と市民への情報公開をお願いしたいと思います!

☆「高齢化」が進行する地域社会にとって、誰もが「病院」のお世話になるという前提条件の前に、「予防医学」や「在宅療養」のあり方につき、先進的施策の推進や、未来展望を踏まえた「高齢者のための福祉施策展開」が「無謬性」の福祉政策と思います。

介護保険料が「県下第二位」の高額徴収に見合った「高齢市民「1万人」のための健康医療福祉」のあり方を示して戴きたいと思います。

・これが無謬性の施政のあり方と提言します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸